現在地

秋山 雅博(アキヤマ マサヒロ; Akiyama, Masahiro)

所属
医学医療系
職名
助教
eメール
 
研究課題
活性イオウ分子による新たな還元ストレス/レドックス制御機構の解明2018 -- 2019秋山 雅博日本学術振興会/若手研究4,160,000円
メチル水銀感受性を制御する生体内活性イオウ分子の実態解明2016 -- 2017秋山 雅博日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
取得学位
2014/11/30博士(医学)筑波大学
所属学協会
2019-04 -- (現在)日本生化学会
2016-04 -- (現在)酸化ストレス学会
2015-04 -- (現在)日本毒性学会
受賞
2017-12若手研究奨励賞
2016-08-26第10回櫻井賞
2016-12-26若手研究奨励賞
論文
会議発表等
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for repression of environmental electrophile-mediated toxicity in mice.
    Y Shinkai; Ding Yunjie; M Akiyama; Fukuto Jon M; T Akaike...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • Phase-zero reaction as a primary defense systeme against electrophilic stress in out of cell: Involvement of reactive persulfides.
    M Akiyama; T Unoki; E Warabi; Y Shinkai; Y Abiko; I Ishii...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    M Akiyama; T Unoki; Y Shinkai; I Ishii; T Ida; T Akaike; ...
    The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium/2019-09
  • Metallothionein-3 as a sulfur binding protein: Identification, characterization and 3D structure modeling.
    Y Shinakai; Ding Yunjie; M Akiyama; Fukuto Jon M; T Akaik...
    The Environmental Response V / 17th JBS Biofrontier Symposium/2019-09
  • Identification, characterization and a three-dimensional structure modeling of metallothionein-3 as a sulfane sulfur- and zinc-binding protein.
    Y Shinkai; Ding Yunjie; M Akiyama; T Unoki; T Ida; T Akai...
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • Regulation of electrophilic stress by reactive persulfide released in out of cell:Phase-zero reaction.
    M Akiyama; T Unoki; E Warabi; Y Shinkai; I Ishii; Lin Jos...
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • A 3D structure modeling of metallothionein-3 and its related function as a sulfane sulfur binding protein.
    Ding Yunjie; Y Shinkai; M Akiyama; Kumagai Yoshito
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • サルフェン硫黄結合タンパク質としてのメタロチオネイン-3 の機能と3 次元構造モデリング.
    新開泰弘; Yunjie Ding; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • 活性イオウ分子排出輸送機構によるレドックス制御.
    秋山雅博; 鵜木隆光; 蕨栄治; 新開泰弘; 安孫子ユミ; 石井功;...
    第92回日本生化学会大会/2019-09
  • 亜鉛結合タンパク質のモデルとしてのメタロチオネイン-3 におけるサルフェン硫黄の役割.
    Yunjie Ding; 新開泰弘; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2019/2019-10
  • メタルエキスポソームのモデル化
    秋山雅博; 山川寛人; 小野瀬祐輔; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2019/2019-10
  • カドミウム誘導性の生体応答および肝毒性は活性イオウ分子によって抑制される.
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2019/2019-10
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子ストレスを抑制する鍵分子である
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 孝章; 山本...
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • メチル水銀の細胞傷害特異性に対する含イオウ求核低分子の影響
    鵜木 隆光; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人; 藤村 成剛
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子性重金属毒性を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第91回日本生化学会大会/2018-09
  • Persulfides and Polysulfides as Phytochemicals to Detoxify MeHg
    Abiko Y; Y Katayama; M Akiyama; Kumagai Yoshito
    The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology/2018-06
  • Nrf2およびCSE は環境中親電子物質によるマウス肝細胞毒性の抑制に必須である.
    鵜木隆光; 秋山雅博; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    Akiyama Masahiro; Unoki Takamitsu; Shinkai Yasuhiro; I Is...
    Gordon Research Conference/2019-02
  • 活性イオウ分子によるカドミウムのイオウ付加体の生成を介した毒性防御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 熊谷 嘉人
    生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」/2018-04
  • ポリスルフィドによるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開 泰弘; 秋山 雅博; 鵜木 隆光; 石井 功; 熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • 活性イオウ分子:親電子ストレスに対する防御的役割とその細胞内過剰蓄積による還元ストレス
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 蕨 栄治; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 ...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • メチル水銀を低毒性化する食用植物中生理活性物質としてのper/polysulfides
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
担当授業科目
2019-10 -- 2019-12食料健康科学研究I筑波大学
2019-10 -- 2019-12食料健康科学演習I筑波大学
2019-10 -- 2019-12基礎毒性学筑波大学
2018-10 -- 2018-12食料健康科学演習I筑波大学
2018-10 -- 2018-12基礎毒性学筑波大学

(最終更新日: 2019-11-29)