現在地

斎藤 環(サイトウ タマキ; Saito, Tamaki)

face
所属
医学医療系
職名
教授
性別
男性
生年月
1961-09
URL
eメール
 
研究室
社会精神保健学分野
電話
0298-53-3099
研究キーワード
ひきこもり、不登校、家庭内暴力、PTSD、気分障害、精神分析、病跡学
職歴
2013-04 -- (現在)筑波大学 社会精神保健学 教授
学歴
1986-04 -- 1990-03筑波大学 環境生態学
取得学位
1990-03医学博士筑波大学
免許資格等
2009-10日本精神神経学会精神科専門医
所属学協会
1991-04 -- (現在)日本病跡学会
1987-04 -- (現在)日本思春期学会
2011-04 -- (現在)日本芸術療法学会
1999-04 -- (現在)日本精神病理・精神療法学会
1991-04 -- (現在)日本精神神経学会
受賞
2010-04日本病跡学会賞『関係の化学としての文学』新潮社,2009
論文
  • 自己イメージの歴史的変遷について (特集 自己(1))
    斎藤 環
    Fashion talks... : the journal of the Kyoto Costume Institute : 服飾研究/9/pp.14-21, 2019
  • 家族療法の教育と普及のこれから オープンダイアローグの視点から (第35回一般社団法人家族療法学会 ぐんま大会アーカイブ) -- (大会企画 家族療法の教育と普及のこれから : 新たなる地平をめざして)
    斎藤 環
    家族療法研究 = Japanese journal of family therapy/36(1)/pp.72-74, 2019
  • 対話で人は「変わる」のか (特集 変わる)
    斎藤 環
    學鐙/116(3)/pp.2-5, 2019
  • 第46回奈良県人権・部落解放研究集会全体会基調講演 ひきこもりと対話実践
    斎藤 環
    奈良人権・部落解放研究所紀要/(38)/pp.75-97, 2019
  • 広がり、根付くオープンダイアローグ : ひきこもり当事者の高齢化から考える (特集 引退・卒業・定年)
    斎藤 環
    現代思想/47(4)/pp.143-149, 2019-03
  • 広がり、根付くオープンダイアローグ : ひきこもり当事者の高齢化から考える (特集 引退・卒業・定年)
    斎藤 環
    現代思想/47(4)/pp.143-149, 2019-03
  • 右肩上がりの期待をかけていませんか? ゆるく働いても収入が少なくても、幸せそうならそれでいい (特集 ニート ひきこもり 就職迷子 メンタル不調 わが子が「働けない」、親にできることは?)
    斎藤 環; 雨宮 処凛; 工藤 啓
    婦人公論/104(8)/pp.14-19, 2019-04-23
  • Living & Working オープンダイアローグ (総特集 現代思想43のキーワード)
    斎藤 環
    現代思想/47(6)/pp.211-216, 2019-05
  • 書論 どもる体 : 「主体」は吃音に乗って : オープンダイアローグと『どもる体』[伊藤亜紗=著]
    斎藤 環
    精神看護/22(3)/pp.314-317, 2019-05
  • ひきこもりの現状と支援
    斎藤 環
    Community care/21(5)/pp.41-44, 2019-05
  • 嗜癖の精神病理 : その根底にあるもの (特集 臨床に役立つ精神病理学)
    斎藤 環
    精神科治療学/34(6)/pp.657-662, 2019-06
  • 日本におけるオープンダイアローグの現在
    斎藤 環
    精神医学 = Clinical psychiatry/61(7)/pp.835-851, 2019-07
  • 20年間の「失敗の教訓」生かせ : 対話的な支援に向けた政策転換を (中高年ひきこもりを取材・報道する意味)
    斎藤 環
    新聞研究/(816)/pp.8-11, 2019-07
  • 対談 なぜ父は息子をわが手にかけたのか 100万人のひきこもりは"犯罪者予備軍"ではない
    小島 貴子; 斎藤 環
    婦人公論/104(13)/pp.58-61, 2019-07-09
