現在地

三盃 亜美(サンバイ アミ; Sanbai, Ami)

所属
人間系
職名
助教
eメール
 
研究分野
特別支援教育
研究キーワード
特別支援教育、発達障害、学習障害、発達性読み書き障害、失読
研究課題
発達性及び後天性読み書き障害例の障害メカニズム及び訓練法の効果に関する計算論的研究2008-04 -- 2009-03三盃亜美明治安田こころの健康財団/明治安田こころの健康財団研究助成300,000円
臨床的研究を組み合わせた計算論的アプローチによる発達性読み書き障害に関する検討2009-04 -- 2012-03三盃亜美日本学術振興会/特別研究員奨励費1,200,000円
発達性「読み」障害における音読速度障害の障害メカニズムの解明2012-04 -- 2013-03三盃亜美公益財団法人 博報堂財団/第7回児童教育実践についての研究助成事業1,900,000円
障害のある学生の修学支援における合理的配慮のあり方に関する学際的研究2014-04 -- 2018-03竹田一則日本学術振興会/基盤研究(A)
発達性読み書き障害者の漢字音読方略に関する実証研究及び科学的根拠のある支援の提案2014-08 -- 2016-03三盃亜美日本学術振興会/研究活動スタート支援 (2015年度から、若手研究(B)に移行)2,430,000円
発達性読み書き障害児者が示す漢字単語音読障害の特徴と認知障害に関する基礎的研究2015-04 -- 2019-03三盃亜美日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
日本に在住する中国人障害幼児児童の支援方法に関する調査研究と事例研究2017-04 -- 2020-03裴虹日本学術振興会/基盤研究(C)
言語障害児・者を対象とした包括的言語検査に基づいた認知神経心理学的評価基準の開発2018-04 -- 2023-03種村純日本学術振興会/基盤研究(B)
コンピュータモデリングによる仮名の読み障害メカニズム解明から読み指導法の効果予測2019-04 -- 2023-03三盃亜美日本学術振興会/若手研究4,160,000円
職歴
2009-04 -- 2012-03筑波大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2010-04 -- 2012-03国立精神・神経医療研究センター 精神生理研究部 協力研究員
2010-10 -- 2011-10Macquarie University Department of Cognitive Science Visiting Scholar
2012-04 -- 2014-01Macquarie University Department of Cognitive Science 日本学術振興会海外特別研究員
2012-09 -- 2014-01Macquarie University Department of Cognitive Science Visiting Associate
2014-02 -- 2016-03筑波大学 人間系 特任助教
2016-04 -- 2019-09大阪教育大学 教育学部 特別支援教育講座 講師
2019-10 -- (現在)筑波大学 人間系 助教
学歴
2003-04 -- 2007-03筑波大学 第二学群 人間学類卒業
2007-04 -- 2012-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻 精神機能障害学分野修了
取得学位
2007-03修士(行動科学)筑波大学
2012-03博士(行動科学)筑波大学
免許資格等
2007-03養護学校教諭一種免許状
2007-03高等学校教諭一種免許状
2007-03中学校教諭一種免許状
所属学協会
2016-08 -- (現在)ろう教育科学会
2007-02 -- (現在)日本音声言語医学会
2007-05 -- (現在)日本神経心理学会
2009-06 -- (現在)日本高次脳機能障害学会
2010-02 -- (現在)障害科学学会
2014-06 -- (現在)日本特殊教育学会
2015-06 -- (現在)日本LD学会
受賞
2010-08第13回認知神経心理学研究会 最優秀発表賞研究発表に対して(筆頭発表者として)
2012-03人間総合科学研究科研究科長賞
2013-09第16回認知神経心理学研究会 最優秀発表賞研究発表に対して(共同演者として)
2015-02研究奨励賞
2015-03Best Presentation Award研究発表に対して(共同演者として)
2015-08第18回認知神経心理学研究会 最優秀発表賞研究発表に対して(筆頭発表者として)
論文
  • 典型発達児における仮名文字を用いた語彙判断時の文字長効果と語彙性効果
    黒川鈴子; 三盃亜美; 宇野彰
    音声言語医学/55(4)/pp.326-332, 2014-10
  • 成人の漢字単語書取における単語属性効果および誤反応特徴
    明石法子; 三盃亜美; 宇野彰; 河原純一郎; Max Coltheart
    音声言語医学/55(2)/pp.162-166, 2014-04
  • 発達性読み書き障害成人例の仮名文字列音読における語彙処理と非語彙処理の発達的問題-文字長と語彙性効果を指標にして-
    三盃亜美; Max Coltheart; 宇野彰; 春原則子
    音声言語医学/55(1)/pp.8-16, 2014-01
  • 小児の失読失書1例における音読の障害機序に関する検討-二重経路モデルを適用して-
    狐塚順子; 宇野彰; 三盃亜美
    高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research/32(3)/pp.485-496, 2012-09
  • An Investigation into Kana Reading Development in Normal and Dyslexic Japanese Children using Length and Lexicality Effects.
