Kusano Miyako

Affiliation
Institute of Life and Environmental Sciences
Official title
Professor
ORCID
0000-0002-0052-6155
URL
Email
/<FD2?@]>:J2<@]7ATc_F]EDF<F32]24];A
Office
metabolic network biology
Research fields
Plant nutrition/Soil science
Bioorganic chemistry
Functional biochemistry
Research keywords
natural product chemistry
metabolic networks
metabolomics
volatile organic compounds
systems biology
integrated omic analysis
Research projects
イネ地上部生長に寄与するmicroRNA nexusの探索と制御因子の同定2022-04 -- 2024-03草野 都Japan Society for the Promotion of Science//科学研究費助成事業 基盤研究(c)(一般)4,160,000Yen
雑種強勢時にみられる光呼吸制御の生理作用および作用機序に関する研究2022-04 -- 2025-03/文部科学省科学研究費助成事業(科学研究費補助金)/基盤研究(C)600,000Yen
複合環境処理によるレタス幼植物体へのクロロゲン酸高蓄積誘導機構の解明とその応用2022-04 -- 2025-03福田 直也文部科学省科学研究費助成事業(科学研究費補助金):基盤研究(B)/4,200,000Yen
2023年度土壌生態系デジタルデータ化プロジェクト2022-04 -- 2023-03共同利用・共同研究費/3,531,000Yen
ジャガイモの有用色素生産代謝改変に資するゲノム変異解析2021-10 -- 2022-03草野 都東京農業大学生物資源ゲノム解析センター「生物資源ゲノム解析拠点」共同研究/
アジア新経済回廊圏で消えつつある食料農業生物多様性とその伝統的知識の発掘と保護2021-04 -- 2022-03草野 都公益財団法人平和中島財団/国際学術共同研究助成5,000,000Yen
2022年度土壌生態系デジタルデータ化プロジェクト2022-01 -- 2022-03NTT西日本/共同利用・共同研究費200,000Yen
冠水条件下で生き抜く水草の代謝制御機構の解明2021-04 -- 2022-03轡田 圭又公益財団法人日本科学協会/2021年度 笹川科学研究助成570,000Yen
土壌微生物叢アトラスに基づいた環境制御による循環型協生農業プラットフォーム構築2021-04 -- 2026-03竹山 春子内閣府/JST 未来社会創造事業15,500,000Yen
サクラクローン品種をモデルとした代謝エピゲノムによる樹齢推定2020-07 -- 2023-03松本 麻子Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的研究(萌芽)1,500,000Yen
more...
Degree
2000-3博士(農学)鳥取大学
Academic societies
2005-04 -- (current)Metabolomics society
2006-04 -- (current)メタボローム研究会
2005-04 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR PLANT CELL AND MOLECULAR BIOLOGY
1994-11 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
2005-04 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PLANT PHYSIOLOGISTS
Honors & Awards
2008-04-11平成19年度理化学研究所植物科学研究センター賞(報奨金対象者)
2012-08-042012年度日本植物細胞分子生物学会奨励賞
Articles
Books
  • Plant metabolomics
    Kusano Miyako; Atsushi Fushima
    Plant Omics: Advances in Big Data Biology, 2022-12
  • クローズアップ!農業最新技術 農作物が持つ可能性を最大限に引き出す閉鎖型植物工場の栽培条件を探る
    草野 都
    農耕と園藝, 2019-02
  • 作物間での光質変化による同化・転流メカニズムの代謝物レベルでの解明
    草野 都
    野菜等の光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発/pp.44-51, 2015
Conference, etc.
  • ダイズとコマツナの大規模フィールドオミクスデータを用いた遺伝子機能予測
    大熊 直生; 熊石 妃恵; 福島 敦史; 小林 奈通子; 濱本 昌一郎; 草野 都; 成川 恵; 伊...
    日本植物学会第87回大会/2023-9-7--2023-9-9
  • Changes in free volatile compounds of different tomato cultivars fruit which grow in different years
    Yingtao Li; Yusuke Kamiyoshihara; Yusuke Aono; Denise ...
    質量分析インフォマティクス研究会・第8回ワークショップ/2023-5-12--2023-5-12
  • マルチオミクスによるダイズ子実収量に関わる複合的要因解析
    村島 和基; ; 丸山 隼人; 渡部 敏裕; 大津 厳生; 草野 都; 杉山 暁史; 小林 奈通子; ...
    日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会/2023-9-12--2023-9-14
  • 複数年のトマト品種果実に含まれる揮発性有機化合物の定量解析
    Yingtao Li; 上吉原 裕亮; 青野 佑亮; Denise Tieman; Harry Klee...
