現在地

山田 小須弥(ヤマダ コスミ; Yamada, Kosumi)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
性別
男性
eメール
 
研究室
生農B218
電話
029-853-4623, 029-853-6933
Fax
029-853-4623
研究分野
環境農学(含ランドスケープ科学)
植物分子・生理科学
研究キーワード
二次代謝物
植物ホルモン
生理活性物質
アレロパシー
光屈性
重力屈性
ファイトアレキシン
環境応答
研究課題
作物根圏土壌への拮抗菌の定着性向上技術の開発2016-04 -- 2017-03山田小須弥筑波大学/つくば産学連携強化プロジェクト
高等植物における生理活性物質の作用機構に関する研究1997 -- (現在)/共同研究
高等植物におけるファイトアレキシン産生のもう一つの意義2012 -- 2014日本学術振興会/挑戦的萌芽研究1,560,000円
植物におけるミロシナーゼ-グルコシノレート・システムの新たな機能解析2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
植物の運動・光屈性を制御する鍵化学物質の活性発現機構の解明2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)1,820,000円
果実・種子の増産を誘導する天然由来の機能性物質の探索と農園業への応用2006 -- 2007日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
植物由来の新規生理活性物質・レピジモイドが根圏微生物フロラに及ぼす影響2004 -- 2005日本学術振興会/若手研究(B)3,700,000円
植物の光屈性分子の構造と機能発現の分子機構2001 -- 2002日本学術振興会/基盤研究(B)15,000,000円
新規・生理活性物質レピジモイドの作用機構に関する研究1998 -- 1999日本学術振興会/奨励研究(A)2,000,000円
職歴
1997 -- 2004筑波大学 応用生物化学系 助手
2004 -- 2007筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助手
2007 -- 2011筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助教
2008 -- 2009スイス連邦・ローザンヌ大学 DMF 招聘教授(Invited Professor)
2011 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
学歴
-- 1991-03鹿児島大学 理学部 生物学科卒業
1991-04 -- 1993-03神戸大学 大学院理学研究科 生物学専攻修了
-- 1996-09神戸大学 大学院自然科学研究科(学習院大学、甲南大学以外の大学) 資源生物科学専攻修了
取得学位
博士(理学)神戸大学
理学修士神戸大学
免許資格等
1991-03高等学校教諭一種免許状理科
所属学協会
-- (現在)植物化学調節学会
-- (現在)日本植物生理学会
-- (現在)日本植物学会
2014-04 -- (現在)植物生理化学会
論文
  • An allelopathic substance exudated from mesquite (Prosopis juliflora DC.) leaves
    Nakano Hiroshi; Fujii Yoshiharu; Suzuki Toshisada; Yamada...
    Proceedings of the Plant Growth Regulation Society of America, 27th Annual Meeting/pp.108-111, 2000-01
  • Efficient production of saikosaponins in Bupleurum falcatum root fragments combined with signal transducers
    Aoyagi H; Kobayashi Y; Yamada K; Yokoyama M; Kusakari K; ...
    Applied microbiology and biotechnology/57(4)/pp.482-488, 2001-11
  • 植物生育初期に分泌される促進的アレロケミカルズ
    山田 小須弥
    ファインケミカル/44(3)/pp.49-56, 2015-03
  • 植物二次代謝産物の多面的な生物活性 ベンゾキサジノイド化合物を介した生物機能
    山田 小須弥
    化学と生物/53(10)/pp.648-650, 2015-09
  • Rhizoxin analogs contribute to the biocontrol activity of a newly isolated Pseudomonas strain
    Kasumi Takeuchi; Yuichi Katayose; Hisataka Numa; Yamada K...
    Molecular Plant-Microbe Interactions/28(3)/pp.333-342, 2015-05
  • Sesinoside, a new iridoid glucoside from sesame (Sesamum indicum) seedlings
    Takase Ryo; Hasegawa Tsuyoshi; Yamada Kosumi; Hasegawa Ko...
