現在地

坪井 洋人(ツボイ ヒロト; Tsuboi, Hiroto)

face
所属
医学医療系
職名
講師
研究キーワード
膠原病
リウマチ
臨床免疫学
研究課題
IgG4関連疾患におけるRNA-Seqを用いた遺伝子発現解析と新規治療標的の開発2021 -- 2023坪井 洋人日本学術振興会/基盤研究(C)4,160,000円
IgG4関連疾患の新規治療戦略構築に向けたCCL18-CCR8シグナルの解析2018 -- 2020坪井 洋人日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
IgG4関連疾患におけるCCL18-CCR8と疾患特異的治療標的分子の探索2015 -- 2017坪井 洋人日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
シェーグレン症候群でのM3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体に対する免疫応答2011 -- 2012日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
新規疾患「IgG4関連疾患」の病因・病態に迫る免疫遺伝学的アプローチ2013 -- 2014坪井 洋人日本学術振興会/若手研究(B)4,420,000円
取得学位
2011-03博士(医学)筑波大学
所属学協会
2005 -- (現在)日本アレルギー学会
-- (現在)日本シェーグレン症候群学会
2005 -- (現在)日本リウマチ学会
-- (現在)日本温泉気候物理医学会
2002 -- (現在)日本内科学会
2007 -- (現在)日本免疫学会
-- (現在)日本臨床免疫学会
論文
著書
  • 第19章過敏症
    浅島 弘充; 安部 沙織; 近藤 裕也; 髙橋 広行; 坪井 洋人; 住...
    分子細胞免疫学, エルゼビア・ジャパン, pp.439-457, 2018-03
  • シェーグレン症候群(ドライアイ・ドライマウス) 治療(臨時増刊号 診療ガイドダイジェスト2011)
    坪井 洋人; 住田 孝之
    治療, 2011-05
  • シェーグレン症候群の病態と抗M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体抗体 Medical Practice 28(7):1247-1250、2011
    坪井 洋人; 飯塚 麻菜; 住田 孝之
    Medical Practice 28(7):1247-1250、2011, 2011-01
会議発表等
  • 医師・患者間コミュニケーションを見つめ直す~診療時間の限られたリウマチ医のためのコミュニケーションテクニック~
    坪井 洋人
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-8-17
  • M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in primary Sjogren’s syndrome
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Honda Fumika; Takahashi Hiroyuk...
    Asia Pacific League of Associations for Rheumatology/2020-10-27--2020-10-27
  • シェーグレン症候群における獲得免疫異常 〜自己抗体と抗原特異的T細胞の病態形成における役割〜
    坪井洋人; 本田文香; 安部沙織; 髙橋広行; 近藤裕也; 松本 功...
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • 抗セントロメア抗体、抗Ku抗体、抗Miー2抗体が共陽性であった全身性強皮症・皮膚筋炎重複症候群の一例
    森中哲; 江辺広志; 坪井洋人; 杉田稔貴; 田渕大貴; 西山泰平;...
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • 関節炎におけるInter-alpha-trypsin inhibitor heavy chain 4(ITIH4)のシトルリン化メカニズムと好中球遊走における機能の検討
    長田侑; 三上菜津子; 大山綾子; 藏田泉; 近藤裕也; 坪井洋人;...
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • シェーグレン症候群におけるM3ムスカリン作動性アセチルコリン受容体(M3R)反応性Th17細胞の臨床的意義
    安部沙織; 坪井洋人; 本田文香; 髙橋広行; 近藤裕也; 松本 功...
    第48回日本臨床免疫学会総会/2020-10-15--2020-10-17
  • Citrullinated Inter α trypsin inhibitor heavy chain 4 (citーITIH4)のシトルリン化メカニズムと好中球の遊走への関与の検討
    長田侑; 三上菜津子; 藏田泉; 大山綾子; 近藤裕也; 坪井洋人;...
