現在地

征矢 英昭(ソヤ ヒデアキ; Soya, Hideaki)

face
所属
体育系
職名
教授
URL
eメール
 
Fax
2620
研究分野
スポーツ科学
スポーツ科学
研究キーワード
脳フィットネス
脳機能
視床下部
海馬
脳幹
下垂体
副腎
グルココルチコイド
タイプI受容体
タイプII
研究課題
認知機能低下を防止する次世代運動戦略の橋渡し研究:海馬の可塑性を高める神経機構2018 -- 2020征矢 英昭日本学術振興会/基盤研究(A)44,720,000円
意欲と身心パフォーマンスを共に育む次世代運動プログラム2016 -- 2020征矢 英昭日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)101,270,000円
毛髪コルチゾールはコンディショニングの新指標となりうるか?2015 -- 2016征矢 英昭日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,510,000円
身心の活力を増進する最適運動条件の橋渡し研究:意欲と認知をともに高める脳機構2015 -- 2017征矢 英昭日本学術振興会/基盤研究(A)35,590,000円
アスタキサンチンの生理活性に関する研究2006-09 -- 2007-03征矢英昭富士化学工業株式会社/企業からの受託研究40,000,000円
運動と入浴による気分および深部体温の変化と脳活動との関連に関する研究2006-11 -- 2006-09/企業からの受託研究2,000,000円
プレ戦略イニシアティブ「たくましい心を育むスポーツ科学イノベーション」2009 -- 2010-03/その他5,000,000円
脳フィットネスを高めるサプリメントの開発 -- (現在)/
脳フィットネスを高める運動処方条件の確立 -- (現在)/
軽運動が高める海馬の活性化と可塑性 -- (現在)/
職歴
1989-10 -- 1991-03三重大学 教育学部保健体科 講師
1991-04 -- 1998-03三重大学 教育学部保健体育科 助教授
1996-03 -- (現在)エジンバラ大学 医学部生理学神経内分泌学研究室 客員准教授
1996-06 -- (現在)ロックフェラー大学 神経内分泌研究室 客員准教授
1998-04 -- 2004-03筑波大学 体育科学系 助教授
2004-04 -- 2006-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科体育科学専攻 助教授
2007-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科体育科学専攻 准教授
2009-01 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科体育科学専攻 教授
学歴
1982-04 -- 1984-03筑波大学 体育研究科 コーチ学先行運動生理学修了
1984-04 -- 1989-03群馬大学 医学研究科 内分泌生理学修了
取得学位
1984-03体育学修士筑波大学大学院修士課程体育研究科コーチ学専攻
1989-03医学博士群馬大学大学院医学研究科博士課程内分泌生理学専攻
所属学協会
-- (現在)日本体力医学会
-- (現在)日本運動生理学会
-- (現在)日本体育学会
-- (現在)日本神経内分泌学会
-- (現在)日本神経科学学会
2006 -- (現在)American Physiological Society
-- (現在)Society for Neuroscience
2010 -- (現在)European College of Sport Science
受賞
2007-11筑波大学河本体育科学奨励賞
論文
著書
  • Part3 脳腸相関と食品「カロテノイドー天然由来のアスタキサンチン」
    征矢 英昭; 陸 瞕洙; 小泉 光; 松井 崇
    「脳腸相関」, pp.152-157, 2018-9
  • 第9章 脳から考える運動の限界ー中枢性疲労の分類と要因ー
    征矢 英昭
    「運動と疲労の科学~第9章 脳から考える運動の限界-中枢性疲労の分類と要因」, pp.108-125, 2018-07
  • 「1日10分!脳フィットネスを高めるスローエアロビック」
    征矢 英昭
    NHK出版, 2018-05
  • カラー 運動生理学大事典 –健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用–
    田中喜代次; 西平賀昭; 征矢英昭; 大森 肇
    西村書店, 2017-09
  • ホルモン, 運動, トレーニング
    岡本 正洋; 征矢英昭
    カラー運動生理学大辞典 健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用, pp.336-362, 2017-09
  • どんな運動が記憶力を高めるために効果的なの?
