Aihara Ikkyu

Affiliation
Faculty of Engineering, Information and Systems
Official title
Associate Professor
Sex
Male
Birth date
1982-08
URL
Email
%<DC<M<d^n{<O^n}d>NgONPFP=<g<>gEK
Office
http://acs-gw.cs.tsukuba.ac.jp/index-e.html
Research keywords
frogs
nonlinear dynamics
Animal Behavior
mathematical modeling
biomimetics
Research projects
生物の集団行動ダイナミクスの解明と自律分散型通信システムへの展開2020 -- 2023合原 一究Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)17,810,000Yen
「鳴く」生物の省エネルギー戦略に潜む数理法則の解明と応用2018 -- 2020合原 一究Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists4,030,000Yen
カエルの合唱法則に基づく群知能アルゴリズムの創出2016 -- 2017合原 一究Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,380,000Yen
Academic background
2008-04 -- 2011-03京都大学 理学研究科 物理学宇宙物理学専攻
2006-04 -- 2008-03京都大学 情報学研究科 複雑系科学専攻
2002-04 -- 2006-03京都大学 理学部 理学科
Degree
2011-03博士(理学)京都大学
Honors & Awards
2019/04/17科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」
2014-6人工知能学会 研究会優秀賞
2016-06電子情報通信学会 Best Paper Award
2018-05海洋音響学会 論文賞
Articles
Books
  • 脳の現象数理 — ニューロン, ニューラルネットワーク, 行動のモデル
    合原 一究; 辻 繁樹; 香取 勇一; 合原 一幸
    現象数理学入門/東京大学出版会/pp.109-143, 2013-9
Conference, etc.
  • カエルの合唱音声に対する教師ありモノラル音源分離のためのスペクトル構造を用いたデータ拡張
    生嶋 竜実; 武田 龍; 合原 一究; 駒谷 和範
    2022年度人工知能学会全国大会(第36回)/2022-06-14--2022-06-17
  • Nonlinear Dynamics in Frog Choruses
    合原 一究
    iTHEMS Biology Seminar, RIKEN/2021-10-28--2021-10-28
  • 魚類の捕食行動, 逃避行動の実験的・数理的研究
    梨木 誠人; 八杉 公基; 合原 一究
    第7回数理生物学交流発表会大会/2022-03-10--2022-03-11
  • 電子連結車両への応用に向けたアラナミキンクロの群れ行動モデルの改良
    柴田 智史; 河辺 徹; 合原 一究
    第7回数理生物学交流発表会大会/2022-03-10--2022-03-11
  • 遺伝アルゴリズムを用いたオスガエルの発声行動戦略のモデル選択
    渡邉直太; 合原 一究; 青柳 富誌生
    日本生態学会第69回全国大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 2種の音響計測システムを併用したニホンアマガエルの多音源定位・分離解析
    合原 一究; 武田龍
    日本生態学会第69回全国大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 競争下におけるニホンアマガエルの鳴き方の遷移法則の解析
    石附透真; 合原 一究
    日本生態学会第69回全国大会/2022-03-14--2022-03-19
  • ウミネコの着地動作のデータ化とカテゴライズによる分析
    村社光誠; 河辺 徹; 合原一究
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • ウミネコの着地動作のデータ化とカテゴライズによる分析
    村社光誠; 合原一究; 河辺 徹
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 情報学で紐解くカエルの合唱法則
    合原 一究
    第38回京都大学地球環境フォーラム/2021-01
  • カエルの合唱法則の数理的・実験的研究
    合原 一究
    京都大学MACSセミナー/2021-01
  • 2種類の鳴き声を切り替えるツクツクボウシの相互作用に関する研究
    石丸貴大; 河辺徹; 合原 一究
    生態学会/2021-03
  • 2種類の鳴き声によるツクツクボウシの鳴き交わし機構に関する研究
    石丸貴大; 河辺徹; 合原 一究
    動物行動学会/2020-09
  • ヒツジの群れ行動と牧羊犬の誘導手法の数理モデル化 ~ 恐怖値を仮定した状態遷移の導入 ~
    水井樹; 河辺徹; 合原 一究
    非線形問題研究会/2020-09
  • 音響計測と信号処理に基づくスズムシの鳴き交わしの特徴分析
    白坂誠浩; 武田龍; 河辺徹; 合原 一究
    生態学会/2021-03
  • 音響計測に基づくスズムシの鳴き交わしの特徴分析
    白坂誠浩; 武田龍; 河辺徹; 合原 一究
    動物行動学会/2020-09
  • A hybrid dynamical modelling of sheep flocking and sheepdog guiding
    水井 樹; Kawabe Tohru; 合原 一究
    The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021/2021-01-21--2021-01-23
  • ニホンアマガエルのサテライト行動に着想を得たLPWA ネットワークのカバレッジ設計手法
    細川侑嗣; 小南大智; 合原 一究; 村田正幸
    電子情報通信学会ネットワークシステム研究会(NS2019-86)/2020-03-05--2020-03-06
  • Modeling of Biological Rhythms
    Aihara Ikkyu
    Workshop at Lorentz Center: Synchrony and Rhythmic Interaction: From Neurons to Ecology/2019-07-29--2019-08-02
  • カエルの合唱における相互作用の非自明な特徴
    那須悠太; 合原 一究; 武田龍; 青柳富誌生