    第41回日本炎症・再生医学会/2020-07-08--2020-07-09
  • シェーグレン症候群患者末梢血中におけるM3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)反応性 Th17細胞の検出と臨床像との関連
    安部沙織; 坪井洋人; 本田文香; 小野由湖; 髙橋広行; 近藤裕...
    第117回日本内科学会総会・講演会/2020-04-12
  • 膠原病に合併したノカルジア感染症の臨床的特徴の検討
    柳下瑞希; 萩原晋也; 寺崎俊彦; 岡本翔太; 東光裕史; 清水優;...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • Citrullinated Interαtrypsin inhibitor heavy chain 4 (cit-ITIH4)の関節局所におけるシトルリン化の分子機構
    長田侑; 松本功; 三上菜津子; 藏田泉; 大山綾子; 近藤裕也; ...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • 当院における成人発症still病に対するトシリズマブの使用経験
    佐藤亮太; 近藤裕也; 寺崎真由; 寺崎俊彦; 岡本翔太; 清水優;...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • TLRアゴニストであるイミキモドで誘導されたlupusモデルマウスにおける病原性Th10様細胞
    近藤裕也; 古山琴菜; 清水優; 坪井洋人; 松本功; 住田孝之
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • RORγt+Foxp3+制御性T細胞(Tr17)による自己免疫性関節炎の抑制機構
    古山琴菜; 近藤裕也; 清水優; 坪井洋人; 松本功; 住田孝之
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • AbataceptあるいはInfliximabで臨床的寛解達成後の関節リウマチ症例における低磁場手専用MRI所見の2製剤間比較
    萩原晋也; 坪井洋人; 佐藤亮太; 岡本翔太; 寺崎俊彦; 寺崎真...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • Deficiency of transcription factor T-bet accelerates the development of collagen-induced arthritis by promoting the differentiation of T helper type 17.
    Shimizu Masaru; Kondo Yuya; Furuyama Kotona; Tsuboi Hirot...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • The role of follicular regulatory T cells in experimental and rheumatoid arthritis.
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Ohyama Ayako; Osada Atsumu;...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来 T-iPS細胞を応用した治療戦略
    髙橋広行; 坪井洋人; 安部沙織; 本田文香; 近藤裕也; 松本 功...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • Detection and clinical significance of circulating M3 muscarinic acetylcholine receptor (M3R) reactive Th17 cells in patients with primary Sjögren's syndrome.
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Honda Fumika; Takahashi Hiroyuk...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • 当院におけるメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)についての検討
    岡本翔太; 坪井洋人; 佐藤亮太; 寺崎真由; 寺崎俊彦; 東光裕...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • 当科における高安動脈炎に対するトシリズマブの長期使用経験
    岡本翔太; 坪井洋人; 佐藤亮太; 寺崎真由; 寺崎俊彦; 東光裕...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8/CCL1-CCR8経路の解析
    本田文香; 坪井洋人; 小野由湖; 安部沙織; 髙橋広行; 伊藤清...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • 全身性エリテマトーデスに対するベリムマブ導入症例の臨床的特徴と治療効果の検討
    寺崎俊彦; 西山泰平; 近藤裕也; 佐藤亮太; 岡本翔太; 寺崎真...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • 当院における関節リウマチに対するサリルマブの使用経験
    東光裕史; 近藤裕也; 佐藤亮太; 寺崎真由; 寺崎俊彦; 岡本翔...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • シェーグレン症候群の診断と治療の最前線:2020年のトピックス
    坪井洋人; 本田文香; 安部沙織; 髙橋広行; 近藤裕也; 松本 功...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
  • IgG4関連疾患におけるRNA-Seqを用いたT細胞/B細胞特異的発現遺伝子の同定
    坪井洋人; 本田文香; 小野由湖; 安部沙織; 髙橋広行; 近藤裕...
