現在地

新開 泰弘(シンカイ ヤスヒロ; Yasuhiro, Shinkai)

所属
医学医療系
職名
准教授
研究分野
環境・衛生系薬学
研究キーワード
金属
環境中親電子物質
サルフェン硫黄
研究課題
環境中親電子物質の解毒に働くサルフェン硫黄結合タンパク質の同定とその機能解析2020 -- 2023新開 泰弘/科学研究費補助金 基盤研究(B)
カドミウムの毒性防御を担う小胞体ストレス応答系と活性イオウ分子産生系の協調的役割2015 -- 2017新開 泰弘日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
大気中親電子物質1,4ーナフトキノンに対する細胞の生存シグナル制御機構2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)5,330,000円
重金属毒性に対する転写因子Nrf1の防御的役割とその応答機構の解析2010 -- 2011日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
カドミウムの血管毒性防御の分子機構を担う転写因子Nrf22008 -- 2009日本学術振興会/若手研究(B)4,420,000円
職歴
2007-04 -- 2009-10北陸大学 学術フロンティア 博士研究員
学歴
2003-04 -- 2007-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 生命システム医学専攻修了
取得学位
2007-03博士(医学)筑波大学
所属学協会
2003 -- (現在)日本薬学会
2007 -- (現在)日本毒性学会
2010 -- (現在)日本衛生学会
受賞
2015-09平成27年度日本薬学会環境・衛生部会賞・金原賞環境化学物質の生体内運命とそれに対する防御応答の分子機構
2013-12-11平成25年度メチル水銀研究ミーティング 若手研究奨励賞受賞メチル水銀とそのグルタチオン抱合体によるKeap1/Nrf2経路の活性化
2012-07-18日本毒性学会奨励賞
2008-08第27回チョークトーク 生体と金属・化学物質に関する研究会 櫻井賞受賞
2008-06第35回日本トキシコロジー学会学術年会 優秀研究発表賞受賞
2005-10フォーラム2005:衛生薬学・環境トキシコロジー 優秀若手研究者賞受賞
論文
著書
  • Intracellular Accumulation of Arsenic, Resulting in its Cytotoxicity and a Cellular Defense System Against Arsenic
    新開 泰弘
    2007-03
会議発表等
  • 環境中親電子物質の毒性防御に働くシグナル伝達経路と活性イオウ分子による制御
    新開泰弘; 熊谷 嘉人
    第47回日本毒性学会学術年会/2020-07
  • サルフェン硫黄によるレドックス制御と環境中親電子物質のフェーズゼロ反応
    新開泰弘; 熊谷 嘉人
    第47回日本毒性学会学術年会/2020-07
  • 活性イオウ分子を介した親電子ストレス防御
    鵜木隆光; 秋山雅博; 新開泰弘; 熊谷 嘉人; 藤村成剛
    第47回日本毒性学会学術年会/2020-07
  • Phase-zero Reaction as a Primary Defense System Against Electrophilic Stress in out of Cell: Involvement of Reactive Persulfides
    Akiyama Masahiro; Unoki Takamitsu; Warabi Eiji; Motohashi...
    26th Annual Meeting of the Society-for-Redox-Biology-and-Medicine (SFRBM)
  • サルフェン硫黄結合タンパク質の同定とその機能解析
    新開泰弘; Yunjie Ding; 秋山雅博; 井田智章; 赤池孝章; 熊谷...
    第19回分子予防環境医学研究会/2020-03
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for repression of environmental electrophile-mediated toxicity in mice.
    Y Shinkai; Ding Yunjie; M Akiyama; Fukuto Jon M; T Akaike...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • Phase-zero reaction as a primary defense systeme against electrophilic stress in out of cell: Involvement of reactive persulfides.
    M Akiyama; T Unoki; E Warabi; Y Shinkai; Y Abiko; I Ishii...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    M Akiyama; T Unoki; Y Shinkai; I Ishii; T Ida; T Akaike; ...
    The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium/2019-09
  • Metallothionein-3 as a sulfur binding protein: Identification, characterization and 3D structure modeling.
    Y Shinakai; Ding Yunjie; M Akiyama; Fukuto Jon M; T Akaik...
    The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium/2019-09
  • 1,4-Naphthoquinone-mediated activation of PTEN/Akt/CREB signaling and cytotoxicity are negatively regulated by sodium tetrasulfide.
