Nomura Nobuhiko

Affiliation
Institute of Life and Environmental Sciences
Official title
Professor
URL
Research fields
Applied microbiology
Research keywords
微生物制御
相互作用
応用微生物学
分子生物学
バイオフィルム
Research projects
光量子顕微鏡によるバイオサンプル観察2023-11 -- 2029-03Nomura NobuhikoNational Institutes for Quantum Science and Technology/BRIDGE41,440,000Yen
GXを駆動する微生物・植物「相互作用育種」の基盤構築2023-10 -- 2029-03Nomura NobuhikoJapan Science and Technology Agency (JST)/GteX52,000,000Yen
細菌シグナル及び細胞外膜小胞によるバイオフィルムへのシグナル伝達の解明2023-04 -- 2028-03野村 暢彦日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(S)203,320,000Yen
自家蛍光・情報処理に基づくFunctional Imagingによる細胞社会応答の解明と産業・医療への応用, データ取得と観察技術の構築2021-10 -- 2023-03野村 暢彦JST 国立研究開発法人科学技術振興機構(未来社会創造事業)/未来社会創造事業 探索加速型(探索研究)革新的な知や製品を創出する共通基盤システム・装置の実現22,620,000Yen
細菌由来膜小胞の経鼻投与による未踏の歯周病ワクチン開発の加速2021-07 -- 2024-03中尾 龍馬Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的研究(開拓)
シアノバクテリアの多細胞性の起源と進化、およびその生物地球化学循環への影響2021-04 -- 2026-03原田 真理子Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)
複合生物系を形作るポストコッホ微生物2019 -- 2023野村 暢彦Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas90,740,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2019-04 -- 2020-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/45,840,000Yen
単一光子スペクトル計測によるイメージング技術開発と細胞機能ヴィジュアライザの創成2017-10 -- 2022-03福田大治JST 国立研究開発法人科学技術振興機構(CREST)/32,300,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2017-09 -- 2019-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/30,696,000Yen
more...
Career history
2022-12 -- 2022-12法政大学・マイクロナノテクノロジーセンター講師
2022-11 -- 2022-11東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科講師
2022-04 -- (current)筑波大学Microbiology Research Center for SustainabilityDirector
2022-04 -- 2023-03京都大学化学研究所客員教授
2022-04 -- (current)名古屋大学大学院理学研究科非常勤講師
2021-10 -- 2021-11東京大学大学院農学生命科学研究科非常勤講師
2021-10 -- 2022-03九州大学大学院生物資源環境科学非常勤講師
2020-04 -- 2021-03東京大学生物生産工学センター兼任教員
2020-04 -- (current)JSTACT-X研究領域「環境とバイオテクノロジー」研究総括
2019-04 -- 2020-03新潟大学大学院医歯学総合研究科非常勤講師
more...
Academic background
1990-04 -- 1995-10広島大学大学院 工学研究科 工業化学専攻
Degree
1995-10博士(工学)Hiroshima University
Academic societies
2021 -- (current)Japan Society on Water Environment
2020 -- (current)The Iron and Steel Institute of Japan
2018 -- (current)マクロライド新作用研究会
2017 -- (current)Japanese Society of Chemotherapy
2015 -- (current)The Pseudomonas Aeruginosa Infection Society
2014 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY
2014 -- (current)日本バイオフィルム学会
2002 -- (current)American Society for Microbiology
2001 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF MICROBICAL ECOLOGY
1996 -- (current)環境バイオテクノロジー学会
more...
