現在地

鍋倉 賢治(ナベクラ ヨシハル; Nabekura, Yoshiharu)

所属
体育系
職名
教授
URL
研究分野
環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
身体教育学
スポーツ科学
応用健康科学
研究キーワード
健康
体力
心拍数
正弦波負荷運動
マラソン
研究課題
筋力トレーニングと持久性トレーニングの組み合わせによる新しい持久性トレーニング方法の開発~血中ホルモンと脂質酸化に着目して~2020-06 -- 2021-03筑波大学ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター/280,000円
トライアスロンにおける適正ペースの探索的研究2019-04 -- 2020-03鍋倉賢治筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター/240,000円
マラソントレーニングにおける「高強度+持続走(ガチユル走)トレーニング」の効果2019 -- 2023鍋倉 賢治日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
長距離ランナーのエネルギー節約に関わる能力の評価2015 -- 2018鍋倉 賢治日本学術振興会/基盤研究(C)4,680,000円
健康・体力に関する研究 -- (現在)/
マラソンに関する研究 -- (現在)/
長時間運動中の循環動態に関する研究 -- (現在)/
中・長距離走におけるレース中の生理応答とパフォーマンスの関係2011 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)3,120,000円
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発  2004 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
学歴
-- 1986筑波大学 体育専門学群 体力学卒業
-- 1991筑波大学 体育科学研究科 体育科学修了
取得学位
教育学博士
所属学協会
1999 -- (現在)ランニング学会
-- (現在)日本ウォーキング学会
1992 -- (現在)日本運動生理学会
1986 -- (現在)日本体育学会
1986 -- (現在)日本体力医学会
受賞
2020-02-02研究奨励賞
2020-02-02研究奨励賞
2019-03-16平成30年度ランニング学会賞
2013-03第25回ランニング学会大会優秀発表賞
2012-03第24回ランニング学会大会優秀発表賞
2010-03第22回ランニング学会大会優秀発表賞
2009-03第21回ランニング学会大会優秀発表賞
2008-03第20回ランニング学会大会優秀発表賞
2007-03第19回ランニング学会大会優秀発表賞
2017-03-20平成28年度ランニング学会奨励賞
2018-04-01第30回ランニング学会大会優秀発表賞
2018-04-01平成29年度ランニング学会奨励賞
論文
著書
  • 長く走れるようになるには?、エアロビクスはNASAが開発した?、マラソンランナーってすごい!
    鍋倉 賢治
    スポーツが得意な子に育つ楽しいお話し365, 誠文堂新光社, 2019-02
  • 大学での体育教育を対象とした実践研究
    鍋倉 賢治
    体育・スポーツ分野における実践研究の考え方と論文の書き方, 市村出版, pp.161-172, 2018-11
  • 続・マラソンランナーへの道 -より速くスマートに走り続けるため-
    鍋倉 賢治
    大修館書店, 2018-11
  • マラソンランナーへの道 -賢く走るための理論と実践-
    鍋倉 賢治
    大修館書店, 2018-02
  • ジョギング・LSDにはどのような効果があるのか?、持久力トレーニングには、LSDなどの他にどのようなものがあるのか?、朝練習は持久力改善に効果があるのか?、800mランナーには無酸素性の能力が必要なのか?、呼吸循環の基礎知識
    Nabekura Yoshiharu
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス, 講談社サイエンティフィク, p.10-11、12-14、15-16、17、168, 2017-04
  • マラソンの科学
    鍋倉賢治
    洋泉社MOOK, 2017
  • 身体機能の調節性-運動に対する応答を中心に-(共著)
    鍋倉賢治ほか; +鍋倉 賢治
    1997-01
  • 1時間走れればフルマラソンは完走できる
    鍋倉賢治
    学習研究社, 2007-11
  • ありそうでなかったマラソンの教科書
    鍋倉賢治
    ランナーズ, 2010-02
  • マラニックのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2010-03
  • 血中乳酸測定による有酸素-無酸素の変換期の評価
    鍋倉賢治(宮永豊監訳); +鍋倉 賢治
    西村書店, 2010-01
  • 楽しいランニングのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2011-04
  • ランニングリテラシー
    鍋倉賢治(ランニング学会編); +鍋倉 賢治
    大修館, 2011-08
  • フルマラソンのススメ
    鍋倉賢治(山西哲郎編); +鍋倉 賢治
    創文企画, 2012-04
会議発表等
  • 市民ランナーにおけるマラソンペースの実態~ランナーの背景に着目して~
    大木祥太; 岡安雄亮; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • ウェアラブルデバイスによって得られるステップ変数の信頼性:ハイスピードビデオ分析と比較して
    青栁篤; 大木祥太; 髙山史徳; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • フルマラソン2週間前の10分間下り坂走がレースタイムと回復に及ぼす影響
    髙山史徳; 青栁篤; 三津家貴也; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • 市民ランナーにおけるマラソンペースの実態~つくばマラソンのビックデータ分析~
    鍋倉 賢治; 岡安雄亮; 大木祥太; 高橋啓悟; 青栁篤; 三津家貴...
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • 中距離ランナーのエネルギー代謝能力と走パフォーマンスとの関係
    三津家貴也; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • Suboptimal pacing strategy of triathlon running: Observational study focused on Olympic-distance race
    Atsushi Aoyagi; Keigo Takahashi; Keisuke Ishikura; Yoshih...
    ARIHHP Science week 2020/2020-02-17
  • 女性中長距離ランナーの走パフォーマンス向上に求められる能力の検討