    Nat. Prod. Commun./9(11)/pp.1539-1540, 2014-11
  • ベンゾキサジノイドによるトウモロコシの重力屈性メカニズムの解明
    須藤 恵美; 牧野 譲; 山田 小須弥; 長谷川 剛; 長谷川 宏司; ...
    植物化学調節学会研究発表記録集/50/p.41, 2015-10
  • 植物の生物現象に関わる生理活性物質の構造研究
    繁森英幸; 長谷川剛; 久松洋輔; 小林美由起; 山田 小須弥; 長...
    筑波大学分析センター報告/pp.46-55, 2002-03
  • 青色光照射によって誘導されるcell-wall stiffnessと光屈性との関連性(口頭発表,植物化学調節学会第46回大会)
    山田 小須弥; ジャビン リファット; 長谷川 剛; 長谷川 宏司;...
    植物化学調節学会研究発表記録集/(46)/p.53, 2011-10
  • Isolation and characterization of raphanusanin-induced genes from radish hypocotyls
    Hninsi Moe; Hasegawa Tsuyoshi; Yamada Kosumi; Shigemori H...
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY/48(Suppl. S), 2007-01
  • Mechanism of growth inhibition in response to phototropic stimulation in maize coleoptiles
    Jabeen R; Yamada K; Hasegawa T; Minami E; Shigemori H; Ha...
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY/47(Suppl. S), 2006-01
  • Isolation and identification of a new potent, blue light-induced growth inhibitor from sunflower hypocotyls
    Riffat J; Wai TTW; Hasegawa T; Hisamatsu Y; Yamada K; Sue...
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY/47(Suppl. S), 2006-01
  • Raphanusanin-mediated resistance to pathogens is light dependent in radish and Arabidopsis thaliana
    Moehninsi  ; Miura Kenji; Yamada Kosumi; Shigemori Hideyuki
    PLANTA/240(3)/pp.513-524, 2014-09
  • Artabolide, a novel polar auxin transport inhibitor isolated from Artemisia absinthium
    Arai Tsukasa; Toda Yuta; Kato Kiyotaka; Miyamoto Kensuke;...
    TETRAHEDRON/69(34)/pp.7001-7005, 2013-08
  • ppGpp Controlled by the Gac/Rsm Regulatory Pathway Sustains Biocontrol Activity in Pseudomonas fluorescens CHA0
    Takeuchi Kasumi; Yamada Kosumi; Haas Dieter
    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS/25(11)/pp.1440-1449, 2012-11
  • Identification and Characterization of 2 '-Deoxyuridine from the Supernatant of Conidial Suspensions of Rice Blast Fungus as an Infection-Promoting Factor in Rice Plants
    Ando Sugihiro; Sato Yuko; Shigemori Hideyuki; Shimizu Tak...
    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS/24(5)/pp.519-532, 2011-05
  • STRUCTURE-ACTIVITY RELATIONSHIPS ON SENESCENCE-PROMOTING EFFECT OF ARABIDOPSIDES FROM ARABIDOPSIS THALIANA
    Nakajyo Haruyuki; Hisamatsu Yosuke; Goto Nobuharu; Yamada...
    HETEROCYCLES/83(1)/pp.57-62, 2011-01
  • ダイコン下胚軸の光屈性におけるイソチオシアネートの役割
    成澤 多恵子; 山田 小須弥; ニンスィー モー; 中城 治之; 長...
    植物化学調節学会研究発表記録集/(45)/pp.106-106, 2010-10
  • 重金属ストレスによって誘導されるArabidopside関連化合物の機能(口頭発表)
    中城 治之; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 後藤 伸治; 三浦 謙治...
    植物化学調節学会研究発表記録集/(45)/pp.107-107, 2010-10
  • Comparative transcriptional profiling-based identification of raphanusanin-inducible genes
    Moehninsi; Miura Kenji; Nakajyo Haruyuki; Yamada Kosumi; ...
