現在地

安部 沙織(アベ サオリ; Abe, Saori)

face
所属
医学医療系
職名
助教
性別
女性
生年月
1986-11
科研費番号
00830093
研究課題
シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th17細胞の病因的意義2019 -- 2021安部 沙織日本学術振興会/若手研究4,160,000円
取得学位
2011-03学士筑波大学
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • シェーグレン症候群の病態解析と診断・治療の進歩:2019 Up Date
    坪井 洋人; 本田文香; 安部沙織; 小野由湖; 高橋広行; 近藤...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • シェーグレン症候群の病態解析と診断・治療の進歩:2019 Up Date
    坪井 洋人; 本田文香; 安部沙織; 小野由湖; 高橋広行; 近藤...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • 当科における高安動脈炎患者に対するトシリズマブの使用経験
    岡本 翔太; 坪井 洋人; 西山 泰平; 東光 裕史; 清水 優;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • Efficacy and safety of hydroxychloroquine (HCQ) at one year in daily clinical practice.
    清水 優; 近藤 裕也; 西山 泰平; 岡本 翔太; 東光 裕史;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • 唾液腺炎を自然発症するRОRγtトランスジェニックマウスに対するRОRγtアンタゴニストの効果と作用メカニズム
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 浅島 弘充; 工藤 華...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • サリルマブへのバイオスイッチで早期に低疾患活動性を達成した関節リウマチの2例
    横澤 将宏; 東光 裕史; 西山 泰平; 岡本 翔太; 清水 優;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand発現米の抑制効果と作用機序の解明
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 高橋 広行; 小野 由...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand発現米の抑制効果と作用機序の解明
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 高橋 広行; 小野 由...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋広行; 坪井 洋人; 瀬川 誠司; 浅島 弘充; 安部 沙織; 工...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋広行; 坪井 洋人; 瀬川 誠司; 浅島 弘充; 安部沙織; ...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • Detection of circulating M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in patients with primary Sjögren's syndrome
    安部沙織; 坪井 洋人; 小野由湖; 本田文香; 藏田 泉; 柳下...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • ループス腎炎の寛解導入治療におけるミコフェノール酸モフェチルとシクロホスファミド大量静注療法の比較検討
    柳下 瑞希; 近藤 裕也; 西山 泰平; 岡本 翔太; 東光 裕...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • RORγtトランスジェニックマウスに自然発症する唾液腺炎に対するRORγtアンタゴニストの治療戦略
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 浅島 弘充; 工藤 華...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • IgG4関連疾患におけるCCL18-CCR8経路の意義
    坪井 洋人; 本田文香; 工藤 華枝; 小野由湖; 安部沙織; 高...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2019-04
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋 広行; 坪井 洋人; 安部 沙織; 小野 由湖; 本田文香; 安...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-09
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋 広行; 坪井 洋人; 安部 沙織; 小野 由湖; 本田文香; 安...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-09
  • 唾液腺炎を自然発症するRORγtトランスジェニックマウスに対するRORγtアンタゴニストの抑制効果と作用機序
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 本田 文香; 安部 沙織; 高...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-09
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8-CCR8経路の解析
    本田 文香; 坪井 洋人; 小野 由湖; 安部 沙織; 高橋 広行; 伊...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-10
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8-CCR8経路の解析
    本田 文香; 坪井 洋人; 小野 由湖; 安部 沙織; 高橋 広行; 伊...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-10
  • シェーグレン症候群患者末梢血中におけるM3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)反応性Th17細胞
    安部 沙織; 坪井 洋人; 本田 文香; 小野 由湖; 高橋 広行; 近...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-09
  • IgG4関連疾患におけるCCL18-CCR8経路の意義
    坪井 洋人; 本田 文香; 小野 由湖; 安部 沙織; 高橋 広行; 近...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会, 2019-09
  • M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in patients with primary Sjögrens syndrome.
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Ono Yuko; Honda Fumika; Kurata ...
    第48回日本免疫学会学術集会, 2019-12
  • RORγt Antagonist Attenuates Experimental Sialadenitis Like Sjögren’s Syndrome via Inhibition of CD25 Expression on CD4+ T Cells.
    Ono Yuko; Tsuboi Hiroto; Moriyama Masafumi; Takahashi Hir...
    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY/71(10), 2019-11
  • Detection and Clinical Significance of Circulating M3 Muscarinic Acetylcholine Receptor Reactive Th17 Cells in Patients with Primary Sjögren’s Syndrome
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Ono Yuko; Honda Fumika; Yagishi...
    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY/71(10), 2019-11
  • Ganglionic Acetylcholine Receptor Antibodies and Autonomic Dysfunction in Autoimmune Rheumatic Diseases
    Imamura Michie; Mukaino Akihiro; Takamatsu Koutaro; Tsubo...
    International journal of molecular sciences/21(4), 2020-02
著書
  • 第19章過敏症
    浅島 弘充; 安部 沙織; 近藤 裕也; 髙橋 広行; 坪井 洋人; 住...
    分子細胞免疫学, エルゼビア・ジャパン, pp.439-457, 2018-03
