現在地

辻村 真貴(ツジムラ マキ; Tsujimura, Maki)

face
所属
生命環境系
職名
教授
生年月
1965-08
URL
eメール
 
研究室
理科系棟 B202, 総合研究棟 A301
電話
029-853-6604, 029-853-2568
Fax
029-853-6709
研究分野
地理学
気象・海洋物理・陸水学
環境動態解析
研究キーワード
地下水流動システム
トレーサー水文学
地下水年代推定
地下水ガバナンス
同位体水文学
降雨流出プロセス
流域水循環
研究課題
同位体および希ガスを用いた地下水の滞留時間と貯留量推定に関する国際比較研究2017 -- 2018辻村真貴日本学術振興会/二国間交流事業共同研究4,200,000円
滞留時間および微生物を中心とした山地流域の水資源評価に関する研究2017 -- 2019辻村真貴サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社水科学研究所/国内共同研究16,000,000円
北アフリカ乾燥地域における持続可能な地下水利用システムの構築2017 -- 2021岩崎えり奈日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(海外A)42,380,000円
農資源としてのカヤ生産に欠かせないカヤ場の多面的評価:カヤ場の持続利用にむけて2017 -- 2020廣田 充日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
大野市地域における水環境調査2017 -- 2017辻村真貴福井県大野市/自治体からの受託研究1,421,000円
マルチ・トレーサーと数値モデルによる山地源流域の地下水滞留時間時空間動態の解明2016 -- 2019辻村真貴日本学術振興会/基盤研究(B)16,770,000円
水・土砂移動に伴う放射性物質の移行過程の理解2012-06 -- 2017-03恩田裕一文部科学省/科学研究費補助金 新学術領域研究/131,170,000円
半乾燥地域における地下水と地表水との交流関係に関する研究2011 -- 2014辻村真貴日本学術振興会/基盤研究(B)11,700,000円
フロンによる我が国山地流域の地下水滞留時間・貯留量の推定とマッピング2011 -- 2014辻村真貴日本学術振興会/基盤研究(B)14,430,000円
地下圏脱窒ファクトリー2011-04 -- 2014-03加藤憲二日本学術振興会/基盤研究(A)49,790,000円
職歴
2019-04 -- (現在)筑波大学 マレーシア海外分校設置準備室 室長
2017-04 -- 2019-03筑波大学 クアラルンプールオフィス 運営管理者
2017-09 -- 2019-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科国際連携持続環境科学専攻 専攻長
2015-04 -- 2017-03筑波大学 学長補佐
2013-04 -- 2019-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科持続環境学専攻 専攻長
2012-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
2008-07 -- 2009-12Government of Japan Counsil for Science and Technology Policy, Cabinet Office 内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付参事官(横断的事項担当)付政策調査員
2007-07 -- 2012-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
2004-04 -- 2007-06筑波大学 大学院生命環境科学研究科 講師
1999-12 -- 2004-03筑波大学 地球科学系 講師
学歴
-- 1993筑波大学 地球科学研究科 地理学・水文学専攻単位取得満期退学
取得学位
1994-03博士(理学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)American Geophysical Union
-- (現在)水文・水資源学会
-- (現在)日本水文科学会
-- (現在)日本地下水学会
-- (現在)日本地理学会
受賞
2008-08水文・水資源学会論文賞
2007-05日本地下水学会功労賞
論文
著書
  • 水文学
    辻村 真貴
    自然地理学, ミネルヴァ書房, pp.131-179, 2014-07
  • Water Resources in Tunisia
    Tsujimura Maki; Chekirbane Anis; Kawachi Atsushi; Tarhoun...
    Sustainable North African Society -Exploring Seeds and Resources for Innovation-, Nova Science Publishers, Inc., pp.131-137, 2014
  • Field investigation on the infiltrations of reservoir and sea waters in summer dry season in Lebna watershed, Tunisia
    Kawachi Atsushi; Tsujimura Maki; Takahashi M.; Chekirbana...