    BMC PLANT BIOLOGY/10/pp.111-127, 2010-06
  • Physiological effects of lepidimoic acid (a stimulatory allelochemical) on cucumber cotyledons
    Yamada K.; Hondo M.; Shigemori H.; Hirose K.; Hasegawa K.
    ALLELOPATHY JOURNAL/25(2)/pp.497-502, 2010-04
  • イネいもち病菌の自己感染補助因子 : 感染過程解析のツール(生物機能からの抵抗性誘導剤の将来展望)
    安藤 杉尋; 田部 茂; 繁森 英幸; 山田 小須弥; 清水 崇史; 岡...
    Journal of Pesticide Science/34(4)/pp.335-338, 2009-11
  • C6揮発性成分によって誘導されるArabidopside関連化合物の構造と機能
    中城 治之; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 後藤 伸治; 繁森 英幸
    植物化学調節学会研究発表記録集/(44)/pp.102-102, 2009-10
  • Raphanusanin-induced genes and the characterization of RsCSN3, a raphanusanin-induced gene in etiolated radish hypocotyls
    Moehninsi; Yamada Kosumi; Hasegawa Tsuyoshi; Shigemori Hi...
    PHYTOCHEMISTRY/69(16)/pp.2781-2792, 2008-11
  • イネいもち病菌胞子懸濁液上清中の感染促進因子の特性評価とその精製
    安藤 杉尋; 田部 茂; 繁森 英幸; 山田 小須弥; 秋本 千春; 西...
    日本植物病理學會報/74(3)/pp.204-204, 2008-08
著書
  • 植物生育初期に分泌される促進的アレロケミカルズ
    山田 小須弥
    最新農薬原体・キー中間体の創薬2017, シーエムシー出版, pp.578-585, 2017-05
  • 第14章 植物生育初期に分泌される促進的アレロケミカルズ
    Yamada Kosumi
    最新農薬原体・キー中間体の創薬2017, シーエムシー出版, pp.578-585, 2017-05
  • 第3節 植物との戦い
    山田小須弥
    植物の知恵とわたしたち, 大学教育出版, pp.123-139, 2017-02
  • 小さくとも豊かな国、スイスでの異文化コミュニケーション
    山田 小須弥
    異文化コミュニケーションに学ぶグローバルマインド, 大学教育出版, pp.70-81, 2014-05
  • 屈性(光屈性)
    山田 小須弥
    動く植物-その謎解き-, 大学教育出版, pp.40-71, 2002-09
  • アレロパシー物質
    山田 小須弥
    植物の知恵―化学と生物学からのアプローチ―, 大学教育出版, pp.1-8, 2005-02
  • 促進的アレロパシー物質レピジモイドの構造、機能および農業への応用
    山田 小須弥
    農業生態系の保全に向けた生物機能の活用, 農業環境研究叢書, pp.69-87, 2005-10
  • 促進的アレロパシー物質レピジモイドの構造、機能および農業への応用
    山田 小須弥
    環境保全型農業と生物機能の利用(農環研シリーズ), 養賢堂, pp.69-87, 2006-01
  • 分泌と運動(植物の運動‒光屈性の分子機構)
    山田 小須弥
    プラントミメティックス –植物に学ぶ-(Advanced Biomimetics Series 1、Plantmimetics), NTS INC., pp.487-492, 2006-08
  • 植物の分化・成長現象を制御する天然生理活性物質(アレロパシー)
    山田 小須弥
    天然物化学―植物編―, アイピーシー, pp.74-88, 2007-02
  • Chemical and biological analysis of novel allelopathic substances, lepidimoide and lepidimoic acid.
    山田 小須弥
    Allelopathy - New concepts and Methodology, Science Publishers, pp.123-135, 2007-01
  • 博士教えてください「植物の不思議」
    山田 小須弥
    博士教えてください「植物の不思議」, 大学教育出版, pp.75-213, 2009-01
会議発表等
  • Multiple physiological activities for secondary metabolites during plant development
    Yamada Kosumi
    TSUKUBA GLOBAL SCIENCE WEEK 2017 (8-7 Joint Symposium for Research Collaboration between University of Hyderabad and University of Tsukuba)/2017-09-27--2017-09-27
  • β複素環アラニン化合物によるエンドウ芽生えの重力屈性メカニズムの解明
    繁森 英幸; 大宮 由芽; 小出 麻友美; 長谷川 剛; 山田 小須弥...
