現在地

櫻井 武(サクライ タケシ; Sakurai, Takeshi)

所属
医学医療系
職名
教授
eメール
 
Fax
029-853-3773
研究キーワード
視床下部
神経ペプチド
摂食行動
睡眠
覚醒
wakefulness
研究課題
冬眠様の低代謝状態を誘導する神経機構の解明と応用2021 -- 2025櫻井 武日本学術振興会/基盤研究(S)189,670,000円
冬眠様の低代謝状態を誘導する神経機構の解明2021 -- 2023櫻井 武日本学術振興会/基盤研究(A)42,510,000円
意志動力学(ウィルダイナミクス)の創成と推進2021 -- 2021櫻井 武日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)3,900,000円
Qニューロンの作動メカニズムの解明2021 -- 2022櫻井 武日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)5,200,000円
絶食による休眠誘導の神経回路の同定と人工冬眠の誘導2019 -- 2020櫻井 武日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,500,000円
大脳辺縁系と睡眠覚醒制御系との構造的・機能的連関の解明2018 -- 2020櫻井 武日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
動機付けおよび強化学習に関与する分子・神経基盤の解明2016 -- 2020櫻井 武日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)174,070,000円
意志動力学(ウィルダイナミクス)の創成と推進2016 -- 2020櫻井 武日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)353,080,000円
新規神経ペプチド受容体NPBWR1の機能が共感性において果たす役割2016 -- 2017櫻井 武日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)10,790,000円
オレキシンニューロンのコネクトミクスとメタボロミクスによる睡眠・覚醒制御系の解明2011 -- 2011櫻井 武日本学術振興会/科研費 基盤研究(B)9,750,000円
職歴
1993-04 -- 1993-08日本学術振興会 特別研究員(PD枠)
1993-08 -- 1999-11筑波大学 基礎医学系 講師
1999-12 -- 2004-03筑波大学 基礎医学系 助教授
学歴
-- 1989筑波大学 医学部
-- 1993筑波大学 医学研究科修了
取得学位
1993-03-31博士(医学)筑波大学
免許資格等
2014-11-25日本医師会認定産業医
1989-05-01医師免許証
所属学協会
-- (現在)日本心脈管作動物質学会
-- (現在)日本薬理学会
-- (現在)Society for Neuroscience
受賞
2017-07第2回 塩野賞オレキシンのトランスレーショナルリサーチ
2013-04-01平成25年度 文部科学大臣表彰科学技術賞 研究部門
2012-05-01中日文化賞
2009-12-01安藤百福賞大賞オレキシンの発見とその機能解析
2001つくば奨励賞
1998第4回国際神経内分泌学会優秀論文賞
論文
著書
  • 睡眠と健康
    櫻井 武
    一般財団法人 放送大学教育振興会 放送大学教材 三訂版, 2021-03
  • 睡眠覚醒における神経ペプチドの役割
    征矢 晋吾; 櫻井 武
    生体の科学, 2020-01
  • 「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」
    櫻井 武
    講談社, 2018-10
  • 役に立つ免疫実験法 第2版 真崎知生編 8.5抗体によって細胞を分別する方法
    桜井 武
    講談社サイエンティフィック, 1994
  • 医系薬理学
    桜井 武
    中外医学社, 1997
  • Distribution of orexin-containing neurons and glucose-sensitive neurons in the lateral hypothalamic area.
    T. Moriguchi; T. Sakurai; T. Nambu; M. Yanagisawa; K. Goto.
    1998-12
  • Characterization of xenopus leaves orexin.
    M. Shibahara; T. Sakurai; T. Nambu; T. Takenouchi; M. Yan...
    1998-12
  • Distribution of orexin-containing neurons in the adult rat brain.
    T. Nambu; T. Sakurai; K. Mizukami; S.C.Wiliams; K. Goto; ...
    1998-12
  • オレキシンの同定と生理活性の検討
    桜井 武
    1998-12
  • Orexins and feeding behavior.
    T. Sakurai.
    1998
  • オレキシンの同定と生理作用の解析
    桜井 武
    1999-02
  • 摂食行動に関わる新規ペプチド、オレキシンの作用の解析
    桜井 武
    1999-03
  • オレキシンのRevearse Phramacology
    桜井 武
    1999-03
  • 摂食と肥満の内分泌機構、新規生理活性ペプチド、オレキシンの同定と生理作用の解析、
    桜井 武
    1999-05
  • 摂食行動に関わる新規ペプチド:オレキシンの作用の解析.
    桜井 武
    1999
  • Gタンパク質共役受容体:最近の話題 オーファン受容体のリガンド検索:オレキシン
    桜井 武
    1999
  • 睡眠と摂食の調節におけるオレキシンの役割
    桜井 武
    2000-03
  • オレキシンによるエネルギーホメオスターシスの制御
    桜井 武
    2000-10
  • エネルギー代謝調節におけるオレキシン神経の役割とそのメカニズム
    桜井 武; 原 淳子; 山中章弘; 後藤勝年
    2000-10
  • 覚醒・睡眠の制御におけるオレキシンの役割とそのメカニズム
    桜井 武; 原 淳子; 山中章弘; 後藤勝年
    2000-11
  • orexin
    T. Sakurai
    2000-12
  • 睡眠・覚醒の制御における視床下部オレキシン神経の役割
    桜井 武
    2001-03
  • オレキシンとその受容体-オーファン受容体から個体レベルの生物学へ-
    桜井 武
    2001-03
  • Orexins
    T.Sakurai; +桜井 武
    2001-06
  • 睡眠・覚醒と代謝系をつなぐオレキシン神経の役割
    桜井 武
    2001-09
会議発表等
  • 逆行性ウイルスベクターによるオレキシンニューロンの入出力機構の同定
    夕貴 齊藤; Yoan Cherasse; 康貴 丹羽; Sakurai Takeshi
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • レム睡眠とカタプレキシーを制御する神経回路
    俊太郎 内田; 晋吾 征矢; Sakurai Takeshi
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • 成体脳の新生ニューロンが睡眠中の記憶固定化に果たすメカニズムの解明
    伊代 小柳; 禹騰 汪; Sakthivel Srinivasan; 佳卉 于; 紀枝 ...
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • 情動と覚醒の制御機構の解明
    Sakurai Takeshi; 鐘文 張; Yoan CHERASSE
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • 休眠を誘導する神経経路−体温制御の観点から
    Sakurai Takeshi