    岡本 正洋; 征矢英昭
    新版これでなっとく使えるスポーツサイエンス, pp.102-104, 2007-10
  • トレーニングと中枢:海馬
    岡本 正洋; 征矢英昭
    身体トレーニング 運動生理学からみた身体機能の維持・向上, pp.40-46, 2009-03
  • プロラクチン
    岡本 正洋; 征矢英昭
    ストレス科学事典, p.918, 2011-06
  • 成長ホルモン
    岡本 正洋; 征矢英昭
    ストレス科学事典, p.617, 2011-06
  • 海馬の神経新生と運動
    岡本 正洋; 征矢英昭
    ニュー運動生理学(I), pp.48-56, 2014-09
  • 運動はメンタルヘルスの増進に有効か?
    岡本 正洋; 小泉 光; 征矢英昭
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス, pp.154-155, 2017-04
  • どんな運動が記憶力を高めるために効果的なの?
    岡本 正洋; 征矢英昭
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス, pp.150-151, 2017-04
  • スローランニングは海馬を活性化させ、記憶力まで高める
    Soya Hideaki
    partner, pp.9-9, 2017-11
  • ハーバード大が証明!難病を退治する未知のホルモン「五大効能」
    Soya Hideaki
    Dr.週刊新潮~誤嚥性肺炎予防マニュアル, pp.72-72, 2017-12
  • フリフリグッパー体操を行うと脳が活性化し、認知機能に深く関わる海馬が成長。認知症の予防に効果大
    Soya Hideaki
    物忘れ・認知症を自力で食い止め、脳力をどんどん高めるコツがわかる本, pp.96-97, 2017-07
  • 運動生理学大事典 健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用
    田中喜代次; 西平 賀昭; Soya Hideaki; 大森肇
    運動生理学大事典, 2017-09
  • もっとなっとく使えるスポーツサイエンス
    Soya Hideaki; 本山貢; 石井好二郎
    2017-04
  • Exercise and cerebrovascular plasticity
    Nishijima T.; Torres-Aleman I.; Soya H.
    NEW HORIZONS IN NEUROVASCULAR COUPLING: A BRIDGE BETWEEN BRAIN CIRCULATION AND NEURAL PLASTICITY, ELSEVIER SCIENCE BV, pp.243-268, 2016
  • 内分泌機能の発達と加齢変化
    征矢 英昭
    からだの発達と加齢の科学, 大修館書店, pp.84-97, 2012-04
  • 「運動で健康」やわらかボールで脳と体を鍛えよう!
    征矢 英昭
    NHK テレビテキスト「きょうの健康」、2月号, NHK, 2013-02
  • 第3章 機能の発達と加齢変化 内分泌機能の発達と加齢変化
    征矢 英昭
    大修館書店, 2012-12
  • ランニングはストレス解消と脳の活性化に効果あり
    征矢 英昭
    戦略経営者, (株)TKC, pp.30-31, 2012-11
  • Brain glycogen decrease and central fatigue during prolonged exercise
    Matsui T; Soya Hideaki
    Physiology News, pp.19-22, 2012-04
  • 視床下部による成長ホルモン(GH)分泌の調節ーソマトスタチン前処置はGH分泌細胞のGH分泌促進因子に対する刺激応答を促進する,北関東医学,39:211-232, 1989
    征矢 英昭
    1989-03
  • 発育期における筋出力系トレーニングの適時性に関する研究,
    勝田 茂; 征矢英昭
    昭和58年度文部省科研費特定研究(1)研究成果報告書,課題番号581224037,, 1983-01
会議発表等
  • Light rhythmic exercise increases frontal gyrus blood flow of elderly
    Nemoto Kiyotaka; Naoki Oriuchi; Masashi Tamura; Takashi A...
    Alzheimer's Association International Conference 2018/2018-07-23--2018-07-23
  • Dopaminergic activity-dependent astrocytic glycogenolysis producing lactate in the exercising hippocampus
    Soya Hideaki
    第7回IIISシンポジウム〜睡眠の謎に挑む〜/2018-12-20--2018-12-20
  • Rapid stimulation of hippocampal memory circuit with acute mild exercise
    Suwabe Kazuya; Byun Kyeongho; Hyodo Kazuki; Reagh Zachari...
