現在地

大徳 浩照(ダイトク ヒロアキ; Daitoku, Hiroaki)

所属
生存ダイナミクス研究センター
職名
講師
性別
男性
研究キーワード
転写制御
研究課題
アセチルCoAを接点としたグルコース代謝とFOXO1アセチル化の制御機構の解明2017 -- 2019大徳 浩照日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
転写因子DAF-16/FOXOによる寿命延長機構のin vivoにおける解明2014 -- 2016大徳 浩照日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
転写因子Foxo1の多重修飾制御機構に関する研究2003 -- 2005/科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
寿命制御における転写因子FOXO1のDNA損傷応答機能の解明2010 -- 2012日本学術振興会/若手研究(A)26,780,000円
転写因子FOXO1の翻訳後修飾と寿命決定メカニズムの解明            2008 -- 2009日本学術振興会/若手研究(B)4,290,000円
代謝と寿命をつなぐ転写因子FOXO1の多重修飾制御機構の解明          2006 -- 2007日本学術振興会/若手研究(B)3,600,000円
転写因子Foxolの多重修飾制御機構に関する研究2005 -- (現在)日本学術振興会/若手研究(B)3,700,000円
学歴
-- 1998筑波大学 第二学群 生物資源学類卒業
-- 2003筑波大学 農学研究科 応用生物化学修了
取得学位
博士(学術)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本生化学会
-- (現在)日本分子生物学会
受賞
2009-06-26内藤コンファレンス 優秀ポスター賞
2008-11-28第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会若手研究奨励賞
論文
著書
  • アセチル化による転写因子の機能制御
    大徳 浩照
    細胞工学, 2002-01
  • 代謝・寿命・老化を制御する転写因子FOXO
    大徳 浩照
    生化学, 2005-01
  • 転写因子の多重修飾制御機構 –リン酸化、アセチル化、脱アセチル化–
    大徳 浩照
    最新医学, 2005-01
  • FOXO transcription factors in the regulatory networks of longevity
    大徳 浩照
    J. Biochem., 2007-01
  • FOXOとアンチエイジング医学
    大徳 浩照;
    アンチエイジング医学の基礎と臨床 改訂2版, 2008-01
  • アルギニンメチル化とリン酸化 –PRMT1によるFOXO1活性制御–
    大徳 浩照
    内分泌・糖尿病科, 2009-01
会議発表等
  • 食餌性メチオニンが生体内メチオニン量及びS-adenosyl-L-methionine量へ与える影響
    山内理恵子; 廣田恵子; 徐照; 加香 孝一郎; 大徳 浩照; 深水 ...
     若手ワークショップ@伊香保/2015-02-05
  • In vivoスクリーニング系による新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
    林岳宏; 大徳浩照; 中島実咲; 田島達也; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    第92回日本生化学会大会/2019-9-19
  • 線虫ヒストンにおける新規ヒスチジンメチル化基転移酵素の探索
    林岳宏; 大徳浩照; 中島実咲; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    2019年度日本生化学会関東支部例会/2019-09-22
  • 線虫初期発生におけるトリカルボン酸回路とポリアミンの役割
    加香孝一郎; 波田一誠; 大徳浩照; 深水昭吉
    日本ポリアミン学会第10回年会/2018-12-07--2018-12-08
  • 線虫におけるアセチル化スペルミジンの同定
    加香孝一郎; 波田一誠; 宮田真衣; 大徳浩照; 深水昭吉
    第22回活性アミンに関するワークショップ/2018-07-07--2018-07-08
  • 線虫C. elegansにおける開始メチオニンt RNA m1A58修飾を介した寿命調節機構の解析
    宮田真衣; 大徳浩照; 角直亮; 横山航; 廣田恵子; 深水昭吉
    第91回日本生化学会大会/2018-09-26
  • 線虫C. elegansのリボソームに対するヒスチジンメチル基転移酵素hpm-1の役割
    中島実咲; 大徳浩照; 林岳宏; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第91回日本生化学会大会/2018-09-26
  • RNAメチル化修飾による寿命制御メカニズム
    大徳 浩照
    第72回日本栄養・食糧学会大会
  • 線虫 C. elegans における開始メチオニン tRNA m1A58 修飾が寿命に及ぼす影響
    宮田真衣; 大徳浩照; 角直亮; 横山航; 廣田恵子; 深水昭吉
    2018年度日本生化学会関東支部例会./2018-06-23
  • 線虫C.elegansにおける転写因子DAF-16の活性化に働く熱センサーの同定
    深水 昭吉; 新生翔; 大徳浩照; 金子悠太
    命科学系学会合同年次大会/2017-12-09
  • 線虫C.elegansにおける転写因子DAF-16の活性化に働く熱センサーの同定
    新生翔; 大徳浩照; 金子悠太; 深水昭吉
    生命科学系学会合同年次大会/2017-12-09
  • 線虫C.elegansにおけるアセチル化酵素SIR-2.1は転写因子DAF-16のストレス条 件下での転写活性化に必要である
    新生翔; 深水 昭吉; 大徳浩照; 金子悠太; 廣田恵子
    第89回日本生化学会大会/2016-09-26
  • 転写因子FOXO/DAF-16の高グルコースに応答したアセチル化制御機構
