現在地

松﨑 仁美(マツザキ ヒトミ; Matsuzaki, Hitomi)

face
所属
生命環境系
職名
助教
研究課題
哺乳類の正常発生を支える非対称性DNAメチル化維持機構の解明2020 -- 2021松﨑 仁美日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)8,320,000円
哺乳類の世代間エピジェネティックマーク変換機構の解明2020 -- 2022松﨑 仁美日本学術振興会/基盤研究(C)4,420,000円
受精後刷り込みメチル化を誘導する生殖細胞エピゲノム情報の解明2017 -- 2019松﨑 仁美日本学術振興会/若手研究(A)16,770,000円
マウスゲノム刷り込み遺伝子座におけるエピジェネティック修飾制御の分子メカニズム2014 -- 2016松﨑 仁美日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
取得学位
博士(学術)筑波大学
所属学協会
2002-08 -- (現在)日本分子生物学会
2003 -- (現在)日本生化学会
2007-06 -- (現在)日本エピジェネティクス研究会
論文
会議発表等
  • マウスH19-ICR配列のin vivo反転によるインプリント遺伝子発現機構の解明
    松﨑 仁美; 宮嶋 優; 谷本 啓司
    第43回日本分子生物学会年会/2020-12-02--2020-12-04
  • ヒトH19-ICR YACトランスジェニック・マウスを用いた受精後刷り込みメチル化活性の検証
    松﨑 仁美; 平川 勝彦; 谷本 啓司
    第93回日本生化学会年会/2020-9-14--2020-9-16
  • YACトランスジェニック・マウスを用いたヒトH19-ICR刷り込みメチル化メカニズムの検証
    平川 勝彦; 松﨑 仁美; 谷本 啓司
    第42回日本分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • マウスのゲノム刷り込み制御におけるH19-ICR配列反転の効果
    宮嶋 優; 谷本 啓司; 松﨑 仁美
    第42回日本分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • A genetic test for transvection-like interchromosomal functional interaction at the mouse Rosa26 locus
    Tanimoto Keiji; Matsuzaki Hitomi; Engel James Douglas
    第42回日本分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • Reconstituted H19 ICR sequence with identified cis elements is capable of maintaining genomic imprinting in knock-in mouse
    Matsuzaki Hitomi; Daichi Kuramochi; katsuhiko Hirakawa; T...
    33rd International Mammalian Genome Conference/2019-9-25--2019-9-28
  • Test for imprinted DNA methylation activity of the human H19-ICR in YAC transgenic mice by adopting a transgene co-placement strategy
    Hirakawa Katsuhiko; Matsuzaki Hitomi; Tanimoto Keiji
    The 15th Transgenic Technology Meeting (TT2019)/2019-04-07--2019-04-10
  • H19-ICR 反転マウスを用いたゲノム刷り込み制御機構の解析
    松﨑 仁美; 宮嶋 優; 谷本 啓司
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-28--2018-11-30
  • In vivo analysis of H19 gene transcriptional mechanism by inversion of the H19 imprinting control region
    Matsuzaki Hitomi; Miyajima Yu; Tanimoto Keiji
    32nd International Mammalian Genome Conference/2018-11-11--2018-11-14
  • ヒトβグロビン遺伝子座におけるH19-ICR断片挿入の効果とクロマチン立体構造解析
    平川 勝彦; 松﨑 仁美; 谷本 啓司
    第12回日本エピジェネティクス研究会年会/2018-5-24--2018-5-24
  • H19-ICR反転によるH19遺伝子転写制御機構のin vivo解析
    宮嶋 優; 谷本 啓司; 松﨑 仁美
    第12回日本エピジェネティクス研究会年会/2018-05-24--2018-05-25
  • Homeostatic response of renin gene transcription to hypertension is mediated by its novel 5’ enhancer
    Tanimoto Keiji; Ushiki Aki; Matsuzaki Hitomi; Fukamizu Ak...
    Keystone Symposia (Gene Control in Development and Disease)/2018-03-23--2018-03-27
  • Imprinted gene expression can be reconstituted by synthetic DNA fragment composed of specified cis regulatory elements from the H19 ICR
    Matsuzaki Hitomi; Kuramochi Daichi; Hirakawa Katsuhiko; T...
    Keystone Symposia (Gene Control in Development and Disease)/2018-03-23--2018-03-27
  • レニン遺伝子の高血圧応答性を制御するエンハンサーの同定
    牛木亜季; 松﨑仁美; 谷本啓司; 深水昭吉
    2017年度遺伝研研究会/2017-12-14
  • Enhancer-mediated regulatory mechanism of mouse renin gene transcription in hypertensive-environment
    Tanimoto Keiji; Ushiki Aki; Matsuzaki Hitomi; Fukamizu Ak...
    Mammalian Genetics and Genomics/2017-10-24--2017-10-27
  • Conserved regulatory mechanisms of human and mouse renin genes expression in the hypertensive-environment
    Ushiki Aki; Matsuzaki Hitomi; Fukamizu Akiyoshi; Keiji Ta...
    CDB Symposium 2017 -Towards Understanding Human Development, Heredity, and Evolution-/2017-03-27--2017-03-29
  • 高血圧応答性エンハンサーによるレニン遺伝子の転写制御
    牛木亜季; 松﨑仁美; 谷本啓司; Fukamizu Akiyoshi
    第39回日本分子生物学会年会/2016-12
  • マウスH19 ICRにおけるアリル特異的DNAメチル化制御配列の同定
    Matsuzaki Hitomi; 倉持 大地; 牛木 亜季; 谷本 啓司
    第39回日本分子生物学会年会/2016-11-30--2016-12-02
  • アリル特異的DNAメチル化(刷り込みメチル化)配列の in vivo 再構築
    谷本 啓司; Matsuzaki Hitomi; 牛木 亜季; 倉持 大地
    第89回日本生化学会大会/2016-09-25--2016-09-27
  • Imprinted DNA methylation status can be reconstituted by combining activity of distinct H19 ICR elements in mice
    Matsuzaki Hitomi; Tanimoto Keiji
    Mouse Genetics 2016 at The Allied Genetics Conference 2016/2016-07-13--2016-07-17
  • マウスH19 ICR上流配列を介したアリル特異的DNAメチル化の検証
    松﨑 仁美; 倉持 大地; 谷本 啓司
    第10回日本エピジェネティクス研究会年会/2016-05-19--2016-05-20
  • 受精後アリル特異的de novo DNAメチル化によるゲノム刷り込み制御
    松﨑 仁美
    第10回日本エピジェネティクス研究会年会/2016-05-19--2016-05-20
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02ゲノム情報生物学講究I筑波大学
2021-04 -- 2021-08ゲノム情報生物学講究I筑波大学
2021-10 -- 2022-02ゲノム情報生物学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ゲノム情報生物学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2021-10 -- 2022-02ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2021-10 -- 2022-02生命農学演習筑波大学
2021-04 -- 2021-08生命農学演習筑波大学
2021-10 -- 2022-02動物生命科学講究III筑波大学
2021-04 -- 2021-08動物生命科学講究III筑波大学

(最終更新日: 2021-06-21)