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • Neural circuits that link the limbic system and systems that regulate arousal.
    櫻井 武
    IRC* Decoding Sleep SYMPOSIUM/2019-12-04--2019-12-04
  • A neuronal circuit that induces regulated hypometabolism in mice.
    櫻井 武
    virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR 2020)/2020-10-26--2020-10-29
  • A novel neuronal circuit that induces hibernation-like state in rodents.
    櫻井 武
    The 7th Neuroscience Network, Diversity of Brain Science/2021-02-10--2021-02-10
  • Induction of Hibernation-like state in mice.
    Sakurai Takeshi
    第5回国際神経ペプチド学会日本支部シンポ/2019-10-26--2019-10-26
  • 冬眠様の制御された低代謝状態を誘導する新規神経回路
    櫻井 武
    第44回日本神経科学大会 /2021-07-28--2021-07-31
  • Deciphering the neural mechanism of ‘willpower’ that motivates voluntary wheel running
    Soya Shingo; Sakurai Takeshi
    IBRO Satellite / International Sports Neuroscience Conference/2019-09
  • Noradrenergic signaling in the central nucleus of amygdala mediates learning independent behavioral fear expression
    Soya Shingo; McHugh Thomas; Sakurai Takeshi
    SfN meeting/2018-11
  • Orexin modulates behavioral fear expression through the locus coeruleus
    Soya Shingo; Takahashi Tohru M; McHugh Thomas; Maejima Ta...
    MCCS meeting/2017-11
  • Noradrenergic excitation by OX1R plays an important role in cued fear memory retrieval
    Shingo Soya; Takashi Maejima; Thomas McHugh; Kazunari Miy...
    FENS forum/2016-08
  • Noradrenergic excitation by OX1R plays an important role in fear generalization
    Soya Shingo; Maejima Takashi; McHugh Thomas; Sakurai Takeshi
    SfN meeting/2015-11
  • Noradrenergic excitation by OX1R plays an important role in fear generalization
    Soya Shingo; Maejima Takashi; McHugh Thomas; Sakurai Takeshi
    Gordon Research Conference on Amygdala in Health & Disease/2015-08
  • Noradrenergic excitation by OX1R plays an important role in fear generalization
    Shingo Soya; Takashi Maejima; Thomas McHugh; Takeshi Sakurai
    Gordon Research Seminar on Amygdala in Health & Disease/2015-08
  • Orexin System In Fear Memory Formation
    Soya Shingo; Shoji Hirotaka; Hasegawa Emi; Hondo Mari; Mi...
    FENS forum/2014-08
  • Orexin Receptor-1 in the Locus Coeruleus Plays an Important Role in Cue-Dependent Fear Memory Consolidation
    Shingo Soya; Shoji hirotaka; Emi Hasegawa; Mari Hondo; Ts...
    SfN meeting/2013-11
  • Orexin receptor 1 in Locus coeruleus plays an important role in establishing fear memory
    Soya Shingo; Tsuyoshi Miyakawa; Mari Hondo; Michihiro Mie...
    Scandinavian physiological society’s annual meeting/2012-07
  • 睡眠覚醒制御系におけるオレキシンの役割
    櫻井 武
    第2回日本脳神経外科認知症学会学術総会/2018-06-28--2018-06-28
  • オレキシン産生ニューロンの覚醒維持機構
    櫻井 武
    第3回不眠症治療薬適正使用フォーラム/2018-06-28--2018-06-28
  • 睡眠・覚醒研究におけるコネクトーム解析と神経操作技術の役割
    櫻井 武
    日本睡眠学会第43回定期学術集会/2018-07-13--2018-07-13
  • 大脳辺縁系と覚醒系の相互作用におけるオレキシン系の役割
    櫻井 武
    日本睡眠学会第43回定期学術集会/2018-07-11--2018-07-11
  • 睡眠覚醒制御におけるオレキシンの機能
    櫻井 武
    第10回霧島睡眠カンファレンス/2018-09-15--2018-09-15
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー実験実習II筑波大学
2021-10 -- 2022-03博士論文研究指導6筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー演習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー特論II筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー基礎実験筑波大学
2021-04 -- 2021-09博士論文研究指導5筑波大学
2021-04 -- 2021-08睡眠医科学特論I筑波大学
2021-10 -- 2022-02睡眠医科学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ヒューマンバイオロジー実験実習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ヒューマンバイオロジー基礎実験筑波大学
学協会等委員
2016-11 -- 2019-11Society of NeuroscienceReviewing editior, J. Neurosci
2013-07 -- 2015-06日本睡眠学会理事
2013-10 -- (現在)日本睡眠学会評議員
1998 -- (現在)日本心脈管作動物質学会評議員
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)国際統合睡眠医科学研究機構副機構長

(最終更新日: 2021-08-09)