    日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会/2018-03-15--2018-03-18
  • ゴマ芽生えの光・重力屈性に関わる生理活性物質の探索と機構解明
    森 梓紗; 萩原 美里; 高瀬 涼; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 繁...
    第28回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2017-12-01--2017-12-01
  • エンドウ由来のβ複素環アラニン化合物による重力屈性メカニズムの解明
    大宮 由芽; 長谷川 剛; 山田 小須弥; 宮本 健助; 上田 純一; ...
    第28回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2017-12-01--2017-12-01
  • Allelopathic weed suppression through the use of Rottboellia cochinchinensis(Lour.) W.D. Clayton
    Bundit Apirat; Yamada Kosumi; Pornprom Tosapon
    The 26th Asian-Pacific Weed Science Society Conference/2017-09-19--2017-09-22
  • Elucidation of a novel mechanism of phototropism in pea epicotyls regulated by photo-induced growth inhibitors
    Megumi Tsuzuki; Shigemori Hideyuki; Yamada Kosumi
    Taiwan-Japan Plant Biology 2017/2017-11-03--2017-11-08
  • エンドウ上胚軸の光屈性初期応答における光屈性制御物質の関与
    都築 萌; 長谷川 宏司; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    植物化学調節学会第52回大会/2017-10-27--2017-10-29
  • グラウンドカバープランツからの生物活性物質の探索
    富田 雅紀; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    日本農芸化学会関東支部2017年度大会/2017-09-02--2017-09-02
  • 光屈性制御物質によって制御されるエンドウ上胚軸の光屈性メカニズムの解明
    都築 萌; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    日本農芸化学会関東支部2017年度大会/2017-09-02--2017-09-02
  • エンドウ由来のβ複素環アラニン化合物による重力屈性メカニズムの解明
    大宮 由芽; 長谷川 剛; 山田 小須弥; 宮本 健助; 上田 純一; ...
    日本農芸化学会関東支部2017年度大会/2017-09-02--2017-09-02
  • ゴマ芽生えの光・重力屈性に関わる生理活性物質の探索と機構解明
    山田 小須弥; 森 梓紗; 萩原 美里; 高瀬 涼; 長谷川 宏司; 繁...
    日本農芸化学会関東支部2017年度大会/2017-09-02--2017-09-02
  • トウモロコシ芽生えの重力屈性・光屈性メカニズムの解明
    西久保 はるか; 須藤 恵美; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 繁森 ...
    日本農芸化学会関東支部2017年度大会/2017-09-02--2017-09-02
  • 被覆植物からの生物活性物質の探索
    富田雅紀; 山田 小須弥; 繁森英幸
    新規素材探索研究会第16回セミナー/2017-06-09--2017-06-09
  • 青色光照射によって誘導されるcell-wall stiffnessと光屈性との関連性
    山田 小須弥; ジャビン リファット; 長谷川 剛; 長谷川 宏司;...
    植物化学調節学会第46回大会/2011-11-01--2011-11-02
  • 高等植物の光屈性反応における光照射側組織での成長抑制メカニズム
    都築 萌; Nudtanicha Chaithongsri; 繁森 英幸; 山田小須弥
    第61回リグニン討論会/2016-10-27--2016-10-28
  • Identification of Signal Molecules in the Biocontrol Microorganism Pseudomonas protegens CHA0
    Pirapan Panthanuvong; Hideyuki Shigemori; Yamada Kosumi
    The 7th AG-BIO/PERDO Graduate Conference on Agricultural Biotechnology and KU-UT Joint Seminar IV/2016-12-08--2016-12-09
  • Effect of benzoxazinoids on auxin-induced elongation in maize shoot
    Nudtanicha Chaithongsri; Hideyuki Shigemori; Koji Hasegaw...