  • ひきこもりの「家庭内暴力」は止められる (スクールバス殺傷、元農水次官息子刺殺…… 「家族という病」を治す : 七人の提言)
    斎藤 環
    文芸春秋/97(8)/pp.148-157, 2019-08
  • 川崎・練馬事件の"連鎖"と引きこもりへの危険な誤解 (特集 川崎・練馬事件の衝撃)
    斎藤 環
    創/49(7)/pp.18-23, 2019-08
  • 診察室の医師と患者の椅子はなぜ同じではいけないのですか? (特集 精神科治療でこんなことをしていませんか? : 医療慣習や"御法度"を再考)
    斎藤 環
    精神科治療学/34(8)/pp.931-935, 2019-08
  • 「中動態的外在化」について (日本精神病理学会 第41回大会(神戸) シンポジウム 語り(ナラティブ)と対話(ダイアローグ))
    斎藤 環
    臨床精神病理 = Japanese journal of psychopathology/40(2)/pp.165-172, 2019-08
  • 心理職にオープンダイアローグをすすめる (特集 オープンダイアローグ : 心理職のために)
    斎藤 環
    臨床心理学 = Japanese journal of clinical psychology/19(5)/pp.507-511, 2019-09
  • 作品論 「純粋物語」の誘惑 (特集 阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ)
    斎藤 環
    文學界/73(10)/pp.36-43, 2019-10
  • 対談 放置すれば「9060」もありえる! 誤解だらけの「ひきこもり」問題にどう向き合うか
    斎藤 環; 佐藤 優
    中央公論/133(10)/pp.148-157, 2019-10
  • ひきこもり : いかに向き合い、いかに支援するか (特集 ひきこもりの人への理解と支援)
    斎藤 環
    月刊福祉 = Monthly welfare/102(12)/pp.43-47, 2019-12
  • 医療者として「ひきこもり」に関わるために : その現状・理解・支援 (特集 ひきこもりの長期化と孤立する人々)
    斎藤 環
    月刊保団連/(1307)/pp.4-11, 2019-12
  • 坂口恭平 : 健康生成としての創造 (特集 健康生成の病跡学 : サルトグラフィの試み)
    斎藤 環
    精神神経学雑誌 = Psychiatria et neurologia Japonica/122(1)/pp.47-53, 2020
  • オープンダイアローグ実践の基本原則 (特集 精神療法技法アップデート)
    斎藤 環
    臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry/49(1)/pp.103-109, 2020-01
著書
  • 開かれた対話と未来
    斎藤 環; 大井 雄一; 大谷 保和; 大滝 優; 笹原 信一朗; ...
    Open Dialogues and Anticipations, 医学書院, pp.39-185, 2019-09
  • フェイクの時代に隠されていること(福山哲郎との共著)
    斎藤 環
    太田出版, 2018-07
  • ケアとしての就労支援 
    斎藤 環
    ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック, 日本評論社, 2018-05
  • 就労支援の闇 
    斎藤 環
    ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック, 日本評論社, 2018-05
  • 現代の「若者心性」から見た「うつ」の構造単行本 – 2018/7/18
    斎藤 環
    「うつ」の舞台 , 弘文堂, 2018-07
  • 「日本教」的NIMBYSMから遠く離れて
    斎藤 環
    現代思想2016年10月号 緊急特集=相模原障害者殺傷事件, 青土社, 2017-10
  • 討議Ⅱ ダイアローグの場をひらく――「コミュ力」偏重社会の分断を超えて
    斎藤 環
    現代思想2017年8月号 特集=「コミュ障」の時代, 青土社, 2017-08
  • 「思想」は「治療」に使えるか?