    第7回IIISシンポジウム〜睡眠の謎に挑む〜/2018-12-20--2018-12-20
  • Physiological role of brain glycogen in rats with prolonged exerciseinduced central fatigue:Usefulness of metabolomics study
    征矢 英昭
    9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies congress/2019-03-28--2019-03-31
  • Examination of the brain activity during non-magnetic ergometer pedaling exercise using fMRI:the effect of Motion artifacts
    Kato Morimasa; Suwabe Kazuya; Byun Kyeongho; Saotome Kous...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • A six weeks moderate exercise regimen is effective in ameliorating hippocampal spatial memory inpaerment in estrogen-depleted female rat through VEGF-eNOS axis
    Jesmin Subrina; Takahashi Kanako; Shima Takeru; Omura Kok...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Role of hippocampal neurogenesis in mild exercise effects: Establishment of neurogenesis ablation by X-ray irradiation
    Okamoto Masahiro; Koizumi Hikaru; Yook Jang Soo; Soya Hid...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Only 3 min SPARTS gymnastics intervention for elementary school children in Sukhbaatar district, Ulaanbaatar city: construction of supervise system for exercise intervention
    Fukuie Takemune; Kikuchi Akihito; Suwabe Kazuya; Takehara...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Electroencephalogram and electromyogram in sleep-wake phases and its developmental strategies in sports and neuroscience
    Xin Lei; Grenier Francois; Liu Yu-Fun; Soya Mariko; Soya ...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Effects of aging on the cerebrovascular function using a functional near-infrared spectroscopy
    Damrongthai Chorphaka; Byun Kyeongho; Fukuie Takemune; Ni...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • An early life’s mild-exercise habit attenuates the abnormal behavior in the schizophrenia:possible role of hippocampal BDNF’s effects
    Koizumi Hikaru; Okamoto Masahiro; Soya Hideaki
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Hippocampal glycogen loading inhancing pattern separation:Involvement of hippocampal neuroplasticity
    Soya Mariko; Lui Yu-Fan; Grenier Francois; Matsui Takashi...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Hippocampal leptin mediates benefits of mild exercise on neurogenesisi and memory:Enhancement by an antioxidant
    Yook Jang Soo; Rakwal Randeep; Shibato Junko; Takahashi K...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Influence of tryptophan-kynurenine metabolism on hypoxic-exercise induced cognitive fatigue
    Ochi Genta; Shirai Nanae; Toyoda Takuya; Nishitani Shinob...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Human brain activity during mild exercise using MRI-compatible ergometer:a research plan
    Suwabe Kazuya; Matsushita Akira; Saotome Kousaku; Kato Mo...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • The key foctor to induce the combined effect of exercise and high groove rhythm:focusing on the entrainment of musical beat and body movement
    Fukuie Takemune; Suwabe Kazuya; Ochi Genta; Hyodo Kazuki;...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Dynamicactibation profile of hypothalamic AVP and CRH neuronsduring running stress
    Takahashi Kanako; Koizumi Hikaru; Yakushiji Mana; Soya Hi...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • 軽運動で高める認知機能
    諏訪部 和也; 征矢 英昭
    第8回都医学研シンポジウム/2018-11-30
  • 低強度運動はストレスに対する海馬腹側部の遺伝子発現応答を高める
    岡本正洋; 征矢 英昭; McEwen BS; Milner TA
    第73回日本体力医学会大会/2018-09-07
  • Thiamine tetrahydrofurfuryldisulfide promotes voluntary locomotor activity through dopaminergic activation in the medial prefrontal cortex
    Saiki Masato; Soya Mariko; Matsui Takashi; Naruto Takehir...
    Society for Neuroscience2018/2018-11-03--2018-11-07
  • 低酸素下運動時の低酸素血症は認知疲労を招くか
    征矢 英昭; 越智元太
    第73回日本体力医学会/2018-09-06--2018-09-09
  • グルーヴ感のあるリズムに合わせた低強度運動が実行機能を高める効果の個人差:リズム認知能の影響
    福家 健宗; 諏訪部 和也; 河瀬 諭; 越智元太; 兵頭 和樹;...
