現在地

篠崎 良仁(シノザキ ヨシヒト; Shinozaki, Yoshihito)

face
所属
生命環境系
職名
助教
ORCID
0000-0002-9720-6165
性別
男性
科研費番号
60841971
URL
eメール
 
研究分野
遺伝育種科学
園芸科学
植物分子・生理科学
研究キーワード
レーザーマイクロダイセクション
トマト変異体
果実形成
分子育種学
研究課題
果実における内部組織発達メカニズムの解明2019-08 -- 2020-03篠崎 良仁筑波大学/研究基盤支援プログラム(Aタイプ)1,000,000円
エチレンによる着果抑制機構の解明2016-04 -- 2019-01篠崎 良仁日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費3,250,000円
アサガオの花における開花と老化の連動的制御機構に関する研究2011-04 -- 2012-03篠崎 良仁財団法人日本科学協会/平成23年度 笹川科学研究助成600,000円
職歴
2019-02 -- (現在)筑波大学 生命環境系 / つくば機能植物イノベーション研究センター (T-PIRC) 助教
2016-04 -- 2019-01日本学術振興会 筑波大学 生命環境系 特別研究員 (PD)
2016-04 -- 2017-08コーネル大学 統合植物科学部 客員研究員
2015-08 -- 2016-03コーネル大学 統合植物科学部 ポストドクトラル・リサーチ・アソシエイト
2012-04 -- 2015-07筑波大学 生命環境系 常勤研究員
学歴
2009-04 -- 2012-03東京農工大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻修了
2007-04 -- 2009-03東京農工大学大学院 農学府 生物生産科学専攻修了
2003-04 -- 2007-03東京農工大学 農学部 生物生産学科卒業
取得学位
2012-03博士 (農学)東京農工大学
所属学協会
2019-06 -- (現在)植物細胞分子生物学会
2010-03 -- (現在)園芸学会
2007-03 -- (現在)日本育種学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
著書
  • Tomato fruit set and its modification using molecular breeding techniques
    Shinozaki Y; Ezura K
    Functional Genomics and Biotechnology in Solanaceae and Cucurbitaceae Crops, Springer, pp.93-112, 2016-01
  • 人工ヌクレアーゼを利用したゲノム編集技術
    篠崎良仁; 有泉 亨
    新しい植物育種技術を理解しよう NBT -new breeding techniques-, 国際文献社, pp.17-30, 2013-09
会議発表等
  • Effects of high ambient temperature on reproductive stage in EMS-mutant heat tolerant tomato
    Dung Pham; Shinozaki Yoshihito; Yano Ryoichi; Hoshikawa K...
    Plant Biology 2019/2019-08-03--2019-08-07
  • トマトの単為結果に関わる鍵遺伝子共発現ネットワーク解析による新規候補遺伝子の探索
    神谷 健; Tuan Vu Nam; 福島 敦史; 羽尾 周平; 篠崎 良仁; 王...
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • トマトモデル品種‘Micro-Tom Japan’を基盤としたバイオリソース整備
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    園芸学会平成31年度春季大会/2019-03-23--2019-03-24
  • NBRPトマト: 研究リソースの整備状況と利用成果
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    日本育種学会第135回講演会/2019-03-15--2019-03-17
  • Yeast two hybrid analysis of DELLA variants and SlGID1s in tomato.
    Ezura Kentaro; Shinozaki Yoshihito; Bernard Camille; Prod...
    Plant and Animal genome Conference XXV/2018-01-12--2018-01-17
  • Tissue-specific transcriptome profiling of pollination- and DELLA-dependent tomato fruit set
    Shinozaki Y; Ozeki-Iida Y; Rose JKC; Ezura H; Ariizumi T
    The XIV Solanaceae and III Cucurbitaceae Genomics Joint Conference/2017-09-03--2017-09-06
  • A high-resolution spatiotemporal atlas of the tomato fruit transcriptome
    Shinozaki Y; N Fernandez-Pozo; PJ Nicolas; LBB Martin; SI...
    The 13th Solanaceae Conference/2016-09-12--2016-09-16