    丹治史弥; 鍋倉 賢治
    日本陸上競技学会 第18回大会/2019-12-07
  • 自重で行う股関節伸展位の最大速度ハーフスクワットトレーニングが陸上競技選手のRFDに及ぼす影響
    大木祥太; 高橋啓悟; 鍋倉 賢治
    第70回日本体育学会/2019-09-11
  • トライアスロン選手は自転車選手よりも自転車運動後の下肢におけるSSC遂行機能低下が小さいのか
    高橋啓悟; 鍋倉 賢治
    第70回日本体育学会/2019-09-11
  • トライアスロンにおける適正ペースの探索的研究
    青栁篤; 石倉惠介; 鍋倉 賢治
    ヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム2020/2020-02-17
  • ノンドラフティング・オリンピックディスタンストライアスロンの相対的運動強度 -総合タイムをもとにした群間比較-
    青栁篤; 石倉惠介; 鍋倉 賢治
    第9回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2020-02-02
  • 自転車運動そのものがSSC機能を低下させるか
    高橋啓悟; 鍋倉 賢治
    第9回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2020-02-02
  • リアルタイム気象情報を活用した屋外スポーツ大会等の安全運営支援~つくばマラソンにおける実証実験~
    宮島亜希子; 横山仁; 岩波越; 鈴木真一; 鍋倉 賢治
    日本気象学会2019年秋季大会/2019-10-30
  • トライアスロンの運動強度 -オリンピックディスタンスレースを対象として-
    青栁篤; 高橋啓悟; 石倉惠介; 鍋倉 賢治
    第74回日本体力医学会大会/2019-09-19--2019-09-21
  • フルマラソン時の歩調変化と筋損傷、速度低下の関係
    石倉惠介; 時野谷勝幸; 吉田保子; 関根七海; 小﨑恵生; 隈元...
    第74回日本体力医学会大会/2019-09-19--2019-09-21
  • 若年男性におけるフルマラソンが尿中L-FABPに与える影響
    隈元翔太; 小﨑恵生; 時野谷勝幸; 菅谷健; 石倉惠介; 鍋倉 賢...
    第74回日本体力医学会大会/2019-09-19--2019-09-21
  • フルマラソン前後の尿Cell-free DNA中のミトコンドリアDNA量の変化
    宍倉康浩; 時野谷勝幸; 吉田保子; 関根七海; 菅澤威仁; 石倉...
    第74回日本体力医学会大会/2019-09-19--2019-09-21
  • 運動中の認知的負荷の増大が持久性パフォーマンスに及ぼす影響
    白井祐介; 高橋; 青栁; 中村; 鍋倉 賢治
    第26回バイオメカニズム・シンポジウムin八ヶ岳/2019-07-05
  • フィットネスプログラムの実際-ウォーキング・ジョギング-
    鍋倉 賢治
    公認スポーツプログラマー養成講習会/2019-09-11
  • 大学卒業生追跡研究の現状と未来~体力科学の未来を築くエビデンスの発信~(指定発言)
    鍋倉 賢治
    第74回日本体力医学会大会/2019-09-20
  • Exercise modifies mathematical properties of δ-power: the envelope analysis
    I Park; J Diaz; S Matsumoto; Kaito Iwayama; Yoshiharu Nab...
    World Sleep 2019/2019-09
  • Stiffness adjustment to maintain running speed during Marathon
    Yasushi Enomoto; T Aibara; Yoshiharu Nabekura
    ISB 2019/2019-08
  • Relationship between decreased stretch-shortening cycle performance after cycling and stretch reflex of triceps surae muscle
    Keigo Takahashi; Shirai Yosuke; Nabekura Yoshiharu
    24rd annual congress of ECSS/2019-07
  • Relationship between running performance and energy metabolic capacities in middle-distance runners
    Mitsuka Takaya; Nabekura Yoshiharu
    24rd annual congress of ECSS/2019-07
  • Pacing strategy determinants during a run leg of simulated Olympic-distance triathlon: Relationship between pacing index and classic physiological variables
    Atsushi Aoyagi; Keigo Takahashi; Nabekura Yoshiharu
    24rd annual congress of ECSS/2019-07
担当授業科目
2020-08 -- 2020-09体力学実習筑波大学
2020-10 -- 2021-02体力学実習筑波大学
2020-10 -- 2020-12大学院体育IVa筑波大学
2020-04 -- 2020-07大学院体育IVa筑波大学
2020-04 -- 2020-08大学体育授業演習I筑波大学
2020-10 -- 2020-12つくばマラソン中級(秋)筑波大学
2020-05 -- 2020-07つくばマラソン中級(春)筑波大学
2020-04 -- 2020-08大学体育授業演習II筑波大学
2020-10 -- 2021-02健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
2020-04 -- 2020-08健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2019 -- (現在)公認スポーツプログラマー養成講習会公益財団法人日本体育施設協会
2008 -- (現在)つくばマラソンカンファレンスつくばマラソン大会
2010 -- (現在)つくばマラソン練習会つくばマラソン大会
2016 -- (現在)つくば市スポーツ教室 初めてのジョギングつくば市
2012 -- (現在)つくば市スポーツ教室 トレイルランニングつくば市
学協会等委員
2019 -- (現在)ランニング学会副会長
2010 -- (現在)日本ノルディックウォーキング協会理事
2011 -- 2018ランニング学会副理事長
1998 -- (現在)日本体力医学会評議員
2007-04 -- 2009-03日本陸上競技連盟一般普及委員
1998 -- (現在)つくばマラソン大会組織委員会実行委員
学内管理運営業績
2019 -- (現在)体育センターセンター長補佐

(最終更新日: 2020-08-21)