    Ami Sambai; Akira Uno; Suzuko Kurokawa; Noriko Haruhara; ...
    Brain & Development/34(6)/pp.520-528, 2012-06
  • Image-word pairing- congruity effect on affective responses: a study of Kansei in Japanese advertising
    Jourge Z.C. Sanabria; Cho Youngil; Ami Sambai; Toshimasa ...
    Kansei Engineering International Journal/11(2)/pp.91-100, 2012-05
  • 視覚的記憶力の低下を呈した中学生男児1例における英語音読
    蔦森英史; 宇野彰; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳子; 狐塚順子;...
    音声言語医学/53(1)/pp.8-19, 2012-01
  • 単語長が仮名実在語と仮名非語の音読に及ぼす影響-小学校5・6年生の典型発達児と発達性読み書き障害児を対象として-
    三盃亜美; 宇野彰; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳子; 狐塚順子;...
    音声言語医学/52(1)/pp.26-31, 2011-01
  • 発達性ディスレクシアと後天性大脳損傷による小児の失読失書-特に漢字障害について-
    宇野彰; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳子; 片野晶子; 狐塚順子;...
    音声言語医学/51(3)/pp.245-251, 2010-07
  • 成人領域での認知神経心理学を発達性dyslexiaへ直接適用する際の問題点について-表層性と音韻性dyslexiaを中心に-
    宇野彰; 鈴木香菜美; 三盃亜美; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳...
    音声言語医学/50(4)/pp.276-284, 2009-10
  • シミュレーション研究における小学生用音読モデル作成の試み
    三盃亜美; 伊集院睦雄; 宇野彰; 辰巳格
    音声言語医学/49(2)/pp.115-123, 2008-04
著書
  • 第5章 発達性読み書き障害
    宇野彰; 三盃亜美
    発達障害の臨床心理学, 東京大学出版会, pp.151-180, 2010
会議発表等
  • Accuracy and fluency in Kanji word spelling: Japanese Speaking children in 5th Grade
    Mio Yokoi; Noriko Akashi; Ami Sambai; Akira Uno
    East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2015-03-07--2015-03-08
  • How is the orthographic lexicon influenced by visual analyses and the feedback pathway from the non-lexical route for the Kanji writing system of Japanese?
    Ami Sambai; Max Coltheart; Akira Uno
    The 15th International Conference on the Processing of East Asian Languages/2014-10-24--2014-10-26
  • The effects of word attributes, lexical knowledge, and cognitive abilities to spelling of kanji words in Japanese normal adults
    Ami Sambai; Noriko Akashi; Akira Uno; Junichiro Kawahara;...
    9th International Conference of the British Dyslexia Association/2014-03-27--2014-03-29
  • An investigation on the relationship between problems in the orthographic lexicon and reading deficits for Hiragana and Katakana words in Japanese adults with developmental dyslexia: Insights from length effects in reading aloud and lexical decision tasks
    Ami Sambai; Akira Uno; Noriko Haruhara; Max Coltheart
    9th International Conference of the British Dyslexia Association/2014-03-27--2014-03-29
  • Lexical and non-lexical processing of Japanese adults with developmental dyslexia in word recognition and reading aloud for the Kana writing system
    Ami Sambai; Akira Uno; Noriko Haruhara; Max Coltheart
    East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2014-02-22--2014-02-23
  • An investigation into lexical and sub lexical spelling processes for the writing system of Japanese Kanji in Adults
    Noriko Akashi; Ami Sambai; Akira Uno; Max Colhteart
    East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2014-02-22--2014-02-23
  • スペシャル・セッションⅡ「コントロバーシャル:読みのモデル-DRC vs. PDP-」
    三盃 亜美; 伊集院睦雄
    第15回認知神経心理学研究会/2012-08-04--2012-08-05
  • A non-lexical reading processing occurs serially for the Kanji writing system?
    Ami Sambai; Max Coltheart; Akira Uno
    19th Annual Meeting Society for the Scientific Study of Reading/2012-07-11--2012-07-14
  • The underlying cognitive deficits of Kana reading deficits: Insight from simulation and empirical studies
    Ami Sambai; Akira Uno; Noriko Haruhara; Masato Kaneko; No...
