現在地

星 拓男(ホシ タクオ; HOSHI, Takuo)

所属
医学医療系
職名
准教授
研究分野
麻酔科学
研究キーワード
麻酔科学
研究課題
p62の脂肪酸代謝と臓器連関を介したNASH発症進展における役割2020 -- 2022星 拓男日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
キセノンの呼吸に与える影響1999 -- 2002/
学歴
-- 1993富山医科薬科大学 医学部 医学科卒業
-- 2003筑波大学 医学研究科修了
取得学位
博士(医学)筑波大学
免許資格等
2014-4日本感染症学会ICD(Infection Control Doctor)認定医
1998-04-01麻酔科指導医
2001-04-01ペインクリニック学会専門医
2004-04-01麻酔科指導医
2007-04-01集中治療医学会専門医
所属学協会
2011 -- (現在)日本呼吸量法医学会
-- (現在)日本ペインクリニック学会
-- (現在)日本手術医学会
-- (現在)日本集中治療医学会
-- (現在)日本静脈麻酔学会
-- (現在)日本麻酔科学会
-- (現在)麻酔科学ウインターセミナー
-- (現在)International Anesthesia Research Society
-- (現在)Society of Cardiovascular Anesthesiologists
受賞
2019-11日本臨床麻酔学会誌賞
論文
  • Platypnea–orthodeoxia syndrome associated with COVID-19 pneumonia: a case report
    星 拓男; Yu Tadokoro; Masaru Nemoto; Junya Honda; Shihori...
    JA Clinical Reports, 2021-08
  • 特集企画:Withコロナにおける手術医学 市中基幹病院の手術部におけるCovid-19対応
    星 拓男
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/42(2)/pp.125-129, 2021-06
  • 不必要な肌露出を予防するために考案した手術用肌掛けの効果
    片岡 伸子; 半田 育子; 星 拓男; 金澤 順子; 吉田 幸恵
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/42(1)/pp.29-33, 2021-02
  • Preferred display size and visual distance for ultrasound-guided radial artery cannulation
    HOSHI Takuo
    Colombian Journal of Anesthesiology, 2021-03
  • Laryngospasm Caused by Removal of Nasogastric Tube after Tracheal Extubation: Case Report
    谷中 亜由美; HOSHI Takuo
    Journal of Anesthesia & Clinical Care/8/pp.61-64, 2021-01
  • Occlusion of multi‑holed catheters used in continuous wound infusion in open gynecologic surgery: A pathological study
    Shimizu Keisuke; HOSHI Takuo; Iijima Tatsuo
    Saudi Journal of Anaesthesia/14/pp.302-306, 2020-06
  • 偶発性低体温症およびアルコール性ケトアシドーシスに続発した急性重症膵炎患者の治療経験
    吉田 美伽; 星 拓男
    麻酔/69(3)/pp.312-316, 2020-03
  • ユーザーから見た偶発症調査:管理者の立場から
    星 拓男
    麻酔・集中治療とテクノロジー/pp.20-21, 2019
  • 偶発性低体温症およびアルコール性ケトアシドーシスに続発した急性重症膵炎患者の治療経験
    星 拓男
    麻酔/69(3)/pp.312-316, 2020-03
  • ヒドロキエチルデンプン130000の術中大量使用の腎機能への影響
    吉田 美伽; 星 拓男
    麻酔/69(1)/pp.66-71, 2020-01
  • JSA PIMSとAIMS連携:一般ユーザー、JSA PIMSは一般の麻酔科学会会員に本当に必要なものか?
    星 拓男; 綾 大介
    LiSA/26(8)/pp.790-793, 2019-08
  • 出血量は正しく予想できているか
    星 拓男
    Masui. The Japanese journal of anesthesiology/68(8)/pp.905-909, 2019-08
  • 距離の離れた場所で診療を行う工夫
    星 拓男; 綾 大介
    麻酔・集中治療とテクノロジー2018/pp.28-30, 2019-03
  • Micromachined sensing module for pO2, pCO2, and pH and its design optimization for practical use
    Hiroaki Suzuki; Taishi Hirakawa; HOSHI Takuo; Hidenori...
    Sensors and Actuators B: Chemical/76(1-3)/pp.565-572, 2001-06
  • 手術室災害対策訓練とふりかえりによる改善
    柏 真人; 武石 浩明; 庄司 紀子; 半田 育子; 星 拓男; 山...
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/40(1)/pp.30-33, 2019-02
  • 手術患者のプライバシー保護を重視した肌掛けの考案
    金澤 順子; 半田 育子; 片岡 伸子; 吉田 幸恵; 星 拓男; ...
