現在地

鍋倉 賢治(ナベクラ ヨシハル; Nabekura, Yoshiharu)

所属
体育系
職名
教授
URL
研究分野
環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
身体教育学
スポーツ科学
応用健康科学
研究キーワード
健康
体力
心拍数
正弦波負荷運動
マラソン
研究課題
長距離ランナーのエネルギー節約に関わる能力の評価2015 -- 2018鍋倉 賢治日本学術振興会/基盤研究(C)4,680,000円
健康・体力に関する研究 -- (現在)/
マラソンに関する研究 -- (現在)/
長時間運動中の循環動態に関する研究 -- (現在)/
中・長距離走におけるレース中の生理応答とパフォーマンスの関係2011 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)3,120,000円
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発  2004 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
長距離走のペース配分に関する基礎的研究(2)1996 -- (現在)日本学術振興会/奨励研究(A)1,000,000円
学歴
-- 1986筑波大学 体育専門学群 体力学卒業
-- 1991筑波大学 体育科学研究科 体育科学修了
取得学位
教育学博士
所属学協会
-- (現在)日本ウォーキング学会
-- (現在)日本運動生理学会
-- (現在)日本体育学会
-- (現在)日本体力医学会
論文
  • 400mスプリンターを対象と自転車運動による体力特性の有用性
    吉岡利貢; 前村 公彦; 井上洋佑; 宮下 憲; 鍋倉賢治
    陸上競技研究/77(2)/pp.10-16, 2009-06
  • 長距離ランナーにおける体幹および下肢筋群の形態的特性~400mスプリンターとの比較から~
    吉岡利貢; 前村 公彦; 谷川 聡; 向井直樹; 鍋倉賢治
    陸上競技研究/110(3)/pp.13-19, 2017-10
  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)投与がマラソン後の血清C反応性タンパク質濃度ならびに血漿グルタミン濃度に及ぼす効果
    石倉恵介; 小峰昇一; 羅成圭; 宮﨑照雄; 宮川俊平; 吉岡利貢;...
    ランニング学研究/29(2)/pp.157-165, 2018-03
  • 中長距離ランナーにおけるステップ変数と走の経済性の縦断的変化の関係
    丹治 史弥; 鍋倉 賢治
    体育学研究/63(2)/pp.583-594, 2018
  • マラソンレースが身体に及ぼす影響
    髙山 史徳; 鍋倉 賢治
    体力科学/67(4)/pp.269-279, 2018-07
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne, 2017-07
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne, 2017-07
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne, 2017-7
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne, 2017-07
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne, 2017-07
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects.
    Kaito Iwayama; Ryousuke Kawabuchi; Yoshiharu Nabekura; Re...
    PLoSOne/12(7)/p.e0180472, 2017
  • 市民ランナーにおけるマラソンシーズンの生理学的指標、パフォーマンスの回復ならびにトレーニング負荷と主観的体調との関係:事例研究
    鍋倉 賢治; 髙山 史徳、嶋津 航、青栁 篤
    体育学研究/63/pp.383-395, 2018-06
  • アミノバリューランニングクラブとランニングの普及
    鍋倉 賢治
    ランニング学研究/29/pp.215-218, 2018-03
  • トレーニングプログラムの作り方伝授
    鍋倉 賢治
    ランニングの世界/22/pp.92-101, 2017-04
  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取がマラソン後の血清C反応性タンパク質濃度ならびに血漿グルタミン濃度に及ぼす効果
    鍋倉 賢治; 石倉恵介、小峰昇一、羅成圭、宮崎照雄、宮川俊平...
    ランニング学研究/29/pp.157-165, 2018-03
  • 学生市民ランナーにおけるマラソンレース後の筋痛-トレーニング状況およびレースパフォーマンスとの関連性からの検討-
    鍋倉 賢治; 髙山史徳
    ランニング学研究/29/pp.133-141, 2018-03
  • 体育における持久走・長距離走に対する小中高生の態度
    鍋倉 賢治; 小磯透、西嶋尚彦、菅、岡出美則
    ランニング学研究/29/pp.9-26, 2017-11
  • ランニングクラブにおけるクラブ運営の現状と課題-全国展開するアミノバリューランニングクラブを対象として-
    鍋倉 賢治; 菅谷美沙都
    ランニング学研究/29/pp.27-37, 2017-11
  • Estimation of accumulated oxygen deficit from accumulated blood lactate concentration during supramaximal running in middle-distance runners
    Nabekura Yoshiharu; Tanji F Tsuji T Shimazu W
    J. Phys. Fit. Sports Med./6/pp.359-363, 2017-09
  • Relation between 800-m running performance and running economy during high-intensity running in well-trained middle-distance runners
    Nabekura Yoshiharu; Tanji F Tsuji T Shimazu W Enomoto Y
    J. Phys. Fit. Sports Med./6/pp.355-358, 2017-09
  • Relationship between 800-m Running Performance and Aerobic and Anaerobic Energy Metabolism Capacities in Well-Trained Middle-Distance Runners
    TANJI Fumiya; TSUJI Toshiki; SHIMAZU Wataru; NABEKURA Yos...