    8th International Conference of the British Dyslexia Association/2011-06-02--2011-06-04
  • The effects of length and lexicality on Kana reading in Japanese normal reading and dyslexic children
    Ami Sambai; Suzuko Kurokawa; Akira Uno; Noriko Haruhara; ...
    28th World Congress of the International Association of Logopedics and Phoniatrics/2010-08-22--2010-08-26
  • 発達性読み書き障害児における視機能、視知覚、視覚認知及び視覚性記憶機能について
    後藤多可志; 宇野彰; 三盃 亜美
    第5回障害科学学会/2010-03-06
  • 小学校高学年の定型発達児と発達性読み書き障害児の仮名音読における単語長と語彙性が及ぼす影響
    三盃 亜美; 宇野彰; 後藤多可志
    第5回障害科学学会/2010-03-06
  • 小学校6年生の漢字二字熟語音読における配当学年及び規則性の効果について
    三盃 亜美; 宇野彰; 伊集院睦雄; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳...
    第33回日本高次脳機能障害学会/2009-10-29--2009-10-30
  • 音読年齢基準値の作成および音読年齢を合わせた発達性dyslexia 児と定型発達児の認知機能の比較
    春原 則子; 宇野 彰; 金子 真人; 粟屋 徳子; 辰巳 格; 三盃 ...
    第33回日本高次脳機能障害学会/2009-10-29--2009-10-30
  • 発達性読み書き障害児の漢字単語および非語音読における一貫性効果と語彙性効果の検討-定型発達児との比較-
    鈴木香菜美; 宇野彰; 伊集院睦雄; 三盃 亜美; 春原則子; 金子...
    第54回日本音声言語医学会/2009-10-15--2009-10-16
  • 発達性読み書き障害児の仮名音読における文字長、語彙性効果に関する検討
    三盃 亜美; 宇野彰; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳子; 狐塚順子...
    第54回日本音声言語医学会/2009-10-15--2009-10-16
  • Simulation study for underlying mechanism of Japanese children with developmental dyslexia from connectionist approach
    Ami Sambai; Akira Uno; Mutsuo Ijuin; Noriko Haruhara; Mas...
    67th International Conference of the International Dyslexia Association/2009-09-11--2009-09-14
  • バイパス法を用いたひらがな書字訓練に関するシミュレーション研究の試み-発達性読み書き障害児への適用を想定して-
    三盃 亜美; 宇野彰; 伊集院睦雄; 春原則子; 金子真人; 粟屋徳子
    第53回日本音声言語医学会/2008-10-23--2008-10-24
  • A trial model of reading in Japanese primary school children by simulation study
    Ami Sambai; Mutsuo Ijuin; Akira Uno; Itaru Tatsumi
    7th International Conference of the British Dyslexia Association/2008-03-27--2008-03-29
  • シミュレーションによる発達性dyslexiaの障害メカニズムに関する検討
    三盃 亜美; 伊集院睦雄; 宇野彰; 春原則子; 金子真人; 辰巳格
    第31回日本神経心理学会/2007-09-27--2007-09-28
担当授業科目
2014-04 -- 2015-06障害科学I筑波大学 人間学群 障害科学類
2014-11 -- 2016-02Current Topics in Disability Sciences筑波大学 人間学群 障害科学類
2015-01 -- 2015-02社会福祉調査論筑波大学 人間学群 障害科学類
2015-07 -- 2015-07学習障害概論筑波大学 人間学群 障害科学類
一般講演
  • 用語解説
    三盃 亜美
    第4回認知神経心理学研究会チュートリアル講演会:『読み』の二重経路仮説を理解しよう/2012-02--2012-02
  • Supports for children and students with developmental dyslexia in Japan
    Sanbai Ami
    seminar on best practices in special education/2014-09-25--2014-09-25
学協会等委員
2014-02 -- (現在)障害科学学会事務局
その他の活動
2007-04 -- 2012-03筑波大学心理・障害相談室 相談研修員
2009-04 -- (現在)NPO法人LD/Dyslexiaセンター 臨床スタッフ
2012-04 -- 2012-08筑波大学心理・障害相談室 非常勤相談員
2014-04 -- (現在)筑波大学心理・障害相談室 相談員
2014-06 -- (現在)特別支援学校教員資格認定試験関連業務
2014-06 -- (現在)NPO法人LD/Dyslexiaセンター 理事
2015-04 -- (現在)千葉県船橋市専門家チーム 書記
2015-05 -- (現在)特別支援学校教員資格認定試験言語障害教育専門委員

(最終更新日: 2019-10-16)