    第17回メタボロームシンポジウム/2023-10-18--2023-10-20
  • ダイズ生育圃場における土壌含有揮発性有機化合物の非ターゲット解析
    朽方 ひかり; 二瓶 直登; 市橋 泰範; 草野 都
    第17回メタボロームシンポジウム/2023-10-18--2023-10-20
  • Elucidation of key factors responding to dynamic changes of ammonium concentration toward the selected WRC cultivar using omics approaches
    草野 都; 轡田 圭又; 西澤 具子; 小泉 美希子; 小林 誠; 七夕高也; 福島 敦史; 齊藤 和季
    第40回日本植物バイオテクノロジー学会(千葉)大会/2023-09-10--2023-9-13
  • Analysis of the relationship between non-additively expressed genes found in Arabidopsis intraspecific hybrids and biomass heterosis
    山口 真明; 杉 直也; 鈴木 穣; 草野 都; 柴 博史
    日本農芸化学会2024年度大会/2024-03-25--2024-03-27
  • Study on the mechanism of reassimilation of photorespiratory ammonium in intraspecific Arabidopsis F1 hybrids showing heterosis
    平山 十右子; 山口 真明; 野崎 雪乃; 桾澤 都月; 杉 直也; 小林 誠; 鈴木 穣; 草野 ...
    日本農芸化学会2024年度大会/2024-03-25--2024-03-27
  • Integrated transcript and metabolic profiling reveals coordination between biomass size and nitrogen metabolism in Arabidopsis F1 hybrids
    柴 博史; Quynh Thi Ngoc Le; Sugi Naoya; Yamaguchi Masaak...
    第46回分子生物学会年会/2023-12-06--2023-12-08
  • フードミクス解析による南西諸島・台湾在来柑橘(Citrus depressa)のフレーバー特性と配糖体由来香気成分の分析
    下田 一樹; Yonathan Asikin; 青野 佑亮; 草野 都; 柴 博史; 田村 祥雄; 山...
    2022年度日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会/2022-11-19--2022-11-20
  • Production of high Brix tomato by genome editing of invertase inhibitor gene
    Kohei Kawaguchi; Rie Takei-Hoshi; Ikue Yoshikawa; Keij...
    The 31th International Horticultural Congress (IHC2022)/2022-8-14--2022-8-20
  • Production of high Brix tomato by genome editing of invertase inhibitor gene
    Kusano Miyako
    The 31th International Horticultural Congress (IHC2022)/2022-8-14--2022-8-20
  • 南西諸島・台湾在来柑橘(Citrus depressa)の 遺伝子型、色素特性および香気成分の分析
    下村 桃子; 山本 雅史; 光部 史将; 林 書妍; 草野 都; 柴 博史; 高良 健作; 和田 ...
    日本食品保蔵科学会 第 72 回(熊本)大会/2023-06-17--2023-06-18
  • Changes in free volatile compounds of different tomato cultivars fruit which grow in different years
    Yingtao Li; Yusuke Kamiyoshihara; Yusuke Aono; Denise Ti...
    量分析インフォマティクス研究会・第8回ワークショップ/2023-5-12--2023-5-12
  • Ethanol-mediated survival strategy against drought stress in plants
    Khurram Bashir; Daisuke Todaka; Sultana Rasheed; Akihi...
    第64回日本植物生理学会年会/2023-3-10--2023-3-17
  • Ethanol treatment induces heat tolerance in tomato plants
    Daisuke Todaka; Quynh Do; Maho Tanaka; Akihiro Ezoe; Sato...
    第64回日本植物生理学会年会/2023-3-10--2023-3-17
  • ダイズとコマツナの大規模フィールドオミクスの比較解析
    大熊直生; 熊石妃恵; 福島敦史; 小林奈通子; 濱本昌一郎; 草野 都; 成川恵; 伊達康博; 田野井慶太朗; 二瓶直登; 市橋泰範
    第64回日本植物生理学会年会/2023-3-10--2023-3-17
  • Changes in free volatile compounds of different tomato cultivars fruits which grow in different years
    Yingtao Li; Yusuke Kamiyoshihara; Yusuke Aono; Denise Ti...
    第64回日本植物生理学会年会/2023-3-10--2023-3-17
  • 圃場におけるダイズ生育条件下での土壌含有揮発性有機化合物の非ターゲット解析
    朽方 ひかり; 二瓶 直登; 濱本 昌一郎; 市橋 泰範; 草野 都
    第64回日本植物生理学会年会/2023-3-10--2023-3-17
  • 湿式微粉砕機で作製したスパイスペーストの特性と香気成分放出挙動の解明
    小川 夏美; 小林 誠; 草野 都; 粉川 美踏; 北村 豊
    日本食品科学工学会令和5年度関東支部大会/2023-03-11--2023-03-11
  • Functional elucidation of glutamine synthetase in heterosis using Arabidopsis F1 hybrids
    野崎 雪乃; 杉 直也; 桾澤 都月; 轡田 圭又; 草野 都; 柴 博史
    日本農芸化学会2023年度大会/2023-03-14--2023-03-17
  • フードミクス解析による南西諸島・台湾在来柑橘(Citrus depressa )のフレーバー特性と配糖体由来香気成分の分析
    下田 一樹; Yonathan Asikin; 青野 佑亮; 草野 都; 柴 博史; 田村 祥雄; 山本 雅史; ...