    MANAGEMENT OF NATURAL RESOURCES, SUSTAINABLE DEVELOPMENT AND ECOLOGICAL HAZARDS III, WIT PRESS, pp.403-414, 2012-01
  • 地下水流動-モンスーンアジアの資源と循環
    谷口真人・辻村真貴ほか; +辻村 真貴
    共立出版, 2011-01
  • 水文科学
    杉田倫明・田中 正 編著; +辻村 真貴
    共立出版, 2009-02
  • For the sustainable groundwater resources management: Through the Japanese activities on countermeasures for the remediation of public hazards. Activity Report of 2008 University Student Exchange Programme, International Exchange Programme between Japan and Other UNESCO Member States for the Promotion of International Cooperation and Mutual Understanding
    Tsujimura; M.; Tanaka; T.; +辻村 真貴
    2009-01
  • For the sustainable groundwater resources management: Through the UNESCO Chair in Mongolia. Activity Report of 2007 University Student Exchange Programme, International Exchange Programme between Japan and Other UNESCO Member States for the Promotion of International Cooperation and Mutual Understanding
    Tanaka; T.; Tsujimura; M.; Yamanaka; T.; +辻村 真貴
    2008-01
  • 地球学シリーズ1 地球環境学 地球環境を調査・分析・診断するための30章
    松岡憲知ほか編; +辻村 真貴
    古今書院, 2007-01
  • 草原の科学への招待
    中村 徹編; +辻村 真貴
    筑波大学出版会, 2007-01
  • 森に学ぶ101のヒント
    日本林業技術協会 編; +辻村 真貴
    東京書籍, 2002-01
  • Stable isotopic composition in soil water
    Yoshida; N(ed.); +辻村 真貴
    2002-01
  • 21世紀の地下水管理 雨水浸透・地下水涵養
    日本地下水学会 編; +辻村 真貴
    理工図書, 2001-01
  • 水文地形学
    恩田裕一・奥西一夫・飯田智之・辻村真貴 編著; +辻村 真貴
    古今書院, 1996-01
  • 実例による新しい地下水調査法
    榧根 勇 編著; +辻村 真貴
    山海堂, 1991-01
会議発表等
  • 水分野における教育研究・社会的要請に果たすIAHSの役割と将来展望
    Tsujimura Maki
    日本地球惑星科学連合合同大会2019年大会/2019-05-26--2019-05-30
  • Spatial and Temporal Variation of Residence Time and Microbe in Spring and Groundwater at Headwater Catchments
    Tsujimura Maki
    General Assembly 2019, European Geosciences Union/2019-04-07--2019-04-12
  • Relationship between residence time and microbe information in spring water in headwater catchments underlain by different lithology
    Imaizumi Yuki; Utsumi Motoo; Tsujimura Maki
    2018 AGU Fall Meeting/2018-12-10--2018-12-14
  • 山地森林流域における微生物学的視点を加えた水文プロセスの検討
    杉山歩; 長野倖介; 内海 真生; 辻村真貴
    日本地下水学会2018年秋季講演会/2018-10-25--2018-10-27
  • Sustainable Water Governance for Implementation of SDGs -Focusing on Surface Water and Groundwater Cycle System-
    Tsujimura Maki
    Joint Seminar of Joint Master's Degree Program in Sustainability and Environmental Sciences between University of Tsukuba and Malaysia Japan International Institute of Technology/2019-02-20--2019-02-22
  • Age dating of young groundwater
    Tsujimura Maki
    International Atomic Energy Agency (IAEA) Regional Training Course on Isotopic Data Processing and Interpretation – Hands on Exercises/2019-03-18--2019-03-22
  • Relationship between understanding of groundwater flow system using multi-tracer approach and groundwater governance in Ono City, Fukui Prefecture, north west Japan
    Tsujimura Maki
    45th International Association of Hydrogeologists (IAH) Congress/2018-09-09--2018-09-14
  • Temporal change of residence time in spring and groundwater at headwater catchment
    Tsujimura Maki
    International Atomic Energy Agency (IAEA) Technical Workshop on Groundwater Recharge and Dynamics Using Isotopic Techniques/2018-09-17--2018-09-21
  • Introduction to groundwater flow system
    Tsujimura Maki
    International Atomic Energy Agency (IAEA) Regional Training Course on the Use of Isotope Techniques in Assessing Groundwater Quality/2018-08-06--2018-08-10
  • Impacts of Global Changes on Groundwater Resources in North-East Tunisia: The Case of the Grombalia Phreatic Aquifer
    Lachaal F.; Chargui S.; Messaoud R. B.; Chekirbane A.; Ts...
    Congress on Groundwater and Global Change in the Western Mediterranean/2017-11-06--2017-11-09
  • Temporal change of SF6 age in spring during rainstorms in a forested headwater catchment, Fukushima, Japan
    Sakakibara Koichi; Tsujimura Maki; Onda Yuichi; Iwagami S...
    European Geosciences Union General Assembly 2017/2017-04-23--2017-04-28
  • Seasonal change of residence time in spring water and groundwater at a mountainous headwater catchment
    Nagano K; Tsujimura M; Onda Yuichi; Iwagami S; Sakakibara...
    European Geosciences Union General Assembly 2017/2017-04-23--2017-04-28
  • Spatial and temporal variation of residence time of spring and groundwater in multiple watersheds, Japan and New Zealand
    Tsujimura Maki; Sakakibara Koichi; Imaizumi Yuki; Gusyev ...