    R Hirose; Y Abiko; Shinkai; Kumagai Yoshito
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • Identification, characterization and a three-dimensional structure modeling of metallothionein-3 as a sulfane sulfur- and zinc-binding protein.
    Y Shinkai; Ding Yunjie; M Akiyama; T Unoki; T Ida; T Akai...
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • Regulation of electrophilic stress by reactive persulfide released in out of cell:Phase-zero reaction.
    M Akiyama; T Unoki; E Warabi; Y Shinkai; I Ishii; Lin Jos...
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • A 3D structure modeling of metallothionein-3 and its related function as a sulfane sulfur binding protein.
    Ding Yunjie; Y Shinkai; M Akiyama; Kumagai Yoshito
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • サルフェン硫黄結合タンパク質としてのメタロチオネイン-3 の機能と3 次元構造モデリング.
    新開泰弘; Yunjie Ding; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • 活性イオウ分子排出輸送機構によるレドックス制御.
    秋山雅博; 鵜木隆光; 蕨栄治; 新開泰弘; 安孫子ユミ; 石井功;...
    第92回日本生化学会大会/2019-09
  • 亜鉛結合タンパク質のモデルとしてのメタロチオネイン-3 におけるサルフェン硫黄の役割.
    Yunjie Ding; 新開泰弘; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2019/2019-10
  • カドミウム誘導性の生体応答および肝毒性は活性イオウ分子によって抑制される.
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2019/2019-10
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子ストレスを抑制する鍵分子である
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 孝章; 山本...
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • 重金属の毒性に対する血管内皮細胞の防御システム
    新開 泰弘; 熊谷 嘉人
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子性重金属毒性を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第91回日本生化学会大会/2018-09
  • Nrf2およびCSE は環境中親電子物質によるマウス肝細胞毒性の抑制に必須である.
    鵜木隆光; 秋山雅博; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • メタロチオネイン-3の意外な機能:可動性イオウによるメチル水銀の捕獲・不活性化
    Yunjie Ding; 新開泰弘; 熊谷 嘉人
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
担当授業科目
2019-10 -- 2019-12環境科学概論筑波大学
2019-10 -- 2020-02環境衛生学特論筑波大学
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2019-04 -- 2019-08環境科学セミナー1S筑波大学
2019-04 -- 2019-07環境科学概論筑波大学
2019-04 -- 2019-07環境科学実習筑波大学
2019-04 -- 2019-08インターンシップI筑波大学
2019-10 -- 2020-02インターンシップI筑波大学
2019-10 -- 2020-02Special Exercise of Sustainable Environmental StudiesIII (B) [English class] (持続環境学特別演習IIIB)筑波大学
学協会等委員
2019-06 -- (現在)日本毒性学会The Journal of Toxicological Sciences Associate Editor
2016-06 -- (現在)日本毒性学会評議員
2014 -- (現在)日本毒性学会Fundamental Toxicological Sciences Editorial Board
2010-01 -- (現在)日本毒性学会The Journal of Toxicological Sciences Editorial Board
学内管理運営業績
2019-06 -- (現在)筑波大学 国際連携食料健康科学専攻 安全委員会委員長
2019-06 -- (現在)筑波大学 国際連携食料健康科学専攻 広報委員会委員長
2014-04 -- (現在)筑波大学 医学共通機器MS管理担当教員
2014-04 -- 2019-03環境系専攻カリキュラム委員
2014-04 -- 2019-05環境系専攻SUSTEP委員
2011-04 -- 2017-03生命システム医学専攻教務委員(キャリア支援)

(最終更新日: 2020-06-04)