現在地

豊福 雅典(トヨフク マサノリ; Toyofuku, Masanori)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
研究キーワード
微生物間相互作用
バイオフィルム
メンブランベシクル
研究課題
内在性ファージが司る細菌の細胞分化2019 -- 2021豊福 雅典日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,500,000円
細菌の膜小胞を介した物質受け渡し機構の解明2019 -- 2022豊福 雅典日本学術振興会/基盤研究(B)17,160,000円
"細菌から探る, コミュニケーションの地理的な系統と推移"2016 -- 2018豊福 雅典日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,770,000円
メンブランベシクルによって放出される細胞外RNAを紐解く2016 -- 2018豊福 雅典日本学術振興会/若手研究(A)24,050,000円
職歴
2018-04 -- (現在)JST ERATO 研究総括補佐
2015-09 -- 2017-09日本学術振興会 海外特別研究員
2015-09 -- 2017-09チューリッヒ大学  客員研究員
2011-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系
2010-04 -- 2011-03チューリッヒ大学 上原記念生命科学財団 海外ポストドクトラルフェロー
2008-04 -- 2010-03日本学術振興会 特別研究員
取得学位
2009-03農学筑波大学
所属学協会
2014-02 -- (現在)環境バイオテクノロジー学会
2012-10 -- (現在)日本生物工学会
2012-09 -- (現在)日本微生物生態学会
2003-12 -- (現在)日本農芸化学会
受賞
2018-05日本防菌防黴学会誌 2017年度 論文賞日本防菌防黴学会誌に投稿された論文のうち優れた論文に与えられる
2019-09第18回オレオサイエンス賞オレオサインスに投稿された論文のうち優れた総説に与えられる
2018-03農芸化学奨励賞低分子化合物及び膜小胞を介した細菌間相互作用に関する研究
2014-10環境バイオテクノロジー学会 奨励賞環境バイオテクノロジー分野において優れた原著論文・著書を発表し将来の活躍が期待される満40 歳未満でかつ本学会誌における査読付掲載論文(総説を含む)を有する会員。
論文
著書
  • 細菌が放出する細胞外膜小胞
    豊福 雅典
    現代コロイド界面化学の基礎, 丸善出版, 2018-04
  • Bacterial interactions
    Toyofuku Masanori
    Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Sciences, 2016-10
  • クオラムセンシング
    豊福 雅典
    食と微生物の辞典, 2017-07
  • Anaerobic life of Pseudomonas aeruginosa
    Toyofuku Masanori
    Pseudomonas Vol. 7, Springer, 2015-01
  • 微生物のコミュニケーション
    豊福 雅典
    環境と微生物の辞典, 朝倉書店, 2014-07
  • Biofilm as a multicellular bacterial system
    豊福 雅典
    Biodegradative Bacteira, 2013-11
  • 微生物もコミュニケーションしているってほんと?
    豊福雅典; 野村暢彦
    ひらく、ひらく「バイオの世界」―14歳からの生物工学入門―・化学同人, 2012
会議発表等
  • 産業利用糸状菌における細胞外膜小胞の発見
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢...
    2020年度日本農芸化学会大会/2020-03-26
  • Characterization of extracellular membrane vesicle in liquid culture of Magnaporthe oryzae and Aspergillus oryzae
    Urayama Syun-ichi; Iwahashi Yuka; Masuo Shunsuke; Kanemat...
    Asperfest17/2020-02-16
  • Characterization of extracellular membrane vesicle in liquid culture of Magnaporthe oryzae and Aspergillus oryzae
    Urayama Syun-ichi; Iwahashi Yuka; Masuo Shunsuke; Kanemat...
    15th European Conference on Fungal Genetics/2020-02-17
  • Aspergillus属菌における細胞外幕小胞の探索
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢...
    第19回糸状菌分子生物学コンファレンス/2019-11-06
  • イネいもち病菌における細胞外膜小胞の探索と性状解析
    浦山俊一; 岩橋由佳; 桝尾俊介; 兼松周作; 森山裕充; 高谷直...