    大徳浩照; 深水 昭吉; 小沼久里子; 平田優介; 坂井愛理; 稲川...
    第89回日本生化学会大会/2016-09-26
  • 線虫を用いた転写因子FOXO1の飜訳後修飾制御機構のin vivo解析
    大徳浩照; 深水 昭吉
    FFDRに関する研究助成第5回研究発表会/2016-07-23--2016-07-23
  • S期紫外線DNA損傷応答におけるフォークヘッド型転写因子FOXO1/DAF16の役割
    深水昭吉; 金子悠太; 大徳浩照; 吉用賢治; 松本佳保里; 新生...
    冬の若手ワークショップ@山中湖/2016-02-06
  • ゲノム編集技術を用いた転写因子DAF-16の寿命制御機構の解明
    深水 昭吉; 新生翔; 大徳浩照; 金子悠太
    冬の若手ワークショップ@山中湖/2016-02-06
  • 長寿転写因子FOXO1/DAF-16のDNA損傷応答メカニズム
    大徳浩照; 金子悠太; 吉用賢治; 松本佳保里; 新生翔; 坂巻純...
    BMB2015/2015-12-04
  • 転写因子FOXO1/DAF-16のグルコースに応答したアセチル化制御機構の解析
    小沼久里子; 大徳浩照; 平田優介; 金子悠太; Eszter Toth; 有...
    BMB2015/2015-12-04
  • 線虫におけるCRISPR/cas9ゲノム編集技術を用いた転写因子DAF-16の転写活性化 能欠損変異体の樹立
    深水 昭吉; 新生翔; 大徳浩照; 金子悠太
    MB2015/2015-12-01
  • ゲノム編集技術を応用したDAF-16の寿命制御機構の解明
    新生翔; 大徳浩照; 金子悠太; 廣田恵子; 深水 昭吉
    平成27年度「転写代謝システム」班会議/2015-06-14
  • 紫外線DNA損傷応答におけるフォークヘッド型転写因子FOXO1/DAF-16の役割
    金子悠太; 深水昭吉; 大徳浩照; 吉用賢治; 松本佳保里; 米野千尋
    若手ワークショップ@伊香保/2015-02-05--2015-02-07
  • 紫外線DNA損傷応答におけるフォークヘッド型転写因子FOXO1/DAF-16の役割
    金子 悠太; 深水 昭吉; 大徳 浩照; 吉用 賢治; 松本 佳保里; ...
    第87回 日本生化学会年会/2014-10-17--2014-10-17
  • SAM代謝とメチル基転移酵素
    深水昭吉; 廣田恵子; 大徳浩照; 加香孝一郎
    平成26年度 新学術領域「転写代謝システム」領域班会議/2014-07-12--2014-07-12
  • 長寿変異体における転写因子DAF-16の転写活性化能の評価
    新生 翔; 深水 昭吉; 大徳 浩照; 金子 悠太; 廣田 恵子
    冬の若手ワークショップ/2015-02-06--2015-02-06
  • アコニターゼ2はEGFシグナル経路を介してα-チューブリンのアセチル化レベルを制御する
    柴沼 香穂; 深水 昭吉; 大徳 浩照; 加香 孝一郎; 金子 悠太
    第37回 日本分子生物学会年会/2014-11-27--2014-11-27
担当授業科目
2019-04 -- 2019-08ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2019-10 -- 2020-02ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2019-11 -- 2020-02生物学実験筑波大学
2019-04 -- 2019-07ゲノム情報生物学筑波大学
2019-10 -- 2020-02ゲノム情報生物学演習II筑波大学
2019-04 -- 2019-08ゲノム情報生物学演習II筑波大学
2019-10 -- 2020-02ゲノム情報生物学講究I筑波大学
2019-04 -- 2019-08ゲノム情報生物学講究I筑波大学
2019-04 -- 2019-08ゲノム情報生物学講究III筑波大学
2019-10 -- 2020-02ゲノム情報生物学講究III筑波大学
一般講演
  • PRMT1によるFOXO1のアルギニンメチル化はAkt依存的なリン酸化を阻害する
    大徳 浩照
    第2回炎症・脂質代謝・メタボリサーチフォーラム/2008-03-15
  • アルギニンメチル化による転写因子FOXO1のリン酸化阻害機構の解明
    大徳 浩照
    第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会/2008-11-28
  • Regulation of FOXO family by arginine methylation in response to oxidative stress
    大徳 浩照
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会/2008-12-12
  • アルギニンメチル化による転写因子FOXO1 の機能制御機構
    大徳 浩照
    平成21年度 日本生化学会関東支部例会 「若手が担う次世代型生化学研究」/2009-06-20
  • Asymmetric arginine dimethylation determines lifespan in Caenorhabditis elegans by regulating forkhead transcription factor DAF-16
    Takahashi; Y.; Daitoku H; H.; Hirota; K.; Tamiya; H.; Yok...
    第33回内藤カンファレンス/2012-06-27
  • S-adenosylmetionine量の変化に伴ったヒストンメチル化の解析
    飯塚慧; 廣田恵子; 大徳浩照; 深水昭吉
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-16
  • Arginine methylation of BAD inhibits its phosphorylation by Akt
    坂巻純一; 大徳浩照; 山形一行; 深水昭吉
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-11

(最終更新日: 2019-06-17)