    第58回日本植物生理学会年会/2017-03-16--2017-03-18
  • Pseudomonas sp. Os17の植物保護能力にはリゾキシン類縁体が寄与する
    竹内香純; 野田なほみ; 片寄裕一; 向井喜之; 沼寿隆; 山田 小...
    日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会)/2015-03-28--2015-03-31
  • トウモロコシ(Zea mays L.)芽生えの重力屈性制御機構の解明
    須藤 恵美; 牧野 譲; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 繁森 英幸
    第4回植物生理化学会シンポジウム/2014-11-02--2014-11-02
  • ベンゾキサジノイド誘導性cell-wall stiffnessとトウモロコシ芽生えの屈性反応との関係
    山田 小須弥; 須藤 恵美; 長谷川 剛; 長谷川 宏司; 繁森 英幸
    植物化学調節学会第49回大会/2014-10-17--2014-10-19
  • 光屈性刺激によって誘導される光側組織での成長抑制機構
    山田 小須弥; Jabeen Riffat; 長谷川 剛; 南 栄一; 繁森 英幸...
    植物化学調節学会第41回大会/2006-10-30--2006-10-31
  • Studies on the signal molecules in the biocontrol strain Pseudomonas fluorescens CHA0
    Pirapan Panthanuvong; Kasumi Takeuchi; Dieter Haas; Hidey...
    国際農学(ESD)シンポジウム Ag-ESD Symposium 2012/2012-10-29--2012-11-02
担当授業科目
2018-04 -- 2018-06バイオシステム学概論筑波大学
2018-04 -- 2018-06専門語学(英語)II筑波大学
2018-04 -- 2018-08応用生命化学コース専門実験筑波大学
2018-10 -- 2018-12植物機能化学筑波大学
2018-10 -- 2018-12化学実験筑波大学
2018-10 -- 2018-12Fundamental Chemistry Laboratory筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物機能生理化学演習A筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物機能生理化学演習B筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物機能生理化学セミナーA筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物機能生理化学セミナーB筑波大学
授業以外の教育活動
2017-04 -- (現在)アドバイザリー・コミティー(博士前期)筑波大学
2010-10 -- (現在)遺伝子実験センター(筑波大学)  全国共同研究拠点化に伴う業務筑波大学
2017-04 -- 2018-02博士論文副査(生命産業科学専攻および生物圏資源科学専攻)筑波大学
2017-04 -- 2018-02修士論文副査(生物資源科学専攻)筑波大学
一般講演
  • Inactivation of the GacA response regulator causes global changes in the metabolism of Pseudomonas fluorescens.
    Kasumi Takeuchi; Kosumi Yamada; Dieter Haas
    The 4th Congress of European Microbiologists (FEMS 2011)/2011-06-26
  • Plant growth promotive allelochemicals
    Kosumi Yamada
    MARCO Symposium 2009 (Challenges for Agro-Environmental Research in Monsoon Asia)/2009-10-07
  • Physiological activity of allelochemicals from germinating plant seeds: recent progress and future prospects.
    Kosumi Yamada; Katsutoshi Hirose; Hideyuki Shigemori; Koj...
    5th World Congress on Allelopathy/2008-09-21
学内管理運営業績
2017-04 -- 2018-03(ライフイノベーション学位プログラム)凍結割断システムの技術審査に係る補助者技術審査委員
2012-04 -- (現在)化学実験(生物資源学類) 世話人
2015-04 -- (現在)グローバルフードセキュリティーコースアメリカ・ユタ州立大学DDP対応
2015-04 -- (現在)生命産業科学専攻 施設・設備関連事項委員会組換えDNA小委員会・委員
2017-04 -- 2018-03生命産業科学専攻(兼バイオシステム学コース) 入試関連事項委員会委員長
2016-04 -- 2018-03生物資源学類・応用生命化学コース・生物環境化学サブコース世話人

(最終更新日: 2019-03-26)