会議発表等
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th17の検出
    安部 沙織; 坪井 洋人; 工藤 華枝; 小野 由湖; 本田 文香; 高...
    第3回 Co-stimulators’Assembly/2019-06-22
  • M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in patients with primary Sjögrens syndrome.
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Ono Yuko; Honda Fumika; Kurata ...
    第48回日本免疫学会学術集会/2019-12-13
  • RORγt Antagonist Attenuates Experimental Sialadenitis Like Sjögren’s Syndrome via Inhibition of CD25 Expression on CD4+ T Cells.
    Ono Yuko; Tsuboi Hiroto; Moriyama Masafumi; Takahashi Hir...
    The 2019 ACR/ARHP Annual Meeting/2019-11-11--2019-11-11
  • Detection and Clinical Significance of Circulating M3 Muscarinic Acetylcholine Receptor Reactive Th17 Cells in Patients with Primary Sjögren’s Syndrome
    Abe Saori; Tsuboi Hiroto; Ono Yuko; Honda Fumika; Yagishi...
    The 2019 ACR/ARHP Annual Meeting/2019-11-11--2019-11-11
  • IgG4関連疾患におけるCCL18-CCR8経路の意義
    坪井 洋人; 本田 文香; 小野 由湖; 安部 沙織; 高橋 広行; 近...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • シェーグレン症候群患者末梢血中におけるM3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)反応性Th17細胞
    安部 沙織; 坪井 洋人; 本田 文香; 小野 由湖; 高橋 広行; 近...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • 日本人一次性・二次性シェーグレン症候群患者の診断における厚労省改訂診断基準とACR-EULAR分類基準の比較
    坪井 洋人; 高橋 広行; 本田 文香; 小野 由湖; 安部 沙織; 川...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • IgG4関連疾患モデルマウス(LATマウス)におけるCCL8-CCR8経路の解析
    本田 文香; 坪井 洋人; 小野 由湖; 安部 沙織; 高橋 広行; 伊...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • 唾液腺炎を自然発症するRORγtトランスジェニックマウスに対するRORγtアンタゴニストの抑制効果と作用機序
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 本田 文香; 安部 沙織; 高...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋 広行; 坪井 洋人; 安部 沙織; 小野 由湖; 本田文香; 安...
    第28回シェーグレン症候群学会学術集会/2019-09-14--2019-09-14
  • Analysis of suppressive ability and its mechanisms of rice seeds expressing altered peptide ligands against M3 muscarinic acetylcholine receptor (M3R) induced sialadenitis.
    Kudo Hanae; Tsuboi Hiroto; Asashina Hiromitsu; Takahashi ...
    14th International Symposium on Sjögren's Syndrome/2019-4-20--2019-4-20
  • ループス腎炎の寛解導入治療におけるミコフェノール酸モフェチルとシクロホスファミド大量静注療法の比較検討
    柳下 瑞希; 近藤 裕也; 西山 泰平; 岡本 翔太; 東光 裕...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-17--2019-4-17
  • ベリムマブを導入した全身性エリテマトーデス症例の臨床的特徴と治療効果の検討
    西山 泰平; 近藤 裕也; 岡本 翔太; 東光 裕史; 清水 優;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-17--2019-4-17
  • IgG4関連疾患におけるCCL18-CCR8経路の意義
    坪井 洋人; 本田文香; 工藤 華枝; 小野由湖; 安部沙織; 高...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-17--2019-4-17
  • Detection of circulating M3 muscarinic acetylcholine receptor reactive Th17 cells in patients with primary Sjögren's syndrome
    安部沙織; 坪井 洋人; 小野由湖; 本田文香; 藏田 泉; 柳下...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th1細胞由来T-iPS細胞を応用した治療戦略
    高橋広行; 坪井 洋人; 瀬川 誠司; 浅島 弘充; 安部沙織; ...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R)誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand発現米の抑制効果と作用機序の解明
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 高橋 広行; 小野 由...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • 唾液腺炎を自然発症するRОRγtトランスジェニックマウスに対するRОRγtアンタゴニストの効果と作用メカニズム
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 浅島 弘充; 工藤 華...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • サリルマブへのバイオスイッチで早期に低疾患活動性を達成した関節リウマチの2例
    横澤 将宏; 東光 裕史; 西山 泰平; 岡本 翔太; 清水 優;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • Efficacy and safety of hydroxychloroquine (HCQ) at one year in daily clinical practice.
    清水 優; 近藤 裕也; 西山 泰平; 岡本 翔太; 東光 裕史;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-16--2019-4-16
  • 当科における高安動脈炎患者に対するトシリズマブの使用経験
    岡本 翔太; 坪井 洋人; 西山 泰平; 東光 裕史; 清水 優;...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-15--2019-4-15
  • シェーグレン症候群の病態解析と診断・治療の進歩:2019 Up Date
    坪井 洋人; 本田文香; 安部沙織; 小野由湖; 高橋広行; 近藤...
    第63回日本リウマチ学会総会・学術集会/2019-4-15--2109-4-15
  • 唾液腺炎を自然発症するRORγtトランスジェニックマウスに対するRORγtアンタゴニストの抑制効果と作用メカニズム
    小野 由湖; 坪井 洋人; 工藤 華枝; 高橋 広行; 本田 文香; 安...
    第7回 筑波大学-東京理科大学合同リトリート/2018-03-16
  • シェーグレン症候群におけるM3R反応性Th17細胞の検出と臨床像との関連
    安部 沙織; 坪井 洋人; 工藤 華枝; 小野 由湖; 本田 文香; 高...
    第7回 筑波大学-東京理科大学合同リトリート/2018-03-16
  • M3R誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand発現米の抑制効果とメカニズム
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 髙橋 広行; 小野 由...
    第27回日本シェーグレン症候群学会学術集会/2018-9-14--2018-9-14
担当授業科目
2020-10 -- 2020-10病態検査学筑波大学
2020-04 -- 2020-06病態検査学筑波大学
一般講演
  • 全身性エリテマトーデス合併肺高血圧症に対する肺血管拡張薬のupfront combination therapyの有用性
    安部 沙織
    Rheumatology Conference 2017/2017-06-11

(最終更新日: 2020-07-11)