    第19回糸状菌分子生物学コンファレンス/2019-11-06
  • ベシクルを介した細菌の化学コミュニケーション
    豊福 雅典
    第14回化学生態研究会/2019-06-28--2019-06-29
  • バクテリアが放出する膜小胞の利用に向けて
    豊福 雅典
    放線菌学会学術講演会/2019-03-14--2019-03-14
  • 脱窒研究から見出された新たなMV形成機構
    豊福 雅典
    2019窒素放談会/2019-01-11--2019-01-11
  • 細菌のメンブレンベシクルの多様性と機能
    豊福 雅典
    第53回緑膿菌感染症研究会/2019-03-08--2019-03-08
  • 膜小胞を介した細菌間の情報伝達
    豊福 雅典
    化学コミュニケーションのフロンティア第2回若手シンポジウム/2019-01-10--2019-01-10
  • 細菌のメンブレンベシクル形成機構にまつわるドグマへの挑戦
    豊福 雅典
    第28回植物細菌病談話会/2018-08-23
  • Membrane vesicle formation through cell death
    豊福 雅典
    理化学研究所セミナー/2018-07-17
  • Challenging the dogma of bacterial membrane vesicle formation
    豊福 雅典
    10th Asian Symposium on Microbial Ecology/2018-07-12--2018-07-13
  • メンブレンベシクルからみえてきた細菌の多様な情報戦略
    豊福 雅典
    第32回日本微生物生態学会/2018-07-12--2018-07-13
  • 凝集体内での細菌局在の制御による効果的な窒素除去制御
    高橋 晃平; 小川 和義; 豊福 雅典; UTADA ANDREW SHINICHI
    第53回日本水環境学会年会/2019-03-07--2019-03-09
  • 微生物相互作用を制御しうるMV生産機構の解析
    安田まり奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 環境に存在するメンブレンベシクルの解析
    鬼澤里奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    日本農芸化学会2018年度大会
  • Paracoccus denitrificansにおけるプロファージ遺伝子を介したMV生産機構の解析
    安田まり奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会
  • バイオフィルム構造体における自然突然変異株出現の可視化解析
    伊澤徹; 豊福雅典; 清川達則; 楊佳約; 尾花 望; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会
  • 緑膿菌のコミュニケーション能力は生息環境によって異なる
    須澤由紀; 遠矢正城; 豊福雅典; 尾花 望; 小暮一啓; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会/2017-09-28--2017-09-29
  • 微生物社会を視る観察技術
    尾花 望; 豊福雅典; 別役重之; Andrew S. Utada; 野村暢彦
    環境微生物系合同大会2017/2017-08-29--2017-08-31
  • 緑膿菌バイオフィルムにおける自然突然変異株出現の可視化
    伊澤徹; 豊福雅典; 清川達則; 楊佳約; 尾花 望; 野村暢彦
    第11回細菌学若手コロッセウム/2017-08-02--2017-08-04
  • 緑膿菌環境単離株における Quorum sensing システムの多様性
    須澤由紀; 遠矢正城; 豊福雅典; 尾花 望; 小暮一啓; 野村暢彦
    第11回細菌学若手コロッセウム/2017-08-02--2017-08-04
  • Paracoccus denitrificansは集団を認識することで集団化を回避する
    K. Morinaga; M. Toyofuku; A. S. Utada; N. Obana; N. Nomura
    第11回 細菌学若手コロッセウム/2017-08-02--2017-08-04
  • Paracoccus denitrificansは集団を認識することで集団化を回避する
    K. Morinaga; M. Toyofuku; UTADA ANDREW SHINICHI; N. Obana...
    第11回 細菌学若手コロッセウム/2017-08-02--2017-08-04
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02微生物機能利用学講究III筑波大学
2019-04 -- 2019-08微生物機能利用学講究III筑波大学
2019-04 -- 2019-08環境科学セミナー1S筑波大学
2019-04 -- 2019-07環境科学実習筑波大学
2019-04 -- 2019-07微生物学I筑波大学
2019-04 -- 2019-08微生物機能利用学特別研究II筑波大学
2019-10 -- 2020-02微生物機能利用学特別研究II筑波大学
2019-10 -- 2020-02Seminar in Environmental Sciences 2F筑波大学
2019-10 -- 2020-02環境科学セミナー2F筑波大学
2019-10 -- 2020-02微生物機能利用学講究I筑波大学
学協会等委員
2019-07 -- 2020-11欧州分子生物学機構 (EMBO) 細菌由来メンブレンヴェシクル ワークショップ組織委員、2020年大会実行委員長
2019-06 -- (現在)文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター専門調査委員
2017-08 -- (現在)日本微生物生態学会会長補佐・国際担当
2016-04 -- (現在)環境バイオテクノロジー学会企画委員
2018-06 -- 2018-06環境バイオテクノロジー学会2018年度大会実行委員
学内管理運営業績
2019-04 -- (現在)筑波大学出版会 運営委員
2018-10 -- (現在)微生物サステイナビリティ研究センター 運営委員

(最終更新日: 2020-01-09)