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/40(1)/pp.21-23, 2019-02
  • 消化器外科手術における低体温予防策効果の検証
    半田 育子; 星 拓男; 金澤 順子; 片岡 伸子; 吉田 幸恵; ...
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/40(1)/pp.17-20, 2019-02
  • Acute arterial occlusion due to left ventricular thrombus of Takotsubo cardiomyopathy in a young adult: a case report
    Horiguchi Yuudai; Hoshi Takuo; Yoshimatsu Aya; Yoshida Mika
    JA CLINICAL REPORTS/4, 2018-07
  • 婦人科患者の開腹手術における全身麻酔導入後の肌の露出状況調査
    吉田 幸恵; 半田 育子; 金澤 順子; 鈴木 昌子; 星 拓男
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/39(2)/pp.110-113, 2018-05
  • 手術部位感染(SSI)と体重、出血量、手術時間の関係
    星 拓男; 宮川 尚美
    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia/38(3)/pp.285-290, 2018
  • neurological pupil indexおよび縮瞳速度に対するプロポフォールおよびレミフェンタニルの影響
    HOSHI Takuo
    麻酔/pp.174-176, 2017-02
  • 術中の抗菌薬追加投与時期をAIMSによるアラート表示で適切にする工夫
    星 拓男
    日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology/36(4)/pp.316-317, 2015-11
  • Rh陰性B型患者の術中大量出血に対して異型輸血を行った麻酔経験と当院の輸血体制の見なおし
    星 拓男
    麻酔/62(8)/pp.992-995, 2013-08
  • Effect of Yenon on Diaphragmatic Contractility in Cloys
    星 拓男
    Canadian Journal of Anesthesia/p.819-822, 2000-01
  • Comparative effects of xenon and nitrous oxide on diaphragmatic contractility in dogs
    星 拓男; Fujii Y; Toyooka H
    Acta Anaesthesia Scanolinavica/46(6)/pp.699-702, 2002-01
著書
  • 針刺し事故の予防
    星 拓男
    文光堂, 2021-06
  • 不器用で下手、慎重さにかける麻酔科医、そんな麻酔科医を守れるシステム作り
    星 拓男
    LiSA 別冊春号 2020のシェヘラザードたち, pp.17-23, 2020-03
  • Ⅲ.気道確保、鎮静下経口気管挿管
    星 拓男
    救急・集中治療、呼吸管理2020-’21, pp.69-77 , 2020
  • イラストでわかる麻酔科必須テクニック
    星 拓男; 田中 誠
    羊土社, 2011-05
会議発表等
  • 経尿道的凝固術中に胸水貯留から換気困難になった一例
    砂辺 芽生; 星 拓男; 新里 恵美菜
    日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第61回合同学術集会/2021-09-04--2021-10-04
  • Trendelenburg 位と気腹による手術中の動肺コンプライアンスの経時的変化
    星 拓男
    第43回日本呼吸療法医学会学術集会/2021-07-03--2021-07-04
  • 抜管後の胃管抜去に伴い喉頭痙攣をきたし、低酸素血症を発症した一例
    星 拓男; 谷中 亜由美
    日本集中治療医学会第4回関東甲信越支部学術集会/2020-09-06--2020-09-06
  • 円滑な保護者同伴入室を目的とした取り組み
    飯田 久美子; 中田 直美; 庄司 紀子; 小松 久美子; 斉藤...
    第42回日本手術医学会総会/2020-12-04--2020-12-05
  • 予定手術患者の肺塞栓症および深部静脈塞栓症の検査
    谷中 亜由美; 横内 貴子; 星 拓男
    第42回日本手術医学会総会/2020-12-04--2020-12-05
  • 当院における早期離床・リハビリテーション加算算定へ向けた理学療法士の取り組み
    伊藤 潤一; 篠原 悠; 菊池 馨; 照山 理美; 高橋 未央; ...
