KIGOSHI Kiyonobu

Affiliation
Institute of Health and Sport Sciences
Official title
Associate Professor
Email
+@><DH=>a@>NDCD7Ja<CXgcJaIHJ@J76a68a?En
Research fields
Sports science
Research keywords
陸上競技
教材
技術
体力
トレーニング
Research projects
小学生における短距離走動作発達・指導モデルの構築2019 -- 2021木越 清信Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,420,000Yen
観察的動作評価法を用いた短距離走における「見れる化」に関する研究2014 -- 2016木越 清信Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,160,000Yen
陸上競技の体力論および技術論 -- (current)/
中高大学生を対象とした疾走速度を高めるための疾走動作に関する縦断的・横断的研究2010 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)
走幅跳の技能習得を目指した下位教材の開発2005 -- 2006Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)
Career history
2004-04 -- 2012-05愛知教育大学教育学部
2012-06 -- (current)筑波大学体育系
Academic background
1995-04 -- 1999-03University of Tsukuba School of Health and Physical Education
1999-04 -- 2001-03University of Tsukuba Graduate School, Division of Physical Education
2001-04 -- 2005-03University of Tsukuba Graduate School, Division of Physical Fitness and Science
Degree
2005-03Ph. D.University of Tsukuba
Academic societies
-- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
-- (current)JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS
Articles
Books
  • 運動開始時の構えが運動中の筋出力に及ぼす影響
    木越 清信
    2005-03
Conference, etc.
  • 助走つき跳躍における跳躍高獲得を制限する要因の事例的検討
    杉浦 澄美; 石川綾将; 福地修也; 木越 清信
    第22回日本陸上競技学会大会/2024/02/22--2024/02/23
  • 「つっぱり論争」とは何だったのか?:陸上競技跳躍種目における踏切技術論の脱構築にむけて
    杉浦 澄美; 大林太朗; 木越 清信
    日本コーチング学会 第35回学会大会/2024/03/02--2024/03/03
  • 日本における走高跳の踏切技術論の変遷に関する一考察
    杉浦 澄美; 大林太朗; 木越 清信
    日本体育・スポーツ・健康学会第73回大会/2023/08/31--2023/09/01
  • 走高跳の踏切における「バー方向への倒れ込み」動作の検討-女子走高跳競技者1名の事例をもとに-
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本陸上競技学会 第20回大会/2022-02-23--2022-02-23
  • 走高跳競技者の特異的な跳躍能力の評価法の提案
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本陸上競技学会 第19回大会/2021-02-23--2021-02-23
  • 日本における背面跳の技術指導の変遷に関する一考察
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本コーチング学会 第33回学会大会/2022-03-01--2022-03-02
  • 棒高跳におけるポール湾曲のメカニズム
    景行 崇文; 松林 武生; 大山 卞 圭悟; 木越 清信
    日本体育学会第70回大会/2019-09
  • Relationships between motion of the shoulder joint and the maximal height of vaulters’ centre of gravity.
    Kageyuki Takafumi; Matsubayashi Takeo; Ohyama-Byun Keigo...
    37th International Conference on Biomechanics in Sports/2019-07
  • リバウンドジャンプからみた走高跳および走幅跳選手のパフォーマンス変数と下肢関節力学量の特性
    図子 あまね; 苅山 靖; 吉田 拓矢; 図子 浩太佑; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第70回大会
  • MCT-jump testにおけるばね的特性の力学的特徴
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 木越清信
    日本体育学会第70回大会/2019-08
  • differences of lower limbmuscle strength and power in high jumper and long jumper use rebound jump test
    Zushi Amane; Kariyama Yasushi; Yoshida Takuya; Zushi Kod...
    24th annual Congress of the European College SPORT SCIENCE/2019-7
  • Longitudinal changes in the early and late rate of force development during competition season for jumpers
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Tak...