    斎藤 環
    ゲンロンβ16: 対話する哲学, 株式会社ゲンロン, 2017-07
  • 手塚治虫とは何者か
    斎藤 環
    別冊NHK100分de名著 わたしたちの手塚治虫, NHK出版, 2017-12
  • 解説
    斎藤 環
    ゴッホの耳─天才画家 最大の謎─, 早川書房, 2017-09
  • "コミュ障"を生み出す社会
    斎藤 環
    精神医療からみたわが国のの特徴と問題点, 中山書店, pp.15-20, 2017-12
  • 文学の徴候
    斎藤 環
    文藝春秋, 2004-11
  • フレーム憑き
    斎藤 環
    青土社, 2004-06
  • 解離のポップ・スキル
    斎藤 環
    勁草書房, 2004-01
  • 「負けた」教の信者たち
    斎藤 環
    中央公論ラクレ新書, 2005-04
  • 生き延びるためのラカン
    斎藤 環
    バジリコ, 2006-11
  • 「性愛」格差論
    斎藤 環
    中央公論ラクレ新書, 2006-05
  • 家族の痕跡
    斎藤 環
    筑摩書房, 2006-01
  • メディアは存在しない
    斎藤 環
    NTT出版, 2007-10
  • ひきこもりはなぜ『治る』のか?
    斎藤 環
    中央法規出版, 2007-10
  • 文学の断層
    斎藤 環
    朝日新聞出版社, 2008-07
  • 母は娘の人生を支配する
    斎藤 環
    日本放送出版協会, 2008-05
  • アーティストは境界線上で踊る
    斎藤 環
    みすず書房, 2008-02
  • 思春期ポストモダン
    斎藤 環
    幻冬舎新書, 2008-11
  • 関係する女 所有する男
    斎藤 環
    講談社現代新書, 2009-09
会議発表等
  • 思春期のひきこもり経験を有する成人労働者の心理的ストレスの検討
    新井 陽; 堀 大介; 室井 慧; 池田朝彦; 池田 有; 高橋 ...
    第38回日本思春期学会総会・学術集会/2019-08-24--2019-08-25
  • Association between the difficulties of child-rearing and the use of hitting among caregivers of three-and-a-half-year-old in Japan.
    Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Morita Nobuaki; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-03--2018-09-03
  • Paternal childcare participation and maternal abusive behavior
    Omiya Soichiro; Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-04--2018-09-04
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA)/2018-09-12--2018-09-12
  • Assessing confinement environment stress via fNIRS: the effect of exercise
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Ohi; Shotaro Doki; Daisuk...
    1st University of Tsukuba-University of Science Joint Young Researcher Meeting in Biomedical Science/2019-02-23--2019-2-23
  • Confinement environment stress assessment via fNIRS: an update
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Ohi; Shotaro Doki; Daisuk...
    Tsukuba Global Science Week 2018/2018-09-20--2018-09-22
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA)/2018-09-09--2018-09-13
  • Assessing confinement environment stress using fNIRS
    Christina-Sylvia Andrea; Yuichi Oi; Yasuhito Hirai; Shota...
    International society of Neurobiology & Psychopharmacology/2018-06-28--2018-07-01
  • 女性のひきこもり・生きづらさについて考える
    大井 雄一; 斎藤 環; 林 恭子; 時盛昌幸
    第35回日本家族療法学会/2018-08-10--2018-08-12
  • 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療実態─全国専門医療機関アンケート調査から
    新田 千枝; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環
    第36回日本社会精神医学会/2018-03-03--2018-03-04
  • Assessing confinement environment stress using fNIRS
    Christina-Sylvia Andrea; 大井雄一; 平井康仁; 道喜将太郎; ...
    2nd Congress on Evidence Based Mental Health: From research to clinical practice/2018-06-28--2018-07-01
  • 閉鎖実験におけるストレス対処力の検討-宇宙医学における健康生成論的考察-
    笹原信一朗; 大井雄一; 平井康仁; 道喜将太郎; 高橋 司; 白...
    第91回日本産業衛生学会/2018-05-17--2018-05-19
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02社会精神医学特別研究II筑波大学
2020-10 -- 2021-02公衆衛生学特別演習筑波大学
2020-04 -- 2020-08公衆衛生学特別演習筑波大学
2020-04 -- 2020-08精神保健学演習I筑波大学
2020-07 -- 2020-07ヒューマン・ケア科学基礎論I筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップII筑波大学
2020-10 -- 2021-02精神保健学演習II筑波大学
2020-04 -- 2020-08社会精神医学特別研究I筑波大学
2020-04 -- 2020-08基礎医科学演習筑波大学

(最終更新日: 2020-07-23)