    日本食品科学工学会西日本支部・日本栄養食糧学会九州沖縄支部合同大会/2022-11-19--2022-11-20
  • Production of high Brix tomato by genome editing of invertase inhibitor gene using CRISPR/Cas9 and Target-AID
    Kawaguchi Kohei; Takei-Hoshi Rie; Yoshikawa Ikue; Nishida...
    The 31th International Horticultural Congress (IHC2022)/2022-08-14--2022-08-20
  • 分化多能性獲得時の代謝産物変化とその役割
    岩瀬 哲; 及川 彰; 草野 都; 杉本 慶子
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • コーヒーの生育標高が焙煎豆の香りに与える影響についての揮発性有機化合物プロファイリング
    増田 甚八; 青野 佑亮; 草野 都
    日本食品科学工学会第69回大会/2022-8-24--2022-8-26
  • more...
Intellectural property rights
  • MUTANT PLANT
    Ezura Hiroshi; Ariizumi Tohru; Shinozaki Yoshihito; Kimba...
  • mutant plant
    江面浩; 有泉 亨; 篠崎良仁; 金原淳司; 草野都; 福島敦史; 斉藤和季
Teaching
2023-04 -- 2023-06Basic Plant BiotechnologyUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar in Agro-biological Sciences ISUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12English for Specialized Subjects IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Advanced Biological Systems Regulation ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Advanced Biological Systems Regulation ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Agro-biological Sciences IIFUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-07Biological Network and Systems Regulation ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Dissertation in Biosphere Resource Science and Technology IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Dissertation in Biosphere Resource Science and Technology IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar in Agro-biological Sciences IIFUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2022-04 -- 2023-03生物資源科学学位プログラム専攻運営委員会委員生物資源科学学位プログラ・ム専攻運営委員会
2019-04 -- 2021-03クラス担任生物資源学類
2021-04 -- 2022-03コース主任生物資源学類
2020-04 -- 2021-03FD委員会委員長生物資源学類
2022-04 -- 2023-03副コース主任生物資源学類
2018-04 -- 2019-03ダブルディグリープログラム・副主任生物資源科学前期専攻
2014-04 -- 2016-03フードセキュリティーリサーチユニット教員生物資源科学専攻・フードセキュリティーリサーチユニット
2015-04 -- 2017-03ダブルディグリープログラム・コース主任生物資源科学前期専攻
2015-04 -- 2017-03教職課程委員生物資源学類
Professional activities
2021-04 -- (current)Metabolomics societyEditorial board
2019-05 -- (current)Scientific Reports (Nature Publishing Group)Editorial board
2020-04 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR PLANT CELL AND MOLECULAR BIOLOGY代議員
2018-07 -- (current)International Journal of Molecular SciencesEditorial board member
2022-09 -- 2024-04Japanease Society of Plant Biotechnolofy代議員
2016-01 -- 2021-12日本植物生理学会代議員
2015-05 -- (current)メタボローム研究会正会員/実行委員
2005-04 -- (current)メタボローム研究会正会員
2008-05 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR PLANT CELL AND MOLECULAR BIOLOGY正会員
2005-03 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PLANT PHYSIOLOGISTS正会員
more...
University Management
2017-04 -- (current)つくば植物機能イノベーションセンター部門長
Other activities
2020-03 -- 2020-03【新聞掲載】日刊工業新聞(朝刊)
2020-02 -- 2020-02【新聞掲載】日本協同組合新聞:プレスリリース、根でも光合成の可能性広がる 根に葉緑体を作る重要な酵素 筑波大など研究グループが発見 
2020-02 -- 2020-02【ウェブサイト掲載】OPTRPNICSオンライン、プレスリリース、筑波大ら,光合成しない根の葉緑体形成を解明
2020-02 -- 2020-02【新聞掲載】日本経済新聞:プレスリリース,筑波大・東北大・理研など、根の葉緑体を作るのに窒素同化鍵酵素が重要であることを発見
2019-05 -- 2019-05【季刊誌掲載&インタビュー】HARIMA QUARTERLY
2018-09 -- 2018-09【新聞掲載】 日本農業新聞:土耕は甘い? 水耕うまい? レタス味に違い 筑波など,9月4日(2018).
2018-07 -- 2018-07【新聞掲載】 日本経済新聞:サイエンス欄,工場栽培 苦み少なく-レタス比較 うまみ増加も, 7月13日(2018).
2018-06 -- 2018-06【新聞掲載】 科学新聞:LEDでレタスの代謝を改変,6月1日(2018).
2018-05 -- 2018-05【新聞掲載】 電気新聞:プレスリリース,野菜栽培 光の質で異なる生育,5月22日(2018).
2013-11 -- 2013-11【新聞掲載】 科学工業新聞:プレスリリース,受粉なしで着果するトマト発見,11月21日 (2013).
more...

(Last updated: 2024-01-18)