    14th Australasian Environmental Isotope Conference/2018-03-26--2018-03-28
  • Multi-tracer approach to investigate groundwater flow system and rainfall-runoff processes in headwater catchments
    Tsujimura Maki
    2018 International Good Water Forum/2018-03-15--2018-03-16
  • Evaluation of Residence Time and Storage of Spring/ Groundwater in Headwater Catchments -Multi-tracers Approach Focusing on Groundwater and Surface Water Interaction-
    Tsujimura Maki
    IAEA/RCA Mid-term Progress Review Meeting on Assessing Deep Groundwater Resources for Sustainable Management through Utilization of Isotopic Techniques (RCA)RAS/7/030/2017-11-06--2017-11-10
  • 水文学における教育研究と国際取組における課題と未来展望
    辻村 真貴
    日本水文科学会設立30周年記念公開シンポジウム「水文学のあり方を考える-次世代の水文学が取り組むべき課題とは-」/2017-10-01--2017-10-01
  • Groundwater and Surface Water Interaction in Semi-arid and Warm Humid Regions Considering Climate Change
    Tsujimura Maki
    The 9th Jeju Water World Forum/2017-09-20--2017-09-22
  • Possibility of microbe as a hydrological tracer for elucidating residence time, flow paths and storage volume of groundwater in headwater catchments
    Tsujimura Maki; Ogawa Mahiro; Yamamoto Chisato; Sakakibar...
    Scientific Assembly, International Association of Hydrological Sciences/2017-07-10--2017-07-14
  • Spatial distribution of residence time, microbe and storage volume of groundwater in headwater catchments
    Tsujimura Maki
    European Geosciences Union General Assembly/2017-04-23--2017-4-28
  • Tracers Approach for Evaluating Groundwater Recharge by Surface Water in Semi-arid Regions
    Tsujimura Maki
    Expert Meeting on “Water Harvesting and Groundwater Recharge”/2016-12-10--2016-12-11
  • “Landuse, fate and transport of radionuclides in Fukushima in the terrestrial environment
    Onda Yuichi; S Iwagami M Hada I Pun A Kawamori; Tsujimur...
    Second International Conference On Radioecological Cocentration Processes/2016-11
  • Summary of UNESCO Chair Program on Sustainable Groundwater Management in Mongolia: Toward a Standard of Water Governance Considering Groundwater / Surface Water Interaction in Semi-arid Regions
    Tsujimura Maki
    24th UNESCO IHP‐Regional Steering Committee Meeting in Conjunction with the International and National Water Dialogue on the Deliverry of SDG 6 in Mongolia and Wider Asia and the Pacific Region/2016-10-24--2016-10-26
  • 地下水流動系研究における微生物トレーサー適用の可能性
    辻村 真貴
    日本地下水学会2016年秋季講演会/2016-10-20--2016-10-22
  • 森林小流域における渓流水の溶存態セシウム137濃度低下傾向
    Onda Yuichi; 辻村 真貴; 岩上 翔、榊原 厚一、佐藤 雄太郎
    日本原子学会 2016年秋の大会/2016-09
  • 福島県山木屋地区の森林源流域、小斜面における溶存態セシウム137濃度の空間分布
    Onda Yuichi; 岩上 翔; 辻村 真貴; 坂口 綾; 榊原 厚一; ...
    日本地球惑星科学連合2016年大会/2016-05
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02山岳科学研究I筑波大学
2019-04 -- 2019-08山岳科学研究I筑波大学
2019-10 -- 2019-12環境科学概論筑波大学
2019-10 -- 2019-12Freshman Seminar筑波大学
2019-10 -- 2020-02応用持続可能システム論筑波大学
2019-10 -- 2020-02環境科学セミナー 2筑波大学
2019-10 -- 2020-02グリーンエコノミー論筑波大学
2019-10 -- 2020-02Internship in Environmental Studies II [English class] (環境学実践実習II)筑波大学