Honors & Awards
2019-09日本油化学会第18回オレオサイエンス賞オレオサインスに投稿された論文のうち優れた総説に与えられる
2011-11日本微生物生態学会 論文賞
2005-11-15日本生物工学会生物工学奨励賞(斎藤賞)
2004-11-21日本微生物生態学会 論文賞
Articles
Books
  • バイオフィルム 革新的制御技術
    野村 暢彦
    バイオフィルム 革新的制御技術/株式会社エヌ・ティー・エス/pp.0.1-0.2, 2023-06
  • Nextcom
    野村 暢彦
    Nextcom/株式会社KDDI総合研究所/pp.42-43, 2022
  • 成形加工 2023年2月号特集
    野村 暢彦
    成形加工 2023年2月号特集/インフォーママーケッツジャパン(株)/pp.39-39, 2022
  • 発酵・醸造食品の最前線Ⅱ
    野村 暢彦
    発酵・醸造食品の最前線Ⅱ/株式会社シーエムシー出版/pp.50-56, 2022
  • 研究応援 VOL.24 特集1 身体最大器官の皮膚とそこに生息する常在菌
    野村暢彦
    topic.3 微生物の言語を理解して共存を目指す/リバネス出版/pp.18-19, 2021-12
  • 発酵・醸造食品の最前線II
    野村 暢彦
    発酵・醸造食品の最前線II/シーエムシー出版/pp.50-56, 2022-03
  • 醸造の事典
    野村 暢彦
    醸造の事典/朝倉書店/pp.148-149, 2021-06
  • Cracking Open Bacterial Membrane Vesicles
    Nagakubo Toshiki; Nomura Nobuhiko; Toyofuku Masanori
    Frontiers in Microbiology 10:3026/pp.3026-3026, 2020-1
  • バイオフィルムの新たな展開
    野村 暢彦
    感染症 Vol.48 No.5, 2018-09
  • 非破壊イメージングによるハイスループット評価技術
    八幡 穣; 野村暢彦
    スマートセルインダストリー/シーエムシー出版, 2018-09
  • 低炭素化社会に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    特集 革新的低炭素化技術の開発 2018年2月号 化学工業, 2018-02
  • 微生物生態学領域におけるバイオフィルム
    野村 暢彦
    臨床と微生物 Vol.45 No.1 ㈱近代出版, 2018-01
  • バイオフィルムの有効利用に向けたバイオフィルム解析とその展望
    野村 暢彦
    バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程 ー特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチー /(株)シーエムシー出版, 2017-11
  • グリーンエネルギー生産技術の高度化に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    日経バイオテク/(株)日経BP社, 2017-02
  • Anaerobic life style of Pseudomonas aeruginosa
    Nomura Nobuhiko
    Pseudomonas/Springer, 2014-03
  • クォーラムセンシングに基づいた微生物の新機能開発
    野村暢彦
    BIOINDUSTRY シーエムシー出版, 2008-08
  • 細菌間情報伝達機構は呼吸代謝にも関与する
    豊福雅典; 内山裕夫; 野村暢彦*; +野村 暢彦
    環境バイオテクノロジー学会誌, 2008-01
  • 環境と微生物:硝化・脱窒
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
  • 新しい微生物の利用と課題:バイオフィルム
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
  • 植物病原菌より分離したプラスミドの複製及び接合伝達の分子機構
    野村 暢彦
    2005-10
Conference, etc.
  • Microfluidic platform using focused ultrasound passing through hydrophobic meshes towards automatic biological experiment
    Koroyasu Yusuke; Gupta Ruchi; Yamamoto Tatsuya; Yoichi...
    Acoustics 2023 Sydney/2023-12-04--2023-12-08
  • 酸素終端型細胞外電子伝達による バイオフィルム内代謝の空間的な制御機構の解析
    頓宮弘将; 豊福雅典; 野村暢彦; 徳納 吉秀
    環境バイオテクノロジー学会2023年度大会/2023-06--2023-06
  • 膜小胞に内包された膜酵素の電気化学的解析
    Savege Thomas; 野村暢彦; 豊福雅典; 徳納 吉秀
    環境バイオテクノロジー学会2023年度大会/2023-06--2023-06
  • 緑膿菌における細菌間コミュニケーションを介したプロファージ誘導
    上原礼佳; 吉澤晋; 木暮一啓; 野村暢彦; 豊福雅典
    第57回緑膿菌感染症研究会/2023-02
  • 緑膿菌細胞集団中に出現する球状細胞がもたらす新規薬剤耐性機構
    原田潤; 兼松周作; 野村暢彦; 豊福雅典
    第57回緑膿菌感染症研究会/2023-02
  • 異種微生物間でのメンブレンベシクルを介した緑膿菌の呼吸促進
    武田理久; 豊福雅典; 野村暢彦; 徳納吉秀
    第57回緑膿菌感染症研究会/2023-02
  • 嫌気的環境を形成するマイクロ流体デバイスを用いた緑膿菌バイオフィルム形成の解析
    野村佳祐; 野村暢彦; 尾花望; 豊福雅典; Andrew Utada
    第57回緑膿菌感染症研究会/2023-02
  • Diversity of innate fluorescent signatures in biofilm.