  • A gaseous plant hormone ethylene regulates fruit set
    Shinozaki Y
    JSPS 7th HOPE meeting/2015-03-01--2015-03-05
  • Isolation of a novel tomato mutant with enhanced fruit set efficiency and candidate gene approaches by Next Generation Sequencing
    H Takei; Y Shinozaki; H Ezura; T Ariizumi
    International symposium on Japanese Solanaceae genomics initiative/2014-10-25--2014-10-26
  • The identification of a novel fruit size mutant in tomato.
    Ariizumi T; Hao S; Shinozaki Y; Okabe Y; Zheng Y; Fei Z; ...
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiatives (JSOL)/2013-11-29--2013-11-30
  • Genome-wide transcript profiling shed light on a role of brassinosteroid and ethylene in auxin-dependent tomato fruit set
    Shinozaki Y
    International Symposium on Diversifying Biological Resources/2013-11-20--2013-11-21
  • Development of induced mutant resources for functional genomics of tomato.
    Ariizumi Tohru; Hao S; Shinozaki Y; Okabe Y; Zheng Y; Fei...
    International Symposium on Diversifying Biological Resources./2013-11-20--2013-11-21
  • RNA-seq based Transcript Profiling of Auxin-dependent Fruit Set in Tomato.
    Shinozaki Y; Hao S; Zheng Y; Fei Z; Zhong S; Giovannoni J...
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2012/2013-02-08--2013-02-09
  • Isolation of new parthenocarpic mutants and pistil-specific promoter for production of parthenocarpic cultivars in Tomato (Solanum lycopersicum)
    Masuda J; Ariizumi Tohru; Kimura A; Hao S; Mori K; Ezura ...
    Plant and Animal Genome XXI/2013-01-12--2013-01-16
知的財産権
  • 変異型植物
    江面浩; 有泉 亨; 篠崎良仁; 金原淳司; 草野都; 福島敦史; 斉...
担当授業科目
2019-06 -- 2019-06食品分析学帝京大学大学院総合理工学専攻
2019-05 -- 2019-05蔬菜・花卉学特論筑波大学大学院生物資源科学専攻
2015-05 -- 2015-05ビジネス戦略特論I東京農工大学大学院農学府
授業以外の教育活動
2015-10 -- 2015-10Laboratory in Plant Molecular BiologySchool of Integrative Plant Science, Cornell University
2010 -- 2011生物学実験北里大学一般教育部
その他の活動
2019-06 -- (現在)Editorial board member of Frontiers in Plant Science
2019 -- 2019学術雑誌論文査読: Plant Molecular Biology
2018 -- 2018学術雑誌論文査読: Plant Physiology
2018 -- 2018学術雑誌論文査読: Functional & Integrative Genomics
2016 -- 2016学術雑誌論文査読: Plant Cell Reports
2016 -- 2016学術雑誌論文査読: Tree Genetics & Genomes
メッセージ
National BioResource Project (NBRP)「トマト」はトマト研究および果実生物学の発展を目的とし,有用な遺伝資源 (バイオリソース) を国内外の研究者に提供しています.トマト変異体データベース "TOMATOMA" (http://tomatoma.nbrp.jp/) では,表現型,遺伝情報,果実代謝産物情報などと共に,矮性品種'Micro-Tom'の変異体,栽培品種,近縁野生種,染色体断片導入系統,タグライン等のトマト種子を広く提供していますのでご活用ください.トマト果実発達に着目した高解像度時空間トランスクリプトーム (Shinozaki et al., 2018 Nature Communications) のデータはWebベースの発現データベース "Tomato Expression Atlas" (http://tea.solgenomics.net) にて公開されていますので合わせてご活用ください.

(最終更新日: 2019-08-23)