    International Journal of Sport and Health Science/16/pp.70-76, 2018
  • Relationship between Classic Physiological Variables and Running Performance in Recreational Runners
    Takayama Fuminori; Aoyagi Atsushi; Nabekura Yoshiharu
    International Journal of Sport and Health Science/16/pp.33-40, 2018
  • Estimation of accumulated oxygen deficit from accumulated blood lactate concentration during supramaximal running in middle-distance runners
    Tanji Fumiya; Tsuji Toshiki; Shimazu Wataru; Nabekura Yos...
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine/6(5)/pp.359-363, 2017
  • Relationship between 800-m running performance and running economy during high-intensity running in well-trained middle-distance runners
    Tanji Fumiya; Tsuji Toshiki; Shimazu Wataru; Enomoto Yasu...
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine/6(5)/pp.355-358, 2017
  • トレーニングプログラムの作り方伝授
    Nabekura Yoshiharu
    ランニングの世界/22/pp.92-101, 2017
著書
  • マラソンランナーへの道 -賢く走るための理論と実践-
    鍋倉 賢治
    大修館書店, 2018-02
  • ジョギング・LSDにはどのような効果があるのか?、持久力トレーニングには、LSDなどの他にどのようなものがあるのか?、朝練習は持久力改善に効果があるのか?、800mランナーには無酸素性の能力が必要なのか?、呼吸循環の基礎知識
    Nabekura Yoshiharu
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス, 講談社サイエンティフィク, p.10-11、12-14、15-16、17、168, 2017-04
  • マラソンの科学
    鍋倉賢治
    洋泉社MOOK, 2017
  • 身体機能の調節性-運動に対する応答を中心に-(共著)
    鍋倉賢治ほか; +鍋倉 賢治
    1997-01
  • 1時間走れればフルマラソンは完走できる
    鍋倉賢治
    学習研究社, 2007-11
  • ありそうでなかったマラソンの教科書
    鍋倉賢治
    ランナーズ, 2010-02
  • マラニックのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2010-03
  • 血中乳酸測定による有酸素-無酸素の変換期の評価
    鍋倉賢治(宮永豊監訳); +鍋倉 賢治
    西村書店, 2010-01
  • 楽しいランニングのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2011-04
  • ランニングリテラシー
    鍋倉賢治(ランニング学会編); +鍋倉 賢治
    大修館, 2011-08
  • フルマラソンのススメ
    鍋倉賢治(山西哲郎編); +鍋倉 賢治
    創文企画, 2012-04
会議発表等
  • 長時間運動中に起こる心周期分画の変動(第3報)
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 本間 幸子; 池上 晴夫
    日本体力医学会
  • 耳朶脈微分波による左室駆出時間の測定法に関する研究
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 山田 由紀子; 池上 晴夫
    日本体力医学会
  • 82.長時間運動中に起こる心周期分画の変動(第3報) : 生物科学I (呼吸・循環,代謝など)
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 権 五晟; 永井 純; 池上 晴夫
    日本体力医学会
  • 400m走における終盤の速度逓減に及ぼす無酸素性能力の影響
    吉岡利貢; 前村 公彦; 中垣浩平; 高松 薫; 鍋倉賢治
    第61回日本体力医学会大会/2006-09
  • 有酸素性および無酸素性能力からみた400m競技者の体力特性 ―個人差を考慮したトレーニングプログラムの構築に向け―
    前村 公彦; 吉岡利貢; 鍋倉賢治; 宮下 憲
    日本体育学会第60回大会/2009-08
  • 新時代を先導する体育・スポーツにおける実践的研究の構築に向けて
    中川昭; 松尾彰文; 松村勲; 高井洋平; 鍋倉賢治
    高度大学体育スポーツ指導者養成共同学位プログラムシンポジウム/2015-02-09
  • 魅力あるマラソン大会の創出「つくばマラソンの挑戦」
    鍋倉 賢治
    第30回ランニング学会/2018-04-01
  • 高強度+持続走のトレーニング効果~「ガチユル走」のトレーニング事例~
    鍋倉 賢治; 丹治史弥、嶋津航、髙山史徳、辻俊樹、三津家貴也
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 市民ランナーのトレーニング強度とフルマラソンの自己ベスト達成率との関係性