2019-04 -- 2019-08Internship in Environmental Studies II [English class] (環境学実践実習II)筑波大学
2019-04 -- 2019-07Special Research in Environmental Sciences (D) [English class] (環境科学特別研究D)筑波大学
授業以外の教育活動
2009-07 -- 2015-03環境ディプロマティックリーダーの育成拠点筑波大学
一般講演
  • 地下水行政の歴史と水循環基本計画の見直しに向けた近年の動向
    辻村 真貴
    日本地下水学会 地下水担当職員交流会 講演会/2019-05-23--2019-05-23
  • 事例紹介に関するコメント
    辻村 真貴
    水循環シンポジウム2018-全国に拡がる水のネットワーク-/2018-12-10--2018-12-10
  • 地下水ガバナンスの社会への適用-持続可能な地下水の保全と利用を目指して-
    辻村 真貴
    シンポジウム「わが国における地下水ガバナンスの現状と課題-社会系科学の側面から-」/2019-01-25--2019-01-25
  • 水の履歴書からひもとく地域における持続可能な地下水の保全と利用
    辻村 真貴
    セミナー「地下水マネジメントのススメ-身近な資源を地域づくりに活かす第一歩-」/2019-01-21--2019-01-21
  • 三島の湧水は、どこから来るのか?-地下水の履歴書を考える-
    辻村 真貴
    湧水と調和した三島駅南口周辺開発に向けた市民セミナー/2017-09-28--2017-09-28
  • 湧水の履歴書 -水の年齢と美味しさの関係-
    辻村 真貴
    市民大学きたもと学苑オープン講座 筑波大学公開講座/2014-09-20--2014-09-20
  • 水の履歴書をつくる -水の起源、道筋、年齢-
    辻村 真貴
    東京学芸大学 公開講義「水と森と環境」/2012-12-27--2012-12-27
  • 筑波山の湧水 -水の履歴書-
    辻村 真貴
    筑波大学 ジオカフェ/2012-11-12--2012-11-12
  • モンゴルの水循環と水資源
    辻村真貴
    モンゴル・カレッジ/2010-05-03--2010-05-03
  • 地球の水環境と水資源
    辻村 真貴
    筑波大学附属坂戸高等学校 特別講義/2009-10-30--2009-10-30
  • 地球環境と水循環
    辻村 真貴
    東京都豊島区立西巣鴨中学校 出張講義/2009-06-05--2009-06-05
  • 黒瀬川上・中流域の地下水の年齢-温暖化ガスを利用して水の年代を読み解く-
    辻村 真貴
    水の郷百選の河川-地下水の東広島ワークショップ/2009-01-10
  • CFCs(フロン類)による地下水年代評価技術の概要と適用事例
    辻村 真貴
    地下水ネット/2008-12-06
  • 地球の水環境と水資源
    辻村 真貴
    福島県立郡山高等学校 出張講義/2008-11-20--2008-11-20
  • 水循環と環境
    辻村 真貴
    西武台千葉高校 出張講義/2007-06-02--2007-06-02
学協会等委員
2019-05 -- (現在)公益社団法人日本地下水学会理事
2018-08 -- (現在)内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」サブプログラムダイレクター
2018-09 -- 2020-12内閣官房水循環政策本部事務局水循環施策の推進に関する有識者会議
2011-07 -- (現在)International Association of Hydrological SciencesVice President, International Committee of Tracer
2017-11 -- (現在)内閣官房水循環政策本部事務局流域水循環アドバイザー会議
2016-10 -- (現在)外務省IAEA(国際原子力機関)/RCA(地域協力協定)国内対応委員会委員
2012-04 -- (現在)文部科学省日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会調査委員
2012-03 -- (現在)日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会IAHS小委員会委員長
2016-07 -- 2019-03国土交通省地下水マネジメント検討委員会
2017-04 -- (現在)東京都地下水対策検討委員会委員
学内管理運営業績
2019-04 -- (現在)マレーシア海外分校設置準備室室長
2017-04 -- 2019-03クアラルンプールオフィス運営管理者
2016-12 -- (現在)地球規模課題学位プログラム(学士)プログラムサブリーダー
2015-04 -- 2016-03生命環境科学研究科学際専攻再編準備室室長
2015-04 -- 2017-03学長補佐室学長補佐室員
2015-04 -- 2016-03オールラウンド型学士プログラム開設準備室副室長
2009-07 -- 2014-03科学技術振興調整費「環境ディプロマティックリーダーの育成拠点」プログラム・リーダー
メッセージ
地下水や湧水、河川水など、陸域の水・物質循環プロセスに関する研究・教育を行っています。地下水や湧水はどこで涵養され(起源=出身地)、どのくらいの時間をかけ(年代=年齢)、どこを通ってやってくるのか(経路=経歴)、すなわち水の履歴書を、水や物質に含まれる同位体や溶存成分をトレーサー(追跡子)として用いて、国内だけでなく、世界各国の地下水や湧水等について作成することを通じ、最も重要な地球規模課題の一つである、水資源・水環境問題の解決に貢献したいと考えています。フロン類や代替フロンの6フッ化硫黄等の希ガスを用いて、地下水や湧水の年代を測定する研究分野については、我が国をリードしてきたと考えています。  最近では、国や自治体における水循環政策、地下水・地表水を一体的に捉える水ガバナンス等の推進に、アドバイザーや委員の立場で助言を行っています。  さらに、国際水文科学協会の国際トレーサー委員会においてVice Presidentを、また国際原子力機関 (IAEA) の地域協力協定 (RCA) に基づく「同位体技術を用いた持続可能な地下水資源評価に関するプロジェクト」においてNational Project Coordinatorを務めるなど、国際的な水文・地下水研究の推進にも寄与しています。

(最終更新日: 2019-06-10)