    高部響介; 野村暢彦; 八幡穣
    第96回日本細菌学会総会/2023-03-16
  • 酸素濃度と細胞外電子伝達がもたらす空間的なバイオフィルム内代謝の解析
    頓宮 弘将; 豊福雅典; 野村暢彦; 徳納 吉秀
    日本農芸化学会 2023年度大会/2023-03
  • Streptococcus mutansの微生物間コミュニケーションを介した膜小胞の産生
    伊藤碧美; 山本千佳; 永沢亮; 尾花望; 野村暢彦; 豊福雅典
    日本農芸化学会 2023年度大会/2023-03
  • 緑膿菌における細菌間コミュニケーションを介したプロファージ誘導の解析
    上原礼佳; 吉澤晋; 木暮一啓; 野村暢彦; 豊福雅典
    日本農芸化学会 2023年度大会/2023-03
  • 緑膿菌における細胞壁が損傷した細胞の解析
    原田潤; 兼松周作; 豊福雅典; 野村暢彦
    第96回日本細菌学会総会/2023-03
  • 膜小胞に内包されたギ酸脱水素酵素の活性評価
    サヴィジ トーマス; 豊福雅典; 野村暢彦; 徳納吉秀
    日本農芸化学会2023年度大会/2023-03
  • ウェルシュ菌の温度依存的な遺伝子発現制御による環境適応機構の解析
    福田良亮; 尾花 望; 野村暢彦
    第96回日本細菌学会総会/2023-03
  • Bacteria-host interactions mediated by membrane vesicles produced by gut microbiota
    松下未来; 菊地 薫; 尾花 望; 野村暢彦
    第96回日本細菌学会総会/2023-03
  • 腸管粘液層模倣系における腸内細菌の定着とバイオフィルム形成の解析
    野村佳祐; 野村暢彦; 尾花 望; Andrew S. Utada
    第96回日本細菌学会総会口頭発表/2023-03
  • 腸管粘液層模倣系における腸内細菌の定着とバイオフィルム形成の解析
    奥田真由; 尾花 望; 奥脇響; 中尾 龍馬; 泉福 英信; 野村暢彦
    第96回日本細菌学会総会口頭発表/2023-03
  • Isolation and characterization of the novel deep subsurface Atribacterota member possessing membrane-bounded nucleoid
    川本大輝; 渡邊美穂; 持丸華子; 中原望; 孟憲英; 野村暢彦; 玉木秀幸
    18th International Symposium on Microbial Ecology/2022-08
  • Membrane vesicle formation is triggered by cell death via quorum sensing in Streptococcus mutans.
    伊藤碧美; 山本千佳; 永沢亮; 尾花望; 野村暢彦; 豊福雅典
    18th International Symposium on Microbial Ecology/2022-08
  • characterization of stress induced cell wall deficient bacterial cells
    原田 潤; 兼松周作; 野村暢彦; 豊福雅典
    18th International Symposium on Microbial Ecology/2022-08
  • 電子の移動に着目したバイオフィルム内代謝の空間分布解析
    頓宮 弘将; 豊福 雅典; 野村 暢彦; 徳納 吉秀
    日本微生物生態学会第35回大会/2022-11
  • 核膜様構造を持つ新規Atribacterota門地下細菌の培養化と機能解明
    川本 大輝; 渡邊 美穂; 持丸 華子; 中原 望; 孟 憲英; 片山 泰樹; 野村 暢彦; 玉木 秀幸
    日本微生物生態学会第35回大会/2022-11
  • 微生物間コミュニケーションを介した細胞外膜小胞の形成
    伊藤碧美; 山本千佳; 永沢亮; 尾花望; 野村暢彦; 豊福雅典
    環境バイオテクノロジー学会2022年度大会/2022-11
  • Shewanella oneidensis MR-1膜小胞内の酵素活性評価
    サヴィジ トーマス; 徳納吉秀; 豊福雅典; 野村暢彦
    環境バイオテクノロジー学会 2022年度大会/2022-11
  • Temperature dependent regulation of myo-inositol operon
    福田 良亮; 望 尾花; 暢彦 野村
    2022 ASM Conference on Biofilms/2022-11
  • more...