    鍋倉 賢治; 中村和照
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • レーススピードがマラソンレース後の膝関節伸展と足関節底屈の最大筋力に及ぼす影響
    鍋倉 賢治; 髙山 史徳 青栁 篤、高橋 啓悟
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 異なる走速度における走の経済性の評価に関する検討
    鍋倉 賢治; 青栁 篤、高橋 啓悟、髙山 史徳
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 走の経済性に関与する要因の包括的検討 -解剖学、心理学、生理学およびバイオメカニクス要因に着目-
    鍋倉 賢治; 高橋 啓悟、青栁 篤、髙山 史徳
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 中長距離ランナーの有酸素性能力と無酸素性能力を同時に評価する方法の検討
    鍋倉 賢治; 三津家 貴也; 辻 俊樹、
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 多段階漸増負荷テストにおける生理学的変数の再現性の検討
    鍋倉 賢治; 辻 俊樹、三津家 貴也、伊藤 明子、伊奈 真由実
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 実際のレースにおける単独ランニングに対するトライアスロンランニングのパフォーマンス低下
    鍋倉 賢治; 高橋 啓悟、青栁 篤
    第7回JTUトライアスロン研究会/2018-01-28
  • トライアスロン競技のラン種目におけるペース戦略の検討
    鍋倉 賢治; 青栁 篤、高橋 啓悟
    第7回JTUトライアスロン研究会/2018-01-28
  • 持久系ランナーにおける高強度運動時の呼気ガス動態
    鍋倉 賢治; 丹治史弥
    第72回日本体力医学会/2017-09-16
  • 早朝絶食時の漸増負荷走運動中の脂質酸化の特徴
    鍋倉 賢治; 丹治史弥、高山 史徳、高橋 啓悟、青栁 篤、嶋津 ...
    第72回日本体力医学会/2017-09-16
  • フルマラソン後半の速度低下率と血清筋損傷マーカーの関係
    鍋倉 賢治; 石倉 恵介、朝田 翔太、本間 花穂、時野谷 勝幸、...
    第25回日本運動生理学会/2017-07-29
  • The challenge to marathon for the novice runner
    Nabekura Yoshiharu
    Chombueng Marathon/2018-01-20--2018-01-20
  • Influence of exercise intensity during bike event in triathlon on subsequent run event performance
    Nabekura Yoshiharu; Aoyagi A Takahashi K Ishikura K
    Sci. & Triathlon World Conf.2017/2017-12-05--2017-12-08
  • A location data measurement of athletes during triathlon using a GPS watch attached to the back
    Nabekura Yoshiharu; Takahashi K Aoyagi A Ishikura K
    Sci. & Triathlon World Conf.2017/2017-12-05--2017-12-08
  • Relationship between performance and vertical stiffness in triathlon running during a competition
    Nabekura Yoshiharu; K Takahashi
    35th International Conference on Biomechanics in Sports/2017-06-14--2017-06-18
  • 運動タイミングが生体リズムと時計遺伝子発現に及ぼす影響
    田中喜晃; 緒方ひとみ; 萱場桃子; 岩山海渡; 矢島克彦; 安藤...
    日本栄養食糧学会大会(第72回)/2018-05-11--2018-05-13
  • 女子中長距離選手における年間のトレーニング負荷とコンディションの変化
    大森由香子; 番場愛; 関慶太郎; 征矢英昭; 鍋倉 賢治; 榎本靖士
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02大学体育授業演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学体育授業演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学体育授業演習III筑波大学
2018-04 -- 2018-08大学体育授業演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08大学体育授業演習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08大学体育授業演習III筑波大学
2018-10 -- 2018-12ヘルスフィットネス橋渡し研究概論筑波大学
2018-10 -- 2019-02体力学演習II筑波大学
2018-10 -- 2018-12体力学筑波大学
2018-04 -- 2018-08体力学演習II筑波大学
学協会等委員
2010 -- (現在)日本ノルディックウォーキング協会理事
1998 -- (現在)日本体力医学会評議員

(最終更新日: 2018-09-25)