    第73回日本体力医学会/2018-09-06--2018-09-09
  • フルスルチアミンは前頭前野D1受容体を介して自発運動を促進する
    征矢 英昭
    第73回日本体力医学会/2018-09-06--2018-09-09
  • Rapid stimulation of hippocampal memory circuit with acute mild exercise: A high-resolution fMRI study
    Kazuya Suwabe; Kyeongho Byun; Kazuki Hyodo; Zachariah M. ...
    第2回NIPS-ARIHHP共同ワークショップ ヒューマン・ハイ・パフォーマンスの実現を目指した次世代健康スポーツ科学と神経科学の融合・統合/2018-08-09--2018-08-10
  • Does grip strength associate with executive function in young adults?
    Ryuta Kuwaamizu; Shigeru Muramatsu; Kazuya Suwabe; 征矢 英昭
    第2回NIPS-ARIHHP共同ワークショップ ヒューマン・ハイ・パフォーマンスの実現を目指した次世代健康スポーツ科学と神経科学の融合・統合/2018-08-09--2018-08-10
知的財産権
  • 入浴による認知機能変化の評価方法
    岩瀬範和; 征矢英昭; 柳澤弘樹
  • 心理状態測定装置
    坂入洋右; 征矢英昭
  • 心理状態測定装置
    坂入洋右; 征矢英昭
  • 筋肉増強剤・筋肉減衰の予防・治療剤
    征矢英昭; 花井淑晃; 岩崎元明
  • エゾウコギ(学名 Acanthopanax senticosusharms)の抽出物を有効成分として含有する組成物
    征矢英昭; 藤川隆彦
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02課題解決研究II筑波大学
2019-04 -- 2019-08課題解決研究II筑波大学
2020-01 -- 2020-02指導者のためのスポーツ生化学筑波大学
2019-10 -- 2019-12スポーツ生化学実験筑波大学
2019-04 -- 2019-07健康体力学共通演習筑波大学
2019-04 -- 2019-06コンディショニングのスポーツ生化学筑波大学
2019-04 -- 2019-07スポーツ生化学特講筑波大学
2019-10 -- 2020-02健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
2019-04 -- 2019-08健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
2019-10 -- 2020-02健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
一般講演
  • ふりふりグッパー体操合同研修会
    征矢英昭
    利根町合同研修会/2010-03-23
  • 年をとっても楽しい体操(運動)で頭すっきり、からだしっかり
    征矢英昭
    高崎・安中地域リハビリテーション広域支援センター主催、第二回一般公開セミナー/2010-08-01
  • 軽運動で脳フィットネス
    征矢英昭
    京都府シルバー人材センター主催京都市/2010-07-01
  • 学力向上は少しの脳フィットネスから:楽しい食事と軽運動の重要性
    征矢英昭
    高知県安田町教育委員会主催講演会/2010-10-01
  • ウォーキングのメカニズム
    征矢英昭
    ウォーキング・リーダー講座 ・ すぎなみ地域大学/2011-10-01
  • フリフリグッパー体操
    征矢英昭
    第7回老人保健施設・通所リハ等職員のためのリハビリテーションセミナー/2010-06-01
  • 復興支援事業
    征矢 英昭
    復興支援事業/2012-10-30
  • 脳フィットネス‐歌って踊るフリフリグッパー‐
    征矢 英昭
    石岡市介護予防講演会/2012-07-20
  • 運動による前頭前野の活性化と可塑性:実行機能の神経基盤として
    征矢 英昭
    第97 回テクニカルフォーラム/2012-06-12
  • フリフリグッパーで認知症予防
    征矢 英昭
    平成23年度川越市介護予防福祉普及啓発事業/2012-01-21
  • 体育授業に生きる先端科学の知見とは
    征矢 英昭
    第5 回東海大学学校体育授業研修会/2012-03-27
  • 脳フィットネスに視点をあてた体力向上プログラム授業、児童の発達段階に即した体力向上プログラム研修
    征矢 英昭
    安田小学校校内研修会/2013-02-21