    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会/2020-08-17
担当授業科目
2021-04 -- 2021-08最先端医学研究セミナー筑波大学
2021-10 -- 2022-02最先端医学研究セミナー筑波大学
2021-04 -- 2021-06ヒトの感染・免疫学筑波大学
2021-04 -- 2021-06ヒトの感染と免疫筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08基礎医科学演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02基礎医科学演習筑波大学
2020-04 -- 2020-08最先端医学研究セミナー筑波大学
2020-10 -- 2021-02最先端医学研究セミナー筑波大学
一般講演
  • Difficult to treat RA(DTRA)のマネジメント
    坪井 洋人
    リウマチ治療マネジメントを考える会/2020-07-16
  • 関節リウマチ診療における共有意思決定の実践
    坪井 洋人
    RA Conference on Web/2021-03-17
  • 関節リウマチ診療における共有意思決定の実践
    坪井 洋人
    IMMUNOLOGY Seminar/2021-02-25
  • Difficult to treat RAの制御を目指して
    坪井 洋人
    ORENCIA 10th Anniversary SUMMIT/2021-01-30
  • Difficult-to-treat(D2T)RAをいかにして治療するか
    坪井 洋人
    リウマチWEBセミナー/2021-01-07
  • シェーグレン症候群の診断と治療
    坪井 洋人
    アバタセプトカンファレンス/2020-12-16
  • 関節リウマチ診療における共有意思蹴っての実践
    坪井 洋人
    Shared Decision Makingの観点からバリシチニブを考える会/2020-11-25
  • Difficult to treat RA(DTRA)のマネジメント
    坪井 洋人
    Meet the Professional Rheumatologist in 川崎/2020-10-14
  • Lilly RA Interactive Web Meeting
    坪井 洋人
    関節リウマチ診療における共有意思決定の実践/2020-10-06
  • リウマチームワークショップ IN 東京
    坪井 洋人
    関節リウマチ診療における共有意思決定の実践/2020-10-3
  • 当院におけるサリルマブの有効性、安全性の評価
    大山綾子; 近藤裕也; 田渕大貴; 杉田稔貴; 西山泰平; 岡本翔...
    第26回茨城リウマチ/2020-11-07
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    JCR International Scool 2018/2018-08-02--2018-08-04
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells and Desialylation of Autoantibody in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    2017 日本免疫学会総会・学術集会/2017-12-12--2017-12-14
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    Annual European Congress of Rheumatology 2018/2018-06-13--2018-06-16
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-04-26--2018-04-28
  • セクキヌマブを投与した乾癬性関節炎の一例
    清水 優; 高橋 広行; 寺崎 真由; 東光 裕史; 本田 文香; 大山...
    第23回茨城リウマチ/2017-11-22
  • シェーグレン症候群の病態解析と診断・治療の進歩
    坪井 洋人
    埼玉関節リウマチセミナー2018/2018-03-07
  • シェーグレン症候群合併関節リウマチの診断と治療
    坪井 洋人
    リウマチWEBセミナー/2018-02-15
  • シェーグレン症候群の診断と治療の最前線
    坪井 洋人
    第6回ドライアイ・ドライマウス ベイサイドカンファレンス/2017-11-16
  • エビデンスに基づくシェーグレン症候群のベストプラクティス
    坪井 洋人
    世田谷リウマチミーティング/2017-10-03
  • 関節リウマチ診断と治療の進歩
    坪井 洋人
    筑七会講演会/2017-09-13
  • エビデンスに基づくシェーグレン症候群のベストプラクティス
    坪井 洋人
    静岡リウマチネットワーク学術講演会/2017-08-05
  • 関節リウマチ治療の最適化に向けた専門職連携の重要性
    坪井 洋人
    リウマチチーム –ワークショップ/2017-07-22
  • シェーグレン症候群の診断と治療Update2017  〜T細胞を標的とした新規治療戦略の可能性〜
    坪井 洋人
    膠原病合併リウマチ治療セミナー/2017-05-18
  • 関節炎におけるInter α tripsin inhibitor heavy chain 4(ITIH4)の発現解析
    長田 侑; 松本 功; 藏田 泉; 江辺 広志; 川口 星美; 近藤 裕...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-03-17--2018-03-17

(最終更新日: 2021-05-20)