Intellectural property rights
  • データ作成方法及びデータ使用方法
    野村暢彦; 八幡 穣; 清川達則
  • 検査装置、判定装置、検査方法およびコンピュータープログラム
    八幡 穣; チョウ ヤクウン; 岩井 友香; 野村暢彦; 原 克樹; 鈴木 慧; 塩原 旺; 熊谷 彩純
  • 補正パラメータ設定方法及びデータ補正方法
    八幡 穣; 八幡志央美; 岡野千草; 野村暢彦
  • 消毒組成物、洗浄組成物、防汚組成物、ウイルス不活性化組成物および非殺菌性組成物並びにバイオフィルムの除去および形成抑制用組成物
    UTADA ANDREW SHINICHI; 川口 敦史; ダウイン バク ヴ ヤン; リ シャウジェ; 野村暢彦
  • フィラメントの製造方法及びフィラメント
    野村暢彦; 久能 樹; Utada AS; 山本達也; 小野絵里香; 杉本真也; 金城雄樹
  • 洗浄および防汚組成物並びにバイオフィルムの除去および形成抑制用組成物
    野村 暢彦; Utada S. Andrew; ダウイン、バク、ヴ、ヤン
  • パラコッカス・デニトリフィカンス細胞付着材料及びそれを含む製品、並びにそれらの製造方法
    野村 暢彦; Utada S. Andrew; 森永花菜
  • データ作成方法及びデータ使用方法
    野村 暢彦; 八幡穣; 清川達則
  • 細菌の増殖を制御する化合物及びその応用
    野村暢彦; 他2名
  • 緑膿菌バイオフィルム形成に対するワクチン抗原体
    野村暢彦; 他4名
Works
  • 令和2年冬号第13号 ブナの森新聞 ブナの森調剤薬局発行
    野村 暢彦
Teaching
2023-10 -- 2024-03Cooperative Education through Research Internships( Life and Earth Sciences)University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-09Cooperative Education through Research Internships( Life and Earth Sciences)University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Special Exercise of Sustainable Environmental Studies I (A)University of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Methodology on Water Environment ResearchUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Methodology on Water Environment ResearchUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Environmental Studies Practicum IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Environmental Studies Practicum IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Biological Resources and the EnvironmentUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Internship in Environmental Studies IUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Internship in Environmental Studies IUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2023-12 -- 2023-12筑波大学STEAMリーダーシッププログラム「課題創造学」講座筑波大学東京キャンパス
2022-07 -- 2022-07令和4年度筑波大学公開講座(感染と恒常性の生命科学)「集団微生物学の現在」筑波大学生存ダイナミクス研究センター
2022-06 -- 2022-06常総学院高等学校講演会「微生物間のコミュニケーション」常総学院高等学校
2021-12 -- 2021-12教育ビデオ「ビジュアルで理解するバイオフィルムの生態 ~4Dで見てみよう~」作製スミス・アンド・ネフュー株式会社
2019-06 -- 2019-06令和元年度サイエンスカフェ(SSH事業)「微生物も群れて会話する」茨城県立並木中等教育学校
2019-12 -- 2019-12筑波大学STEAMリーダーシッププログラム「課題創造学」講座筑波大学東京キャンパス
2019-06 -- 2019-06筑波大学付属高校 大学/研究室訪問「微生物社会を垣間見る」筑波大学
2019-04 -- 2019-04キッズ・ユニバーシティ 特別授業「目に見えない小さな生き物の不思議な世界」University of Tsukuba
2018-08 -- 2018-08東京都理数研究ラボ(東京都教育庁主催)にて講演「環境・食・健康と微生物」株式会社リバネス
Talks
  • いまこそ真摯に微生物から学ぶ
    野村 暢彦
    第35回日本臨床微生物学会総会・学術集会/2024-02-10--2024-02-10
  • 細菌は死にながら大事な情報(DNA, シグナル)をつなぐ
    野村 暢彦
    第46回日本分子生物学会年会 /2023-12-08--2023-12-08
  • 微生物も群れて会話しながら、動物・植物とかかわっている
    野村 暢彦
    第19回霊長類医科学フォーラム/2023-11-17--2023-11-17
  • バイオフィルム研究の今
    野村 暢彦
    第72回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第70回日本化学療法学会東日本支部総会/2023-10-26--2023-10-26