  • フリフリグッパー指導助言
    征矢 英昭
    利根フリフリグッパー交流会/2013-03-26
  • 運動で高める脳フィットネス、広い視野で考えるメンタルヘルス‐一次予防を中心に‐
    征矢 英昭
    第54回産業精神衛生研究会/2013-03-02
  • アスタキサンチンと海馬の可塑性、未開分野への新たな取り組み
    征矢 英昭
    AstaREAL Symposium 2013~アスタキサンチン未来鐘~/2013-02-23
  • 心とからだの健康を考える
    征矢 英昭
    都留市うぐいすホール/2012-10-06
  • 赤前エクササイズ指導
    征矢 英昭
    復興支援事業/2012-08-07
  • Influence of an Acute Incremental Exhaustive Exercise on Executive Function : A Study on the Duration of its Effectiveness
    Soya Hideaki
    The 17th Annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS)/2012-07-04
  • Brains and brawn: Potential effects of mild exercise
    征矢 英昭
    The 2nd BAMIS International Forum/2012-02-01
  • 招待講演 幼少期の軽運動がもつ体育的意義:脳への作用と抗ストレス効果の発現
    征矢 英昭
    日本体育学会第63回大会、学際的シンポジウム2:子どもを育てる運動・スポーツの現状と課題/2012-08-23--2012-08-23
  • 運動による前頭前野の活性化と可塑性:実行機能の神経基盤として
    征矢 英昭
    第97回テクニカルフォーラム/2012-06-12--2012-06-12
  • 特別講演「運動と脳機能」
    征矢 英昭
    第8回日本疲労学会/2012-06-03--2012-06-03
  • 教育講演Ⅲ 運動による認知機能の促進と臨床応用:前頭前野に関連した実行機能に及ぼす短期運動効果の検証と応用
    征矢 英昭
    第2回日本認知症予防学会学術集会/2012-09-08
  • ウォーキングリーダー講座
    征矢 英昭
    すぎなみ地域大学講座/2012-08-07--2012-08-07
  • 演題
    征矢 英昭
    ニューロウェルネス研究会/2012-11-08--2012-11-08
学協会等委員
-- (現在)日本体力医学会評議員, 将来構想委員
-- (現在)日本運動生理学会評議員
-- (現在)日本体育学会茨城支部理事
2004-04 -- (現在)つくば脳フィットネス研究会
学内管理運営業績
2010-04 -- (現在)研究戦略室委員
メッセージ
私どもは「脳フィットネス」(商標登録)という新しい概念をつくり、それに基づく仮説-検証を通じて、運動が脳に及ぼす影響と脳が運動パフォマンスを修飾する機構解明を目指している。誰しも日々の生活の中で種々のストレスを克服し快適な生活を送りたいと願うでしょう。私たちはこのような生活を可能にする、ストレスにも負けない、元気で前向きな人間でいられるような脳の状態を脳フィットネスと呼んでいます。 私たちは脳フィットネスを高める方法として身近な身体運動に着目しています。というのも、最近の心理・生理学的研究、ならびに脳科学研究では、運動も条件によっては脳を活性化し、感情を好転させ、自己効力感を高め、認知機能を改善しうることが示唆されているからです。このような効果は私たちのいう脳フィットネスに通ずる脳の状態です。運動の効果はカロリー消費だけではありません。一方、脳も筋と同様体の一部。疲れることもあるし、鍛えれば機能も高まるはず。 運動はどのように脳フィットネスを高めるのか?また、脳フィットネスを高める運動の条件はどんなものか?について詳細に明らかにしてゆくことは、運動の付加価値を高め、運動の生活化を促進することにつながるかもしれません。代替医療としても貢献し、我が国でも急増するうつ病、高齢化に伴う認知症などの対応策となることも期待されます。 メタボリックシンドロームに関連した代謝・内分泌・自律系の統合中枢、視床下部は、50-60%酸素摂取水準付近の強度で初めて活性化する一方、海馬など認知機能を担う部位では、歩行程度の軽運動で十分活性化する。メタボ適用の運動とはLT強度であるのに対し、認知機能改善には低強度の軽運動が良いかもしれません。軽運動には、単に、中~強度運動を薄めたモノとしての存在ではなく、潜在的に何か特異的な効果を有しているかもしれません。現在、動物を用いた脳のプロテオミクス解析で新規機能タンパクを探索中です(産総研ヒューマンストレスシグナリンググループとの共同研究)。

(最終更新日: 2019-06-14)