    日本物理学会 第75回年次大会/2020-03-16--2020-03-19
  • Modeling and Application of Frog Choruses as an Autonomous Distributed Communication System over Multiple Time Scales
    合原 一究; Kominami Daichi; Hosokawa Yushi; Murata Masayuki
    SWARM 2019/2019-11-20--2019-11-22
  • Interaction mechanism of male cicadas (Meimuna opalifera) examined by audio recording and signal processing
    Ishimaru Takahiro; Aihara Ikkyu; Takeda Ryu; Kawabe Tohru
    生物音響学会/2019-11-20--2019-11-22
  • Development and application of a sound discrimination device for field recordings on choruses of male Japanese tree frogs
    Shirasaka Masahiro; Aihara Ikkyu; Awano Hiromitsu; Kawabe...
    生物音響学会/2019-11-20--2019-11-22
  • A Computational Study and its Application of Strategic Mating Behavior in Frogs
    金子涼佑; Aihara Ikkyu; Kawabe Tohru
    The Twenty-Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020/2020-01-22--2020-01-24
  • データ計測と数理モデリングによる ウミネコの着地動作メカニズムの解明
    永崎佑里; 合原一究; 河辺 徹
    2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会/2019-09-10--2019-09-13
  • more...
Intellectural property rights
  • Audio Source Detection System
    Hiroshi Tsujino; Kazuhiro Nakadai; Hiroshi G. Okuno; Takeshi...
  • 音源位置推定システム
    辻野 広司; 中臺 一博; 奥乃 博; 水本 武志; 合原 一究
Teaching
2022-04 -- 2022-08Computer Science Seminar BUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Computer Science Seminar BUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Computer Science Seminar BfUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Seminar in Computer Science fUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Computer Science fUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Computer Science IfUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Research in Computer Science IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Computer Science IUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Computer Science sUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Computer Science Seminar AUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2019-04 -- 2019-04筑波大学科学技術週間 キッズ・ユニバーシティでの特別授業筑波大学
2018-02 -- 2018-02出前講義筑波大学附属坂戸高校
Talks
  • ホタルとシンクロせよ!LEDホタルワークショップ
    木本圭子; 藤岡慧明; 合原 一究
    日本科学未来館/2014-08
University Management
2021-04 -- 2022-03情報理工学位プログラム カリキュラム委員会学位プログラム関係,各種依頼,質問対応,調査
2021-04 -- 2022-03システム情報工学研究群 学務・カリキュラム委員会委員情報理工学位プログラム カリキュラム委員としての参加
2021-04 -- 2022-03情報科学類カリキュラム委員会主専攻世話人として参加
2021-04 -- 2022-03情報科学類学務委員会主専攻世話人として参加
2021-04 -- 2022-03ソフトウェアサイエンス主専攻主専攻世話人
2020-04 -- 2021-03情報科学類学生委員会
2020-04 -- 2021-03情報科学類学務委員会研究室配属担当
2020-04 -- 2021-03情報理工学位プログラム カリキュラム委員会シラバスおよびKdB担当
2019-04 -- 2020-03情報科学類学生委員会
2019-04 -- 2020-03コンピュータサイエンス専攻広報委員会専攻公開担当
more...
Message
Animals show various behavior in the form of swarms, such as firefly flashing, fish school and frog choruses. Such collective behavior is realized as the result of autonomous motion controls of respective animals. I am studying the behavior of animals on the basis of mathematical modeling, behavioral experiments and field recordings. I am looking for the students interested in informatics and animal behavior.

(Last updated: 2022-08-31)