    第58回全国自治体病院学会/2019-10-24--2019-10-25
  • 日本臨床麻酔学会誌賞「手術部位感染(SSI)と体重、出血量、手術時間の関係」
    星 拓男
    日本臨床麻酔学会第39回大会/2019-11-07--2019-11-09
  • 不必要な肌露出を予防する手術用肌掛けの効果検証
    片岡 伸子; 半田 育子; 金澤 順子; 吉田 幸恵; 星 拓男
    第41回日本手術医学会総会/2019-09-27--2019-09-28
  • 全身麻酔導入時のDexamethasone単回投与が血糖値に及ぼす影響
    新里 恵美菜; 星 拓男
    日本麻酔科学会第66回学術集会/2019-05-30--2019-06-01
  • 最近の人工呼吸器事情・呼吸管理事情;全身麻酔中の人工呼吸の症例
    星 拓男
    日本麻酔科学会第66回学術集会/2019-05-30--2019-06-01
  • 偶発性低体温症およびアルコール性ケトアシドーシスに続発した急性重症膵炎の 1 例
    吉田 美伽; 星 拓男; 山崎 裕一朗; 萩谷 圭一
    日本集中治療医学会第 2 回関東甲信越支部学術集会/2018-06-28--2018-06-29
  • JSA-PIMSとどう付き合うか;ユーザーの立場から
    星 拓男
    第36回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会シンポジウム/2018-12-01--2018-12-01
  • 手術室災害対策訓練と振り返りによる改善【活動報告】
    星 拓男
    第40回日本手術医学会総会/2018-10-12--2018-10-13
  • 手術患者のプライバシー保護を重視した肌掛けの考案
    星 拓男
    第40回日本手術医学会総会/2018-10-12--2018-10-13
  • 消化器外科手術における低体温予防効果の検証
    半田 育子; 金澤 順子; 片岡 伸子; 吉田 幸恵; 星 拓男; ...
    第40回日本手術医学会総会/2018-10-12--2018-10-13
  • 急性下肢動脈閉塞症に対する緊急手術後の精査でたこつぼ型心筋症による左室内血栓が原因と判明した一例
    星 拓男; 堀口 雄大
    日本麻酔科学会第65回学術集会/2018-05-17--2018-05-19
  • 手術時間と予想出血量の正確さ
    星 拓男
    第18回麻酔科学ウィンターセミナー/2018-2-9--2018-2-11
  • 自動麻酔記録における退室前輸液残量入力チェック機能の効果
    星 拓男
    第33回体液・代謝管理研究会/2018-1-27--2018-1-27
  • 出血量は正しく予想できているか
    星 拓男
    第33回体液・代謝管理研究会/2018-1-27--2018-1-27
  • 婦人科患者の開腹手術における全身麻酔導入後の肌の露出状況調査
    HOSHI Takuo
    第39回日本手術医学会総会/2017-10-06--2017-10-07
  • 手術中の地震・火事対応(PBLD)
    HOSHI Takuo
    日本麻酔科学会第64回学術集会/2017-6-8--2017-6-10
  • 2種類の麻酔情報管理システムを使用した経験からーPrescientORとORSYSとの比較(主にPrescientORが優れているところについて)
    HOSHI Takuo
    第35回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会/2017-08-26--2017-08-26
  • 距離の離れた場所で診療を行うための工夫
    HOSHI Takuo
    第35回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会/2017-08-26--2017-08-26
  • 脈拍回数・呼吸回数の測定による比較
    HOSHI Takuo
    第44回日本集中治療医学会学術集会/2017-03-09--2017-03-11
  • 生理食塩液プレフィルドシリンジ(生食シリンジ)導入の効果
    HOSHI Takuo
    第17回麻酔科学ウィンターセミナー/2017-02-10--2017-02-12
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02最先端医学研究セミナー筑波大学
2021-04 -- 2021-08最先端医学研究セミナー筑波大学
2020-10 -- 2021-02最先端医学研究セミナー筑波大学
2020-04 -- 2020-08最先端医学研究セミナー筑波大学
2016-10 -- 2017-02臨床研究方法論筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特殊研究筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特別演習筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特別演習筑波大学
2016-04 -- 2016-08臨床研究方法論筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特殊研究筑波大学
学協会等委員
2018-04 -- (現在)日本麻酔科学会サテライトメンバー(領域別WG名:第8・麻酔全般)
2014 -- (現在)日本集中治療医学会評議員
2013 -- (現在)日本集中治療医学会 関東甲信越地方会連絡協議会委員
2007 -- (現在)麻酔科学ウインターセミナー世話人
学内管理運営業績
2018-01 -- (現在)茨城県立中央病院 入院前支援センターワーキンググループ委員
2014-04 -- (現在)県立中央病院 病院機能評価検討委員会委員
2011-01 -- (現在)県立中央病院 臨床研修管理委員会委員
2017-12 -- (現在)県立中央病院 システム委員会委員
2015-10 -- (現在)県立中央病院 幹部会議委員
2011-01 -- (現在)県立中央病院 診療全体会議委員
2011-01 -- (現在)県立中央病院 保険診療委員会委員
2013 -- (現在)県立中央病院 ダヴィンチ運営委員会副委員長
2011-01 -- (現在)県立中央病院 手術部運営委員会委員長
2011-01 -- (現在)県立中央病院 ICU/CCU/HCU運営委員会副委員長

(最終更新日: 2021-09-01)