  • バイオフィルム形成とその細胞不均一性へのファージ遺伝子の関与
    野村 暢彦
    日本ファージセラピー研究会第3回研究集会/2023-09-22--2023-09-22
  • 微生物も群れて会話する 〜21世紀の微生物制御を目指して〜
    野村 暢彦
    鉄鋼協会シンポジウム 微生物腐食の解明と診断・抑止技術の構築研究会/2023-09-20--2023-09-20
  • 基礎から応用、サイエンスとテクノロジー、個と集団の微生物研究センター
    野村 暢彦
    第75回日本生物工学会大会/2023-9-4--2023-9-4
  • 細菌の集団性と社会性
    野村 暢彦
    第96回日本細菌学会総会 総会長企画シンポジウム/2023-03-16--2023-03-18
  • 微生物間のコミュニケーション 
    野村暢彦
    令和4年度「福島イノベーション・コースト構想の実現に貢献する人材育成」成果報告会/2023-01-27--2023-01-27
  • 微生物もコミュニティーを形成し、コミュニケーションする社会的な生き物である
    野村暢彦
    法政大学グリーン・サステイナビリティセミナー/2022-12-15--2022-12-15
  • Biofilms and membrane vesicles
    野村暢彦
    第10回国際レジオネラ学会/第36回日本バイオフィルム学会 joint session/2022-9-24--2022-9-24
  • 細菌が放つ細胞外膜小胞メンブレンベシクル 〜細胞死を介した生成機構による情報伝達と遺伝子多様性の維持〜
    野村暢彦
    第59回日本細菌学会中部支部総会/2022-9-16--2022-9-16
  • 微生物制御の今後の展開 〜バイオフィルムの理解と制御〜
    野村 暢彦
    品質保証懇話会(日本食品工業倶楽部)/2022-8-29--2022-8-29
  • 細菌の集団性と不均一性 〜細胞を壊さずに解析することで見えてくること〜
    野村 暢彦
    大隅基礎科学創成財団 微生物機能探究コンソーシアム/2022-7-7--2022-7-7
  • 細菌の集団と不均一性の理解と展望~サイエンスとテクノロジーの双輪~
    野村 暢彦
    第29回内毒素・LPS研究会/2022-7-2--2022-7-2
  • バイオフィルムは細胞不均一性をうむ場である
    野村 暢彦
    糸状菌遺伝子研究会/2022-06-17--2022-06-17
  • 21世紀の微生物制御に向けて〜微生物の集団性と生態の理解〜
    野村 暢彦
    ISIJ(日本鉄鋼協会) MIC研究会/2022-06-07--2022-06-07
  • 微生物制御3.0を目指して ~微生物の集団性と不均一性の理解~
    野村 暢彦
    公益社団法人新化学技術推進協会ライフサイエンス技術部会反応分科会/2022-04-27--2022-04-27
  • バイオフィルムと細胞多様性の関係について
    野村 暢彦
    第16回ゲノム微生物学会年会/2022-03-03--2022-03-03
  • バイオフィルムは細胞不均一性・自然突然変異株を生む場である
    野村 暢彦
    第50回 薬剤耐性菌研究会/2021-11-12--2021-11-13
  • バイオフィルムの理解と制御に向けて
    野村 暢彦
    日本歯科保存学会2021年度秋季学術集会(第155回)/2021-10-28--2021-11-10
  • 見えてきた微生物の集団性と不均一性〜21世紀の微生物制御を目指して〜
    野村 暢彦
    理研バイオリソース研究センター20周年記念シンポジウム/2021-10-20--2021-10-22
  • 単細胞も集団になると社会性を創発している 〜全く興味なかった微生物研究、今はなんでこんなに面白いのだろう!?〜
    野村 暢彦
    第2回微生物生態学会マラソンセミナー/2021-08-25--2021-08-25
  • 生物界を越えた細胞間の新規コミュニケーション機構 〜腸内細菌から人まで〜
    野村 暢彦
    第21回TCカンファレンス/2021-07-17--2021-07-17
  • Membrane vesicles are for bacteria or virus (phage)?
    野村 暢彦
    Aquatic Virus Workshop(AVW10)/2021-06-30--2021-06-30
  • more...
Professional activities
2022-07 -- (current)日本バイオベンチャー推進協会(JBDA)理事
2021-11 -- (current)国立研究開発法人 理化学研究所リソース検討委員会(微生物材料)委員
2021-04 -- (current)公益財団法人発酵研究所選考委員会委員
2021-01 -- (current)日本微生物生態学会第19期評議員
2021-01 -- (current)日本細菌学会評議員
2020-03 -- (current)国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)ACT-X 環境とバイオテクノロジー 研究総括
2020-08 -- (current)日本バイオフィルム学会理事長
2018 -- (current)マクロライド新作用研究会世話人
2018-04 -- 2020-03JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY教育委員会委員
2018-04 -- 2018-06Japan Society for Environmental Biotechnology環境バイオテクノロジー学会2018年度大会実行委員
more...
University Management
2022-04 -- (current)生物資源学類クラス担任クラス担任
2008-04 -- 2009-03委員・生命環境科学研究科広報・IT委員会持続環境学専攻より選出
2008-04 -- 2009-03委員長・持続環境学専攻広報・IT委員会全体のとりまとめ

(Last updated: 2024-01-29)