    24th annual Congress of the European College SPORT SCIENCE/2019-7
  • 国内男子競歩競技者における足部アーチ高率に関する報告
    景行崇文; 松林武生; 大山 卞 圭悟; 木越清信
    日本陸上競技学会第17回大会/2018-11
  • ポール支持中における棒高跳競技者の身体各部の動き-競技レベルが異なる2名を比較して-
    景行崇文; 松林武生; 大山 卞 圭悟; 木越清信
    日本陸上競技学会第17回大会/2018-11
  • Behavior of the pole in pole vault
    Kageyuki K; Matsubayashi T; Ohyama Byun Keigo; Kigoshi K
    36th International Conference on Biomechanics in Sports/2018-09
  • ジャンプ運動によって評価されたばね特性とスプリント走の疾走動作との関係
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 前田 奎; 尾縣 貢; 木越清信
    日本体育学会第69回大会/2018-09
  • 男子スプリンターにおけるトレーニング経過に伴う疾走動作の変動
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 藤井宏明; 山元康平; 木越清信
    スプリント学会第25回大会/2014-11
  • 大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 山元康平; 関慶太郎; 木越清信
    日本陸上競技学会第14回大会/2015-11
  • 下肢における大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 関 慶太郎; 前田 奎; 広瀬健一; 尾縣 貢
    日本体育学会第67回大会/2016-08
  • ジャンプ運動における各種スポーツ種目の特性の検討〜スプリント走に着目して〜
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 木越清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第68回大会/2017-08
  • 十種競技者における円盤投の技術的課題−円盤投競技者と比較して−
    岡室憲明; 前田 奎; 大山 卞 圭悟; 松林武生; 山本大輔; 木越清信
    日本陸上競技学会第16回大会/2017-12-16--2017-12-17
  • Chacteristics of strength and power for the rate of force devewlopment during leg extension
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Tak...
    36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports/2018-9
  • リバウンドジャンプにおけるパフォーマンス変数および下肢関節力学量の縦断的変化とその対応関係
    図子 あまね; 図子 浩太佑; 吉田 拓矢; 苅山 靖; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第69回大会/2018-8
  • 力の立ち上がり率からみた筋力・パワー発揮のアセスメント
    図子 浩太佑; 苅山 靖; 図子 あまね; 吉田 拓矢; 高橋 和孝; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第69回大会/2018-8
  • 短距離競技者における高いパフォーマンスを獲得するために必要とされる力・パワー発揮能力−ジャンプ運動に着目して−
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 前田 奎; 広瀬健一; 戸邉直人; 尾縣 貢
    日本陸上競技学会第15回大会/2016-11
Teaching
2023-10 -- 2023-12Basic Physical Education Track and FieldUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Coaching Science Research Method IIIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Coaching Science Research Method IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar in Track and Field Coaching IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar of Coaching by Categories of Sport IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06Seminar and Practice in Track and Field Coaching IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar and Practice in Track and Field Coaching IUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06Basic Physical Education Track and FieldUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar in Track and Field Coaching IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar of Coaching by Categories of Sport IIIUniversity of Tsukuba.
more...
Professional activities
2014-04 -- (current)JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS事務局
2016-10 -- (current)公益財団法人日本陸上競技連盟強化委員会コーディネーター
2009-04 -- 2012-11公益財団法人日本陸上競技連盟強化委員会ジュニア育成部会幹事
University Management
2016-03 -- (current)体育専門学群情報化推進委員会
2017-03 -- (current)体育専門学群調査書委員会
-- (current)コーチング学専攻入試実施委員
2017-03 -- (current)体育専門学群学生担当教員
2015-03 -- (current)体育学専攻入試実施委員会ワーキンググループ員
Message
 陸上競技の競技力向上のために必要な知見を得ることを目的として研究活動を行っています。現在は、短距離走における疾走速度を高めるための技術について興味を持って研究しています。  また、陸上競技の教材化についても研究を行っていて、効果的な練習方法などについて研究をしています。

(Last updated: 2024-05-16)